FC2ブログ

2020年・新入会員歓迎昼食会が開催されました!! 

2020年度「新入会員歓迎昼食会」が、2月23日(日)に、総会会場と同じ「クロス・ウェーブ船橋」で、行われました。
今回の参加者は、新入会員6名を含め、役員、同好会代表の計14名でした。
これは、新しく船橋三田会に入会された新入会員と役員との気楽な昼食会を通じて、より理解と交流を深めようという趣旨から始まり、今回で、11回目になります。
参加者全員に自由にスピーチをしていただき、船橋三田会の行事予定や同好会案内、さらには、新入会員の方からも船橋三田会の活動等への熱い要望もあり、終始リラックスムードの楽しい昼食会でした。
最後は、「若き血」の大合唱で、閉会しました。これは、来年以降も、継続していきたいと思います。
  (担当幹事)
202030812020308220203083
202030842020308520203086
202030872020308820203089
↑写真クリックで拡大





スポンサーサイト



2020年の新春落語会&新年会 今年も大盛り上がりでした!! 

2月2日(日)、新春恒例の落語会&新年会が、船橋「なべ三」で、行なわれました。
今年も、慶應落語研究会の精鋭3名が、出演。落研が船橋に来るのは、総会、納涼会、忘年会、新年会と続いて、今年で8回目です。

今回は、今までの常連部員が卒業し、船橋は初めてという男子1名、女子2名のフレッシュな顔ぶれとなり、会場は終始大爆笑の渦に包まれました。
落語会に引き続いての新年会では、全員がスピーチを行い、慶應グッズ争奪のナゾ解きクイズもあり、皆、大満足の3時間でした。
今回も、千葉三田会、八千代三田会、四街道三田会、葛飾区三田会からも、ご参加いただきました。
来年、又、お会いできることを期待しております。
                            (担当幹事)
202030612020306220203063
202030642020306520203066
202030672020306820203069
202030610202030611202030612
↑写真クリックで拡大











船橋三田会 2020年 イベント計画のお知らせ 

船橋三田会会員の皆様
平素より船橋三田会の活動にご協力を賜わり誠にありがとうございます。
今年も会員の皆様の親睦と交流をお図りいただけるよう様々なイベントを
ご用意しております。
どうか万障お繰り合わせのうえ、
積極的にご参加くださいますようお願い申し上げます。
役員一同、心より皆様のご参加をお待ちしております。
                    船橋三田会
                    会長 佐藤 修




 2020年船橋三田会イベント一覧     2020年3月25日現在

開催月

実施日時

イベント名

開催場所

2

22日(土)

新春落語会+新年会

なべ三

223日(日)

12001400

船橋三田会新入会員と役員との

懇親会

クロス・ウエーブ

船橋

延期 (312日)
※開催日未定

6回エコツアー

高砂熱学工業

延期 (412日)
※開催日未定

福澤精神研究会「講演会」

講師 慶應義塾福澤研究センタ

    都倉 武之 准教授

船橋中央公民館

5階第4集会室 

6

5月末~6月初

春季・東京六大学野球「慶早戦」

応援観戦会

神宮球場

7

 

 

 

8

8月下旬(日)

納涼会

 

10

1018日(日)

2020年慶應連合三田会大会

 

慶應義塾大学

日吉キャンパス

10月末~11月初

秋季・東京六大学野球「慶早戦」

応援観戦会

神宮球場

1025日(日)

16002000

2020年度・船橋三田会

 総会・懇親会

クロス・ウエーブ

船橋

1F 大ホール

12

 

 

 


上記の各イベントの詳細につきましては、順次きまりしだい当会ブログまたは会員向けメーリング配信にてご案内申し上げます。
もし、ご不明の点等ございましたら、下記にご連絡いただければ幸いと存じます。

[問合せ先] 幹事長 篠田和男 携帯 090-3090-0223
      Email:shinoda@cyber.email.ne.jp
又は、
船橋三田会ブログ funabashimitakai.blog41.fc2.com/ ⇒「事務局」へアクセス。

以上







第37回 映画鑑賞会の報告 

      『カツベン』(邦画)
 時は大正時代、無声映画を活動弁士が盛りあげる。
    周防監督が贈るエンターテインメント


    日時: 令和元年12月15日(日)午後14時35分上映
    参加者:8名
    場所: TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
    作品: 『カツベン』(邦画)
    監督: 周防 正行
    主演: 成田 凌、 黒島 結菜、 永瀬 正敏、 高良 健吾、
        
参加した皆さんのコメント:
◆無声映画がトーキー映画に切り替わる時代の変化を背景に、全盛期の弁士の活躍やその周辺の人物達を描いた娯楽映画。周防監督の持ち味が濃厚な作品だが、主役を務めた新人俳優が魅力的である。

