fc2ブログ

令和5年 新年のご挨拶    会長 佐藤 修 

 船橋三田会会員の皆様

 新年あけましておめでとうございます。
 会員の皆様におかれましては、健やかな新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
昨年も新型コロナウイルスの数次にわたる感染拡大により、不自由な日常生活を強いられた一年でした。さらに、ロシアのウクライナ侵攻による世界的な政情不安、原油価格・物価の高騰など激動の一年でした。
 
 このような中ではありますが、11月13日には十分なコロナ感染対策を講じた上で、3年ぶりに対面での総会・懇親会を開催することができました。久しぶりに実際に人と人がお会いし、直に語り合える楽しさ,有難さを改めて実感することができました。ご参加いただいた会員の皆様に心から御礼申し上げます。また、12月には慶應義塾への貢献の一環として「ウクライナ避難学生学びの継続支援特別プログラム」に対し船橋三田会として30,000円の寄付金を申し込ませていただいたことをご報告申し上げます。

 さて、本年もコロナ感染の先行きは依然として不透明な状況となっており決して油断はできませんが、それと同時に当会の活動の灯は灯し続けなければなりません。いかにコロナ対策と当会活動の継続・活性化を両立させてゆくか、これが本年の課題です。当会といたしましては、柔軟にコロナとの「共生」を図りつつ、会員の皆様の交流、親睦の輪を広げられるよう準備を進めてまいります。また、慶應義塾への貢献、近隣三田会との連携など対外的な活動にも状況が許す限り取り組んでまいる所存です。

 本年も「社中協力」のもと役員一同一丸となって当会活動を着実に推進してまいりますので、皆様の一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
   令和5年  元旦
                                          船橋三田会
                                          会長 佐藤 修 

スポンサーサイト



令和3年度定時総会及び懇親会を開催しました 


 令和4年11月13日(日)に、当会の令和3年度定時総会を船橋中央公民館で開催しました。2年振りに会員の皆さんに集まって頂くリアルな総会としたところ、会場出席者は全部で34名でした。議案は全て、満場一致(郵便投票分も含む)で承認されました。議案の内容は、総会時に配布又はその後お送りしましたお手許の資料をご覧願います。

 また、近年コロナ禍において人との接触を伴う活動が制限されたため、会費の一部還元及び当会への参加意識を高めて頂く趣旨で、慶應のロゴ及び船橋市の景観を入れた特製クオカードを作製し会員の皆様に配布しました(総会参加者には会場で配布、それ以外の会員には資料と共に郵送しています)。

 総会後、ホテルフローラ船橋(旧船橋グランドホテルが経営も変わり、内部もリニューアルされて9月に新規開業)に移動し、会員有志による懇親会を開催しました。まだ新型コロナの感染が続いていることを配慮し、近隣三田会や稲門会へのご案内は見送り当会員だけの懇親会としましたが、29名の会員の参加を得て楽しく賑やかなひと時を過ごすことが出来ました。                                    幹事長 戸田裕二

314652967_191060800150965_8561145577710593448_n.jpg2022年総会(幹事長)2022年総会(会計)2022年総会(司会)2022-11-13 懇親会 (1)懇親会(会長) 懇親会(乾杯)
上段左から 佐藤会長挨拶、井町幹事長報告、浅見副会長(会計担当)報告、
中段左から 司会(戸田副幹事長)、懇親会集合写真、会長挨拶 
下段    会員の皆さん 
※写真をクリックすると画面が大きくなるものもあります

船橋三田会 第51回親睦ゴルフ大会を開催しました! 

 11月17日(木)、成田市にある「スカイウェイカントリークラブ」で船橋三田会第51回親睦ゴルフ大会を開催しました。残念ながら今回は三田会参加者4名と少なく、新ペリア上限無しで優勝者だけを決める大会としました。
 8時38分、特別ゲスト参加3名を加え、晴天下の絶好のコンディションのもと2組でスタート。本コースは距離が長く、谷越え、池越え、砲台グリーン、グリーン周りのガードバンカー、グリーン上も傾斜にうねりと変化に富み、とても難関でチャレンジなコース設計となっていました。
 
