fc2ブログ

第43回映画観賞会報告『PERFECT DAYS』(日本映画) 

第76回カンヌ国際映画祭 最優秀男優賞

日時: 令和6年1月14日(日)午前11時40分上映
参加者:12名第44回 映画鑑賞会の報告 
場所: TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
    監督: ヴィム・ヴェンダ―ス
    主演: 役所広司(主人公 平山)、田中 泯、中野有紗(平山の姪)、柄本時生
        
参加した皆さんのコメント:

 ◆見るほどに味わいの深まる作品です

 💛毎日の生活を同じルーティンで過ごす主人公の満足感が(きっと本人はそう思っているのでしょう)ベースにあって、そうはいっても周囲の環境はそのルーティンを乱すノイズになってくる。そのような日常と非日常が描かれた秀作と思います

 ♠良い悪いは賛否が分かれる映画だと思います。セリフも少なく、盛り上がりもない。今どきの映画とは一味違う映画。題名の完璧な日とは何か。宗教的になるかもしれませんが、小さな良きことに幸せを感じる、小さな善意に気持ちが晴れる。大きな事柄より、小さな事柄の方に幸福感が強く出るのかもしれません。挿入されている音楽のチョイスも最高でした。生き方の参考になる良い映画でした。

 🍀平山という主人公のリアリティを支える役所広司の演技力に感嘆!監督のファインダーを通して描かれるこの映画の東京は、実際にはないと分かっていながらも本当に美しい。最後の流れるジャズボーカリスト、ニーナ・シモンの「Feelin’Good」が胸に沁みた。

 ●この映画は映画に精通した人向けでした。懇親会で納得しました。一般的には、難しかったように思います。
 
皆さんの採点は、88点。高得点でした。
                                文責 小野民平(S47年商卒)
640 (10)640 (9)640 (8)640 (6)640 (5)

スポンサーサイト



♫ バイエルンストゥーベ室内管弦楽団第7回演奏会のお知らせ (佐倉三田会からのご案内) 

船橋三田会会員の皆様                          船橋三田会
                                           会長 佐藤 修
 寒い日が続いておりますが、お元気にお過ごしのことと存じます。

 船橋三田会では日頃より様々なイベントを通じて近隣の地域三田会との交流も積極的に
行っております。このたび佐倉三田会代表幹事の寺尾清様から下記コンサートのご案内をいただきましたので、皆様にお知らせいたします。
 【概  要】
 佐倉三田会の会員 相川みどり様がバイオリン演奏で出演する、指揮者のいない室内オーケストラ、バイエルンストゥーベ室内管弦楽団の第7回演奏会が、船橋市民文化ホールで4月21日(日)に開催されます。ベートーヴェンの交響曲を順番に公演しており今回は交響曲第7番です。たいへん人気が高く、演奏される機会も多い有名な曲です。ドラマ『のだめカンタービレ』や映画『英国王のスピーチ』で使用されました。
                       記
1.日時:4月21日(日) 14時開演 (13:30開場)
2.場所: 船橋市民文化ホール
3.チケット料金:前売り1,000円、当日1,500円(全席自由)
  ※リーフレットの画像ファイルを添付します。
4.お申込み先
  前売り券ご希望の方は、佐藤修までメールにてお申込みください。
  (行き違い防止のため、極力電話でのお申込みはご遠慮ください)
  佐藤がまとめて相川みどり様に申し込みます。
  前売り券は当日、会場で現金引き換えにてお渡しします。 

Email: cks50721@snow.odn.ne.jp
緊急連絡先 : 090-2235-8181
   
★締め切り: 2月24日(土) 
                           以上
バイエルンストゥーベ(チェロ奏者)バイエルンストゥーベ第7回演奏会令和6年4月21日
★画像をクリックすると拡大します。

🌸新春落語会のお知らせ🌸 

 船橋及び近隣三田会会員の皆様へ
  
 コロナ渦の影響でこの3カ年は開催を見送りしていました「新春落語会」を、                
下記の要領でスタイルを一新して復活することになりましたのでお知らせします。