💛周防監督らしい凝りに凝った内容で観応えがありますが、ラスト30分に難あり。テーマの詰めが甘かったような気がします。

♠映画の歴史に触れて、改めて映画を楽しむ人々に心がワクワクしました。当時は娯楽が少なかったので、カツベンはスターだったんですね。心温まる娯楽映画だと感じました。

🍀『ニュー・シネマ・パラダイス』をパクったシーンが多く、オリジナリティがないのがとても気になった。

●映画を愛する人々にぜひ観ていただきたい作品です。

皆さんの採点は、67点でした。

名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!!
酒もうまいです。


202002091202002092202002093
202002094202002095202002096
202002097202002098202002099
20200209102020020911
 ↑写真クリックで拡大
                      文責 小野民平(S47年商卒)






延期のご連絡!(福澤精神研究会「第13回講演会」開催のご案内) 

船橋三田会会員の皆様

4月12日に予定していました福澤精神研究会「第13回講演会」は、新型コロナウイルス感染拡大にともない、参加者皆様の安全を第一として、延期することと致しました。
ご参加お申し込み当日の講演会を楽しみにされていた皆様方には誠に申し訳なく思っております。
今後の終息状況を見ながら講演会を再度企画致します。皆様のご理解とご協力を賜りたくよろしくお願い申し上げます。
 (記)船橋三田会事務局

   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

船橋三田会会員の皆様

この度、福澤精神研究会「第13回講演会」を企画しました。
今回の講演は“北里柴三郎と福澤諭吉”のお話です。
 二人の接点は、伝染病研究所設立の1892(明治25)年から始まります。福澤先生はドイツで世界的な研究成果を挙げて帰国した北里柴三郎が、研究の場を得られずに困っていることを知り支援に乗り出し、日本での活躍の舞台として研究所を建てて彼に与えました。以後北里は福澤の庇護の元で研究を継続し、日本の医学の進歩に多大な貢献をなすとともに、たくさんの門下生を育てました。福澤先生の逝去後も人生の節目にその助言が生き、現在の北里研究所の発展にも繋がっています。
 また、慶應義塾が設立60年を期して、現在の医学部新設を計画した際には、福澤先生の恩に報いるため北里は門下生を引き連れて参加し初代学部長・病院長となりました。北里は、官立に対抗して私立の立場から医学界に貢献した人物だったことは余り知られていません。
 昨年発表された新札・千円札の人物に北里が選ばれました。壱万円札の福澤先生と入れ替わりで登場する、慶應義塾に縁が深い北里について学んでみては如何でしょうか。     

・講師  : 慶應義塾 福澤研究センター
          都倉 武之(とくら たけゆき)准教授
・講演内容: 北里柴三郎と福澤諭吉
・開催日時: 令和2年4月12日(日)15:30~17:30(開場15:10)
・会場  : 船橋市中央公民館 5階 第4集会室 
       *)JR船橋駅南口から徒歩5分
        住所 船橋市本町2-2-5 電話(047)434-5551
・参加対象: 船橋三田会会員、近隣三田会会員、及び会員のご家族、ご友人
・定員  : 40名 事前に予約が必要です(定員になり次第締切)
・参加費 : 1,000円
・申込方法: 船橋三田会ホームページ(http://funabashimitakai.blog41.fc2.com )の
 「事務局」(←クリックでアクセス)へ氏名、電話番号、所属他を記入申込。 
 又は、講演会実行委員(井町携帯:090-8819-3705)までご連絡ください。
・主催者 : 船橋三田会

※)懇親会:講演会終了後、「源ちゃん(フェイス地下1階)」にて懇親会を行います。
  ※JR船橋駅南口より徒歩約3分、TEL(047)409-0969
  参加ご希望の方は、講演会と同時にお申込みお願い致します。
 (定員:先着23名、会費4,000円、尚4/10以降のキャンセルは会費ご負担)

202001241←クリックで拡大
 
                 船橋三田会 講演会幹事(記)



延期のご連絡! (第6回エコツアー 高砂熱学工業(株)訪問) 

船橋三田会会員の皆様

3月12日に予定していました第6回エコツアーは、新型コロナウイルス肺炎感染防止対策に鑑みて延期することと致しました。
ご参加お申し込み見学会を楽しみにされていた皆様方には誠に申し訳なく思っております。
今後の収束状況を見ながら本見学会を再度企画致します。皆様のご理解とご協力を賜りたくよろしくお願い申し上げます。
 (記)船橋三田会事務局