 優勝は森嶋さん。ベスグロでもありました。前々回、前回大会に続いての3連覇となります。新ペリア上限無しのハンデキャップに恵まれる奇跡は、我々3名に起こりませんでした。
 ラウンド後のパーティーはおこなわず、宮原さん、福嶋さん、そして私の3人で親睦を深め今年度のゴルフ大会は終わりとなりました。
 最後に、親睦ゴルフ大会の開催とチャレンジなゴルフ場でプレイできたこと、幹事の皆様ありがとうございました。次回は、年初恒例の新春親睦会でお会いしましょう。  
                                           (記:井町臣男)
R4-11-17 大会写真 縮小

令和4年11月 船橋三田会 佐倉散策ツアー報告 


■場 所:  DIC川村記念美術館 
        国立歴史民俗博物館 
      
■日 時: 令和4年11月3日(木)文化の日  
■参加者: 9名
■行 程: 8時50分 京成佐倉駅集合。シャトルバスにて、DIC川村記念美術館へ移動。
                  美術館内見学後、11時より館内レストランにて豪華ランチ(肉・魚選択方式)。
        昼食後、園内自由散策。

        12時50分 再びシャトルバスに乗車し、国立歴史民俗博物館へ移動。 加耶
        特別展見学後、常設展示館(第1-第6展示室)自由見学。 屋外姥ケ池・臼杵
        磨崖仏等見学後、徒歩にて京成佐倉駅へ移動・解散。

■内 容: 当日は、絶好の行楽日和の晴天に恵まれ、京成佐倉駅に集合後シャトルバスに
                乗車し、佐倉城下町商店街を車窓より眺め、軽いバス旅行気分も味わいながら
                DIC川村記念美術館に到着。

          美術館では、レンブラント、ルノアール、モネ、シャガール等の有名画家の作品
     群、20世紀アメリカ美術品等を鑑賞し、昼食は自然庭園を窓から眺められる館内
     レストランにて豪華な料理を堪能いたしました。昼食後約3万坪の自然庭園を散
     策し(池には白鳥も)、青空を満喫いたしました。

      国立歴史民俗博物館では、日本列島の古墳時代と同じ頃朝鮮半島で栄えたと
     いう「加耶」の特別展見学後、常設展示館へ移動。第1の古代から第6の現代まで、
     1日ではとても全部は見学できない展示物の数々でした。室内での見学後、佐倉城
     址公園へ移動、歴史ある姥ケ池・13階段等を見ながら、徒歩京成佐倉駅へ到着い
     たしました。

      船橋駅より特急で約20分の近距離ながら、船橋市内とは全く違う印象の佐倉市内
     散策。大変有意義な1日でした。今回、佐倉市在住の船橋三田会会員永井瑞枝氏
     のご協力により開催できました事深謝いたします。
                                       (佐倉市散策実行委員)
川村記念美術館川村記念美術館2川村記念美術館4佐倉散策3佐倉散策2国立歴史民俗博物館2国立歴史民俗博物館1





第6回エコツアー 高瀬下水処理場消化ガス発電設備を見学しました! 

 令和4年9月6日(火)、3年ぶりに「エコツアー」を開催しました。参加者は会員10名。お目当ての見学先は、船橋市高瀬下水処理場内にある「消化ガス発電設備」です。今年4月に設備が完成し発電開始、船橋市内の下水道関連施設などへ電力が供給されています。高瀬下水処理場から発生する下水汚泥を有効利用し消化ガス発電するもので、再生可能エネルギーの一環として、省エネルギー対策へ貢献しています。
 
 当日は、ららぽーとTOKYO-BAY(船橋)に集合し、タクシーにて現地へ移動。10時30分よりエコツアーが始まりました。まずは、会議室に案内され、船橋市下水道施設課2名の方から高瀬下水処理場の概要、消化ガス発電設備などについて分かり易く説明がありました。参加者からの様々な質問にも、ご丁寧な対応に感謝しております。

 いよいよ施設見学です。1階にある研究室へ案内され、大きなメスシリンダーで見える化した下水の処理工程を見学。次に、汚水処理で活躍する微生物を顕微鏡で観察。分解されて発生する汚泥の活用について学びました。参加者一同で記念撮影後、事務所から歩いて3分ぐらいの消化ガス発電設備へ移動。残暑ではありましたが、天候にも恵まれ「エコツアー」としては恵まれた日和となりました。