慶應義塾落語研究会の皆さんも張り切って船橋に参ります。ここは先輩として温
かく歓迎したいと思います。会員の皆様の奮ってのご参加をお待ち申し上げます
(詳細は、添付のチラシを参照して下さい)。
                   記
☆ 日時: 令和6年3月9日(土)12時~15時 (受付開始は、11時30分)
                    ・第1部 落語会 (12時~13時)
       ・第2部 懇親会 (13時~15時)
☆ 場所: ホテル フローラ船橋 (船橋市本町7-11-1)(TEL:047-404-7208)
☆ 会費: 7000円
☆ 備考: 参加ご希望の方は、下記担当へ連絡願います。
      募集人数は36名で、先着順にて締め切ります。
                   
                     落語会担当:見崎(携帯)090-3104-5234)
                                          (Mail)i-misaki@ck9.so-net.ne.jp
20240201182812591_0001.jpg
画面をクリックすると拡大します

43回 映画鑑賞会の報告  『BAD LANDS』(日本映画) 姉弟が向かう先は“天国”か”地獄“か 

日時: 令和5年10月9日(月・祝)午後13時30分上映
参加者:12名
場所: TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
    監督: 原田 眞人
    主演: 安藤サクラ、山田涼介、生瀬勝久、宇崎竜童、江口のりこ
        
参加した皆さんのコメント:

 ◆安藤サクラが凄い!

 💛前半の特殊詐欺グループの集団での犯行未遂のシーンが圧倒的に素晴らしい。安藤サクラは、好演。生瀬勝久もあくの強さが良く出ていた。IT長者社長絡みのシーンが全体にリアリティがなく残念。特に終盤の山田涼介がIT長者を殺しに行くところは、いくら何でもチョットという感じで、傑作とは評価できませんでした。でも秀作です。

 ♠ラストシーンは一体 何を言いたかったのか、疑問を持ちながらでしたが、皆さんの感想をお聞きし「なるほど」と納得したような始末でした。早口の大阪弁についてゆけないところもあった。安藤サクラの演技は大したものだった。

 🍀題名は不毛地帯、荒れ地という意味だったが、物語(ストーリー)とすぐ結びつくかと言えば難しい。作品の舞台である大阪(西成区あたり)を指しているのか、主人公たちの心のありようを指しているのか、あるいは両方か?特殊詐欺グループの犯罪活動とそれを追う警察活動を軸に、安藤サクラ演じる主人公とその弟の行動が絡む。安藤の演技力は光るが、共演者にも演技力ある役者が多く楽しめるエンタメ作品。

 ●面白い娯楽映画とは思いますが、筋が混乱していて、今一すっきりしない後味でした。これは、2回観ないと理解できないかと思います。
 
皆さんの採点は、78点でした。
                      文責 小野民平(S47年商卒)


640 (2)640 (1)640_2024011201484415c.jpg640 (13)640 (10)640 (9)640 (8)640 (7)640 (5)640 (6)640 (4)

♬ 揚琴コンサートのご案内(佐倉三田会からのご案内) 

船橋三田会会員の皆様                                        
                                             船橋三田会
                                             会長 佐藤 修

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 船橋三田会では日頃より様々なイベント等を通じて近隣の地域三田会との交流も積極的に行っております。このたび佐倉三田会の奥会長ならびに寺尾代表幹事から、佐倉稲門会会員による揚琴※コンサートが2月24日(土)に船橋で開催される旨のご案内をお送りいただきましたので皆様にお知らせいたします。

 演奏者の青野淳子様は佐倉稲門会の会員でいらっしゃいますが、昨年10月に開催された佐倉三田会ファミリーパーティーにおいて揚琴の演奏をご披露されました。奥会長も素晴らしい揚琴演奏に感動され、ぜひ船橋三田会の皆様にもお楽しみいただきたいとのご厚意からご案内いただいた次第です。
                 記
1.日時:2月24日(土)14:00(13:30開場)
2.場所:コンサートサロン ALKAS
  JR西船橋駅北口徒歩5分、京成西船橋駅徒歩10分
3.入場料:1,500円
  席数に限りがありますので、青野淳子様宛てにメールまたは携帯電話にご予約のお申
       し込みをお願いいたします。その際は、船橋三田会の会員である旨もお伝えください。
 