   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

船橋三田会会員の皆様

今年のエコツアーは、”環境にやさしい空調設備”を見学します。 
通常見られない設備です。
今日SDGsの話題も高まり企画しました。

■日 時 : 令和2年3月12日(木) 
 13時45分集合:東京スクエアガーデン1階 
 14時~16時20分 : 高砂熱学工業(株)見学
  【プログラム】 ①会社概要説明、②東京スクエアガーデン見学、
        ③グリーン・エアプラザ見学、④SIS-HFの紹介、他
   ※天候などによりプログラムが変更される場合があります。
■訪問先 : 高砂熱学工業(株) グリーン・エアプラザ
   (住所) 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン6階
   (最寄駅) 東京メトロ銀座線京橋駅3番出口直結、
JR東京駅八重洲南口より徒歩6分
■参加費 : 無料、現地までの交通費は各自負担となります。
■募集人数 : 13名、申込み先着順。
■申込方法 : 船橋三田会ブログ「事務局」(http://form1.fc2.com/form/?id=696053)
  又は、エコツアー担当:井町、携帯電話(090-8819-3705)
 ※お申込時:①氏名、②団体名、③卒年、④連絡先(携帯電話)をご連絡下さい。
■申込締切 : 令和2年2月11日(火) ※定員になり次第締め切り
■対象者 : 船橋三田会会員、近隣三田会会員
■懇親会 : 見学後、西船橋駅に移動し行います。
   参加ご希望の方は同時にお申し込みください。

 20201181←クリックで拡大

(記)船橋三田会エコツアー担当幹事







新春落語会2020のお知らせ 

船橋三田会の恒例となりました「新春落語会2020」を、2月2日(日)に、
「船橋なべ三」にて開催いたします。
http://www.kappou-nabesan.jp/guide.html

   ☆ 12時~13時 落語会
   ☆ 13時~15時 新年会

詳細は、チラシをご覧になってください。
 20191228111←クリックで拡大

定員が28名ですので、1月10日(金)を、1次締切日として、
先着順とさせていただきます。
ご希望の方は、見崎迄、メールにて、ご連絡願います。
(i-misaki@ck9.so-net.ne.jp)
                     (記)船橋三田会幹事




船橋三田会 2020 年頭のご挨拶 

年頭のご挨拶
―会員の皆様とともに―                 令和2年元旦

                              船橋三田会
                              役員一同

船橋三田会会員の皆様

 新年あけましておめでとうございます。
皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。

 船橋三田会は佐藤修(昭和51年・工学部卒)新会長のもと新しい体制がスタートして 1年が経ちました。本年も役員一同、「社中協力」の精神にて「ワンチーム」となり当会の更なる発展に向けて努めて参りたいと存じます。何卒宜しくご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

 昨年は台風15号及びそれに引き続く暴風雨の影響により、千葉県各地で甚大な災害が発生しました。被災された方々に改めて心よりお見舞い申し上げます。また、当会の「台風15号救援募金」にご協力いただいた方々に対し改めて厚く御礼申し上げます。

 さて、昨年は「福澤精神研究会」、「サイエンスカフェinふなばし」など当会ならではの定番イベントのみならず、少しでも新たなチャレンジをしようということで4つ新しい活動にも取り組みました。具体的には、①10年ぶりの船橋三田会規約の見直し・改定(総会で承認可決)②習志野地区を対象とした会員勧誘活動(10名の新入会員登録)、③連合三田会での交流の場作り(船橋三田会専用の教室確保)、④台風15号救援募金活動を通じた千葉県合同三田会との連携強化などが挙げられます。
また、ゴルフ、写真、映画鑑賞、麻雀などの同好会活動も大変活発に行われました。こうした活動は「超高齢化社会」、「人生100年時代」において「健康長寿」のためにも大変有益と思われます。会員の皆様方の積極的なご参加を期待しております。

 今年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催される躍動の年になります。船橋三田会では会員の皆様に交流・親睦を深めていただく行事・活動に加え、地域社会への貢献、更には慶應義塾の発展に寄与するなど有意義な活動を展開して参りたいと存じます。このような方針のもと、私ども役員一同は一つ一つの事業計画を着実に実行するとともに、新たな飛躍を目指す1年にしたいと願っております。

 結びに、会員の皆様方ならびにご家族のご多幸と益々のご活躍を祈念し、役員一同からの新年のご挨拶とさせて頂きます。

   201912302←クリックで拡大
 [江上講師を囲んで参加役員一同]
 (於:2019総会・講演会・懇親会)
 