 施設では、消化タンク、脱硫装置、余剰ガス燃焼装置、メンブレン式ガスホルダ、消化ガス発電設備、発電設備統括盤類の順に見学。それぞれの場所で施設課の方から設備の機能や材質についてお話しがありました。見学終了予定の12時になり解散。高瀬下水処理場をあとにしてららぽーとTOKYO-BAYへ戻り、希望者で串揚げを片手に楽しく懇親、久しぶりに交友を深めました。

 最後に、第6回エコツアーを開催できましたこと、この場をお借りして、親切にご案内して頂きました船橋市下水道施設課の方々および参加者皆様方に深く感謝申し上げます。
                                第6回エコツアー幹事・井町(記)

  1 IMG 16432 IMG 16345 IMG 16383 IMG 16454 IMG 1660  


慶應箱根駅伝プロジェクト クラウドファンディングご協力のお願い  

船橋三田会の皆様                               2022年8月吉日
                                           船橋三田会
                                           会長 佐藤 修
 
 日ごろは当会活動にご支援とご協力を賜り誠にありがとうございます。
残暑とは言え猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

 さて、本年6月の記事で慶應義塾体育会競走部が取り組んでいらっしゃる慶應箱根駅伝プロジェクトについてご紹介させていただきました。その後、同プロジェクトでは初めてクラウドファンディングによる寄付金募集を行うことを決定され、広く慶應義塾関係者にご支援をお願いすることになった旨のご連絡をいただきました。
 つきましては同プロジェクトからの寄稿文をご一読の上、本活動の趣旨にご賛同いただける方はぜひ寄付金募集にご応募下さいますようお願い申し上げます。

以下、寄稿文転記。

船橋三田会会員の皆様

         『慶應箱根駅伝クラウドファンディング』ご協力のお願い

 平素より慶應箱根駅伝プロジェクトを応援して頂きまして、誠にありがとうございます。
また、6月に続き、再び本プロジェクトのご案内の機会を賜り、重ねて御礼申し上げます。

 さて、2017年のプロジェクト開始以来、多くの方々のご支援のおかげで、これまで充実した強化活動を積み重ねてくることができましたが、足もとでは新規の寄付金が伸び悩んでおり、今後の活動資金が十分に確保できていない状況となっております。
 そこで、この度クラウドファンディングによる寄付金募集にチャレンジすることといたしました。

■慶應箱根駅伝クラウドファンディングの概要
【募集開始】 8/22(月)19:00
【募集終了】 9/30(金)23:00
【募集ページ】 https://readyfor.jp/projects/keio_hakone2022

上記の募集ページでは、寄付金の使途やこれまでの強化の成果などもご説明させて頂いておりますので、ぜひお手隙の際にご参照頂き、本件の趣旨にご賛同頂ける方には ご支援と周囲へのお声掛けをお願いいたしたく存じます。

 慶應箱根駅伝プロジェクトは、これまでも、そしてこれからも、塾員の皆様のご寄付で成り立っております。私たちが走り続けるために、そして箱根へと続く沿道を再びブルー・レッド・ブルーの幟で彩るために、温かいご支援を賜れましたら幸甚に存じます。

                                      慶應義塾体育会競走部
                                       監督      鹿又 理
                                       ヘッドコーチ  保科 光作

第6回エコツアー「高瀬下水処理場消化ガス発電設備」見学のご案内 

第6回エコツアーとして「高瀬下水処理場消化ガス発電設備」見学を下記の通り開催
します。下水汚泥から生まれた消化ガスを燃料に、消化ガス発電機で電力をつくる
現場を見学しますので、興味のある方は是非ご参加ください。

なお、今後のコロナ禍の感染状況を考慮して延期または中止になることもあります。
その場合はご了承頂きたく、よろしくお願い致します。
                  
                      記
日 時: 令和4年9月6日(火) 10時~12時
集 合: 10時 
   (集合場所) ららぽーと船橋(北館) タクシー乗り場付近。
            タクシーにて現地へ移動。