■お申込み先
青野淳子様  Email: j.dulcimer@gmail.com
                携 帯電話: 080-4165-4195
※揚琴(ようきん)とは:
中国 の伝統的な 打弦楽器 の一種である。 明 清 ごろに西方から伝わった 。
日本 でも 明清楽 で使われた。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

20240110181456008_0001.jpg
画像をクリックすると拡大します。

令和5年定時総会・講演会・懇親会開催される 

〇定時総会
令和5年(2023年)11月12日に「令和5年定時総会・講演会・懇親会」をホテルフローラ船橋
で4年振りに対面開催し、同総会において次の議案が承認されました。欠席された会員に
も資料はご自宅に郵送していますので内容をご確認ください。
                      記
1、令和4年度(令和4年9月1日から令和5年8月31日)事業報告承認の件
2、令和4年度会計報告(監査報告)承認の件
3、令和5年度(令和5年8月1日から令和6年8月31日)事業計画(案)承認の件
4、令和5年度予算(案)承認の件
5、令和5年度役員選任の件
6、会則(内規)改正の件

〇講演会
慶應義塾大学野球部監督 堀井哲也氏に「エンジョイベースボールの真実」という演題で
お話ししていただきました。慶應大学の野球に大変大きな影響を与えたのは昭和58年の
アメリカ本土遠征で、大リーグとも対戦して見るもの聞くものが新鮮で大いに学ぶところが
あったそうです。
慶應野球のモットーとしては、
①ベストを尽くせ、
②相手を思いやれ、
③自分で考えろ(工夫しろ)、
④正々堂々(fair play)などがあるが、大学野球の基礎は③④だそうです。

堀監督が特に力を入れたことは4年で戦えるチーム作りで、朝の清掃、門限厳守、学生
コーチの活用、授業は受けさせる、むらのない練習、大勢の部員の大学生生活を充実
させる等々があるとのことでした。また、お供の学生(藤井主務)が話したことで印象的
だったのは、どこのチームにも負けないくらい練習をしているとのことでした。

〇懇親会
新型コロナも落ち着きを見せたところで、講演会後に懇親会を行いました。参加者は塾員
センター、船橋稲門会のほか千葉県合同、市川、佐倉、八千代、四街道、鎌ヶ谷、九十九
里、木更津、浦安、葛飾区の各三田会の役員も含め65名の多くを数えました。合間に新入
会員の紹介や慶應常識クイズ(実はとても難しい)などもあり、楽しい一夜となりました。
                                          文責:戸田裕二
☆☆写真をクリックすると拡大します☆☆

受付会長挨拶

会場風景会場風景2塾歌斉唱
   
塾歌斉唱2会長挨拶ご来賓(塾員センター)挨拶講演会(堀井監督)講演会(堀井監督)2講演会(藤井主務)藤井監督の色紙懇親会の司会慶應常識ABCクイズ(難しかった)エール(会長)若き血斉唱
参加者一同役員たち

(1段目)  ★受付担当   ★会長(総会司会) 
(2段目)  ★講演・懇親会場1  ★講演・懇親会場2  ★塾歌斉唱1
(3段目)  ★塾歌斉唱2  ★会長挨拶   ★来賓挨拶(塾員センター)
(4段目)  ★堀井監督の講演1  ★堀井監督の講演2  ★藤井主務のコメント
(5段目)  ★堀井監督の色紙  ★懇親会の司会  ★慶應義塾常識ABCクイズ
(6段目)  ★佐藤会長のエール  ★エールと若き血
(7段目)  ★総会・講演会参加者一同  ★実行委員一同(+浅見副会長)


第53回船橋三田会ゴルフ同好会コンペ報告 

 11月8日 ようやく秋らしくなってきた中、船橋稲門会より4名をお迎えして、総勢8名のコンペを鶴舞カントリー倶楽部東コースにおいて開催いたしました。団体戦として上位3名のネットスコア合計での両校の名誉をかけた慶早戦も同時開催することにしました。

 慶早戦は残念ながら我が三田会は15ストロークの差で敗北致しましたが、第1回目の慶早戦を親睦を深めながら実施できたことに参加者一同満足し、次回以降長く続く会にすることを誓い合って無事終了することができました。稲門会の皆様のご協力に感謝申し上げます。
尚、53回コンペは 優勝 森嶋君 準優勝 豊田君でした。
231108船橋三田会-稲門会ゴルフ (002)