(記)2020.1.1







東京六大学野球・秋の慶早戦応援観戦会のご報告 

11月2日(土)~3日(日)の2日間に亘り、船橋三田会恒例の東京六大学野球「慶早戦応援観戦会」を行いました。
ここまで慶應は開幕8連勝の快進撃。1勝すれば優勝という状況で慶早戦を迎えました。
船橋三田会は2日間で総勢40名の応援団を神宮球場に送り込み、大声援を送り続けました。その甲斐もあり、1回戦において7対1で早稲田に圧勝!見事、我が慶應義塾大学体育会野球部は、3季ぶり37回目の優勝を果たしました。163人の部員が「絶対勝つ」という執念を共有し続けたことが慶應を勝利に導いたと言えましょう。

2回戦では善戦むなしく4対6で惜敗、続く3回戦では惜しくも3対4でサヨナラ負けを喫したため、91年ぶりの「10戦全勝優勝」は逃しました。

■1回戦 11月2日(土) 7対1 慶應の圧勝!
朝10時30分、精鋭20名の船橋三田会応援団が3塁側11番ゲート前に集結。
佐藤修会長のキックオフ挨拶のあと、應援指導部員に先導され、勇躍球場に乗り込みました。
「早稲田に2連勝して完全優勝するぞ!」と試合前から大いに盛り上がりました。

試合開始前のセレモニーの時から我が慶應応援席は超満員となり、早稲田を圧倒。長谷山塾長のご挨拶のあと、両校の観客全員が肩を組んで「華の早慶戦」を大合唱し、試合開始となりました。慶應はエース・高橋祐樹君(環4)、早稲田は早川隆久投手が登板。伝統の一戦はエース対決となって熱戦の火ぶたが切られました。

<試合経過>
慶應は2回に1点を先制されましたが、3回下山悠介君(商1・三塁手)が同点の三塁打、主将の郡司裕也君(環4・捕手)が2打席連続本塁打を放ち、点差を広げました。
さらに8回1死満塁で瀬戸西純君(政3・遊撃手)が走者一掃の3点三塁打を放ち、早稲田を突き放しました。
試合終了後も慶應スタンドでは塾員、塾生、慶應ファンが肩を組み、「若き血」、「丘の上」を熱唱し、優勝の喜びを分かち合いました。

■2回戦 11月3日(日) 4対6 慶應惜敗
前日の慶應圧勝に勢いづき、我が船橋三田会応援団も意気軒高!この日は、船橋三田会のサイエンスカフェで講師をお努めいただいた慶應義塾大学理工学部の桂誠一郎教授と同研究室の塾生7名、及び満倉靖恵教授の研究室の塾生4名にもご参加いただき、塾員、塾生総勢20名が一体となって応援しました。残念ながら、善戦むなしく4対6で勝ちを早稲田大学に譲りました。
こうして2日間に亘って大声援を送り続けた「慶早戦応援観戦会」を終えました。
船橋三田会は選手諸君の健闘を称えるとともに、今後も慶應義塾大学体育会野球部を全力で応援し続けます。

[第1回戦(11/2)]
201912301201912292201912293
201912294201912295201912296

[第2回戦(11/3)]
201912297201912298201912299
201912291020191229112019122912
    ↑写真クリックで拡大
「写真は慶應義塾大学応援指導部から撮影許可証を得て撮影したものです。」

               (慶早戦応援観戦会実行委員会 記)








台風15号救援金にご協力ありがとうございました。 

                             令和元年12月吉日
船橋三田会会員各位
                               船橋三田会
                              会長 佐藤 修  
           台風15号救援募金ご協力の御礼
拝啓
平素より船橋三田会活動にご協力賜り、誠にありがとうございます。

 さて、先般の台風15号及びそれに引き続く暴風雨の影響により、千葉県各地で甚大な災害が発生し、今なおご不自由な生活を余儀なくされていらっしゃる方々が大勢いらっしゃいます。
被災された方々に改めて心よりお見舞い申し上げます。

 船橋三田会では、千葉県合同三田会のリーダーシップのもと、9月29日付の本ブログを通じて「台風15号救援募金」のご協力をお願いしました。さらに、11月10日に開催した当会総会会場におきましてもご協力をお願いしました。
このような募金活動の結果、総額で195,662円の貴重なご寄付を賜わりました。 

 上記のご寄付総額を12月3日に千葉県合同三田会の指定口座に送金させていただきましたことをご報告申し上げますとともに、ご寄付をいただいた方々に対して敬意を表し厚く御礼申し上げます。

県内各地域三田会から千葉県合同三田会事務局に送られた義援金は、同事務局がとりまとめた上で日本赤十字及び慶應義塾の被災者指定奨学金として寄付されることになっております。

最後に、被災された方々におかれましては一日も早く安心で安全な生活をとりもどされますよう心よりお祈り申し上げます。
                                 敬具