見 学: 10 時30 分~12 時 「高瀬下水処理場消化ガス発電設備」見学
   【プログラム】 ①設備概要説明、②消化ガス発電設備見学、ほか
         ※天候などによりプログラムが変更される場合があります。
         ※船橋市下水道施設課がサポートします。

訪問先: 船橋市高瀬下水処理場内「船橋下水のちから発電所」
        (住所) 船橋市高瀬町56番地
        (最寄駅)JR京葉線南船橋橋駅より徒歩約20分
参加費: 無料、現地までの交通費は各自負担となります。
         ※タクシー代は各自負担
募集人数: 12名程度、申込み先着順。

申込方法:  船橋三田会ブログ事務局 ← クリックしてください。
     又は、エコツアー担当幹事:井町まで
            携帯電話(090-8819-3705)
        
※お申し込み時:①氏名、②団体名、③卒年、④連絡先(携帯電話)をご連絡
  下さい。
申込締切 : 令和4年8月30日(火) 尚、定員になり次第締め切りとなります。
対象者 : 船橋三田会会員、近隣三田会会員
懇親会 : 見学後、ららぽーとに移動し行います。参加ご希望の方は同時にお申し
込みください。

船橋三田会事務局

第6回エコツアー チラシ ← クリックしてください。


第40回 映画鑑賞会の報告  『ベイビー・ブローカー』(韓国映画) 「生まれてくれてありがとう」 

『万引き家族』是枝裕和 X 『パラサイト 半地下の家族』ソン・ガンホ

日時: 令和4年7月3日(日)午後14時35分上映
参加者:8名
場所: TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
    監督: 是枝裕和
    主演: ソン・ガンホ、 カン・ドンウォン、 ぺ・ドゥナ
        
参加した皆さんのコメント:
 ◆人はそれぞれ重い過去を背負っている。表面だけではわからない。このことを最
  後でどんでん返しで表現したのはさすがと思った。
 💛家庭愛を知らずに成長してしまうことは非常に不幸だと思います。
 ♠美しい音楽とホットさせるユーモアもある秀作です。
 🍀よくわからない部分もあり、日本人と韓国人の発想や環境の違いを感じました
 ●個性的な配役でした。ストーリーは難解な部分があった。
 ▲釜山に移動して、疑似家族のようになっていく家族の様子が秀逸。急行列車デッ
  キでの黒白コントラストが鮮やかの中、会話が列車音で絶妙に聞こえたり、聞こ
  えなかったりするシーンと観覧車のシーンが秀逸。
 ■韓国映画を初めて観ました。前評判ほど、特に印象に残ったシーンはありません
  でした。
 
皆さんの採点は、72点でした。

名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!!
酒もうまいです。


                        文責 小野民平(S47年商卒)


320 (6)

320 (5)

320 (4)

320 (3)

320 (2)

320 (1)



640 (5)

640 (4)

640 (3)

640 (2)

640 (1)




慶應箱根駅伝プロジェクトの案内 (第一報) 

船橋三田会の皆様
                              船橋三田会
                               会長 佐藤 修
 
 日ごろは当会活動に暖かいご支援とご協力を賜り誠にありがとうございます。
蒸し暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

 さて、毎年お正月の大学対抗・箱根駅伝を楽しみにしていらっしゃる方も大勢いらっしゃることと存じます。慶應義塾体育会競走部は、創部100周年を迎えた2017年4月より慶應箱根駅伝プロジェクトを始動し、その強化に取り組んでおります。今回、同プロジェクトを個人的にご支援されていらっしゃる四街道三田会の小島公平会長様のお取り計らいにより箱根駅伝プロジェクトの紹介記事をご寄稿いただきました。
 どうぞ宜しくご一読くださいますようお願い申し上げます。

以下、寄稿文転記。


船橋三田会会員の皆様

慶應義塾体育会競走部は、創部100周年を迎えた2017年4月より慶應箱根駅伝プロジェクトを始動し、その強化に取り組んでおります。

塾競走部は、箱根駅伝の第1回大会に出場した4校のうちの1校であり、出場30回、総合優勝1回という輝かしい伝統がありますが、近年は1994年の第70回大会出場を最後に予選会を突破できておりません。