第42回 映画鑑賞会の報告  『リボルバー・リリー』(日本映画) 未来を救う悪になれ。 

日時: 令和5年8月20日(日)午後14時50分上映
参加者:6名
場所: TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
    監督: 行定 勲
    主演: 綾瀬はるか、長谷川博己、羽村仁成、ジェシー
        
参加した皆さんのコメント:
 ◆娯楽映画としては、面白かったのですが、あまりにも、ヒロインが不死身すぎて、ありえない状況に違和感がありました。100年前(大正時代)の話しで、その点は興味深かった。綾瀬はるかファンとしては、観られて良かった。

 💛原作を知らない私には話の進め方にかなり無理を感じました。あまり深く考えずに単なる娯楽映画とみればいいのかもしれません。

 ♠古き良き時代の娯楽映画(黒澤明の時代劇など)を見るようで楽しめました。ストーリーはそれほど凝っているとは思いませんが、綾瀬はるかのアクションと大正時代のファッションは見応えがありました。綾瀬はるかファンなら見逃せない作品です。

 🍀今までの日本映画にはなかった、アメリカ的な感じがします。面白くて、スカッとしました。

 ●大変、質の高い作品だが、アクション映画としては中途半端な内容になってしまいました。

 ▲原作を読了してから、この映画を観ました。結論的には、脚本が逃亡ものバディものとしての原作の良さを生かし切れていないと思いました。行定監督は、アクションの監督ではないので、テンポが出ず、綾瀬はるか、他 役者陣は好演なのに、いまいち盛り上がらない作品となったのが、残念でした。
 東映映画ですが、昔の藤純子主演作品のように、もっと様式美を追求する形もありだったかなとも思いました。
 
皆さんの採点は、61点でした。
                                  文責 小野民平(S47年商卒)
640 (1)640 (2)640 (3)640 (4)640 (5)640 (6)640 (7)640 (8)640 (9)640_20231023204226f15.jpg

慶應連合三田会大会に 船橋三田会用の教室確保のお知らせ 

船橋三田会会員各位

 来る10月15日(日)開催の慶應連合三田会大会において、船橋三田会用の教室が確保できたことをお知らせします。
 大会当日、船橋三田会の皆様が楽しいひとときを過ごし、有益な情報を共有できるよう、教室をご利用いただければ幸いです。また、本大会を成功させるために皆様のご参加を心よりお待ちすると共に、皆様とお会いできることを楽しみにしております。
                          担当 浅見 t.asami1966@gmail.com           
                           記
場  所:日吉キャンパス 第4校舎 A棟2F J426
利用可能時間:10:00 ~ 16:00 (できれば当番制で役員が常駐 → 検討予定)
利用目的:①大会当日、船橋三田会の皆様が集まり会員同士が交流し情報を共有する
       ②他の三田会の方との交流
       ③ご休憩やお待ち合わせ場所

その他:大会に関する詳細情報やプログラムについては、以下のウェブサイトをご覧
      ください:https://2023.rengomitakai.jp/

写真同好会「写好会」の「第11回写真展」のご案内 

船橋三田会の皆様

                                       写真同好会「写好会」一同
 拝啓 残暑お見舞い申し上げます。
私共「写好会」はコロナ禍で活動を縮小してきましたが今般4年ぶりに新しい会員を含めて「第11回写真展」を開催する運びになりましたので下記の通りご案内いたします。
 就きましては晩秋のひととき是非皆様にご高覧いただきご忌憚のないご感想ご意見をお聞かせいただけますようよろしくお願いいたします。
                                                    敬具
                      記
  ・第11回 「写好会」写真展
  ・会期:2023年11月14日(火)~19日(日)
       午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)
  ・会場:船橋市民ギャラリー  第2展示室
       船橋市本町 2-1-1 (Tel:047-420-2111)
       船橋スクエア21ビル 3階
                                                    以上
20231020131444366_0001_202310201341439ee.jpg       20231020131207535_0002.jpg   このサムネイルをクリックすると大きく拡大します。