箱根駅伝は前年度10位までのシード校と予選会を通過した10校の計20校、そして予選会を通過できなかった大学の選抜チームである関東学生連合が出場して争われます。プロジェクト発足後の塾競走部の予選会順位は以下の通りです。

 2017年度 予選会27位 (予選会通過まで1人あたり あと3分13秒) 
 2018年度 予選会26位 (予選会通過まで1人あたり あと2分51秒) 
 2019年度 予選会27位 (予選会通過まで1人あたり あと3分12秒) 
 2020年度 予選会19位 (予選会通過まで1人あたり あと1分01秒)
 2021年度 予選会19位 (予選会通過まで1人あたり あと53秒)

2020年度には17年振りに19位まで浮上しました。そして、プロジェクト1期生が最終学年を迎えた昨年度の予選会は、チームとしての本選出場を狙ってハイペースでの勝負を挑み、前半は予選会通過圏内でレースを進めました。残念ながら本選出場には届きませんでしたが、その積極果敢な走りは、確かな爪痕を残すことができました。

また、プロジェクト初年度から関東学生連合に根岸祐太が選出され、復路8区を疾走しました。翌2019年度は司代隼が関東学生連合のメンバーに選出されましたが、残念ながら補欠に回りました。そして2020年度は杉浦慧が関東学生連合の主将として5区の山登りに挑み、昨年度は田島公太郎が1年生ながら7区に抜擢されました。

スポーツ推薦制度がなく、高校時代は無名だった選手ばかりのチームが、たった数年の間にここまで力をつけることができたのは、ひとえに保科光作、小野裕幸両コーチの指導力と、学生達の熱意や創意工夫の賜物です。慶應の育成力は、いまや学生長距離界において注目を集める存在となっています。

大学当局の全面バックアップによる総力戦を展開する駅伝強化校の増加により、予選会の戦いは熾烈を極めるばかりですが、塾競走部も選手、サポートスタッフ、OBOGが一丸となり、悲願達成に向けて頑張って参りますので、引き続きのご声援とご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

慶應箱根駅伝プロジェクト公式サイト
 ↓
https://hakone-pj.keio-tf.org/

(記) 慶應義塾体育会競走部 助監督 細萱智大 平成10年卒)


箱根1

箱根2

箱根3


2022年度春季企画展 「慶應野球と近代日本」のご案内 

船橋三田会の皆様

日ごろから当会の活動に暖かいご支援とご理解を賜り誠にありがとうございます。
さて、三田キャンパスでは6月6日から「慶應野球と近代日本」と題した企画展が開催されております。この展示会は慶應義塾が誇りとする「Enjoy Baseball」の今日的意義を考える絶好の機会となっております。
久しぶりに三田の山に足を運んでみてはいかがでしょうか?

■ 開催概要
https://history.keio.ac.jp/?page_id=1144
1.会期 2022年6月6日(月)~8月13日(土)
2.会場 慶應義塾大学三田キャンパス内
   慶應義塾史展示館 企画展示室(慶應義塾図書館旧館2階)
3.開館日時 月~土曜日10:00–18:00
4.休館日  日曜日、祝日、夏季一斉休暇(8月1日~7日)
5.入場料 無料
主催  福澤諭吉記念慶應義塾史展示館
*ご来場の際は事前予約をお願いしております。
予約フォームはこちら

■ 展示概要
「エンジョイ・ベースボール」とは、日本野球の常識に対する挑戦である。2022年は、日本人への野球伝来150年にあたります。慶應義塾は日本野球史には欠かすことができない数々の足跡を刻み、早稲田大学との伝統の一戦「早慶戦」は、世界三大スポーツ対校戦に数えられます。野球界に広く普及した早稲田式の「一球入魂」「野球道」に対して、慶應は「Enjoy Baseball」を唱え、異なるスポーツ観を提示してきました。その姿勢は歴史的に形成されたもので、福澤諭吉、そして日本野球の原点にまで遡ります。本展は、慶應野球を日本近代史上に位置づけながら、日本野球史上の貴重な資料と野球を巡る思想史をたどり、「Enjoy Baseball」の今日的意義を考えます。

船橋三田会事務局(記)