FC2ブログ

東京六大学野球・秋の慶早戦応援観戦会のご報告 

11月2日(土)~3日(日)の2日間に亘り、船橋三田会恒例の東京六大学野球「慶早戦応援観戦会」を行いました。
ここまで慶應は開幕8連勝の快進撃。1勝すれば優勝という状況で慶早戦を迎えました。
船橋三田会は2日間で総勢40名の応援団を神宮球場に送り込み、大声援を送り続けました。その甲斐もあり、1回戦において7対1で早稲田に圧勝!見事、我が慶應義塾大学体育会野球部は、3季ぶり37回目の優勝を果たしました。163人の部員が「絶対勝つ」という執念を共有し続けたことが慶應を勝利に導いたと言えましょう。

2回戦では善戦むなしく4対6で惜敗、続く3回戦では惜しくも3対4でサヨナラ負けを喫したため、91年ぶりの「10戦全勝優勝」は逃しました。

■1回戦 11月2日(土) 7対1 慶應の圧勝!
朝10時30分、精鋭20名の船橋三田会応援団が3塁側11番ゲート前に集結。
佐藤修会長のキックオフ挨拶のあと、應援指導部員に先導され、勇躍球場に乗り込みました。
「早稲田に2連勝して完全優勝するぞ!」と試合前から大いに盛り上がりました。

試合開始前のセレモニーの時から我が慶應応援席は超満員となり、早稲田を圧倒。長谷山塾長のご挨拶のあと、両校の観客全員が肩を組んで「華の早慶戦」を大合唱し、試合開始となりました。慶應はエース・高橋祐樹君(環4)、早稲田は早川隆久投手が登板。伝統の一戦はエース対決となって熱戦の火ぶたが切られました。

<試合経過>
慶應は2回に1点を先制されましたが、3回下山悠介君(商1・三塁手)が同点の三塁打、主将の郡司裕也君(環4・捕手)が2打席連続本塁打を放ち、点差を広げました。
さらに8回1死満塁で瀬戸西純君(政3・遊撃手)が走者一掃の3点三塁打を放ち、早稲田を突き放しました。
試合終了後も慶應スタンドでは塾員、塾生、慶應ファンが肩を組み、「若き血」、「丘の上」を熱唱し、優勝の喜びを分かち合いました。

■2回戦 11月3日(日) 4対6 慶應惜敗
前日の慶應圧勝に勢いづき、我が船橋三田会応援団も意気軒高!この日は、船橋三田会のサイエンスカフェで講師をお努めいただいた慶應義塾大学理工学部の桂誠一郎教授と同研究室の塾生7名、及び満倉靖恵教授の研究室の塾生4名にもご参加いただき、塾員、塾生総勢20名が一体となって応援しました。残念ながら、善戦むなしく4対6で勝ちを早稲田大学に譲りました。
こうして2日間に亘って大声援を送り続けた「慶早戦応援観戦会」を終えました。
船橋三田会は選手諸君の健闘を称えるとともに、今後も慶應義塾大学体育会野球部を全力で応援し続けます。

[第1回戦(11/2)]
201912301201912292201912293
201912294201912295201912296

[第2回戦(11/3)]
201912297201912298201912299
201912291020191229112019122912
    ↑写真クリックで拡大
「写真は慶應義塾大学応援指導部から撮影許可証を得て撮影したものです。」

               (慶早戦応援観戦会実行委員会 記)








スポンサーサイト



台風15号救援金にご協力ありがとうございました。 

                             令和元年12月吉日
船橋三田会会員各位
                               船橋三田会
                              会長 佐藤 修  
           台風15号救援募金ご協力の御礼
拝啓
平素より船橋三田会活動にご協力賜り、誠にありがとうございます。

 さて、先般の台風15号及びそれに引き続く暴風雨の影響により、千葉県各地で甚大な災害が発生し、今なおご不自由な生活を余儀なくされていらっしゃる方々が大勢いらっしゃいます。
被災された方々に改めて心よりお見舞い申し上げます。

 船橋三田会では、千葉県合同三田会のリーダーシップのもと、9月29日付の本ブログを通じて「台風15号救援募金」のご協力をお願いしました。さらに、11月10日に開催した当会総会会場におきましてもご協力をお願いしました。
このような募金活動の結果、総額で195,662円の貴重なご寄付を賜わりました。 

 上記のご寄付総額を12月3日に千葉県合同三田会の指定口座に送金させていただきましたことをご報告申し上げますとともに、ご寄付をいただいた方々に対して敬意を表し厚く御礼申し上げます。

県内各地域三田会から千葉県合同三田会事務局に送られた義援金は、同事務局がとりまとめた上で日本赤十字及び慶應義塾の被災者指定奨学金として寄付されることになっております。

最後に、被災された方々におかれましては一日も早く安心で安全な生活をとりもどされますよう心よりお祈り申し上げます。
                                 敬具





2019年 初のハワイアン・サマーパーティ開催される 

9月7日(土)船橋三田会納涼会の初めての試みとして、ハワイアン・サマーパーティが、船橋・東魁楼にて催されました。
これは、四街道三田会で、毎年8月に行われている納涼会で出演されている堀口俊一郎様(四街道三田会顧問)が率いるバンド3名とフラダンサー6名の方々に、船橋にお越しいただき、大いに盛り上がりました。

近隣三田会からは、千葉、四街道、浦安、九十九里のご来賓もお越しいただき、さらに、佐藤新会長の熱唱(?)も飛び出すなど、総勢35名、大変有意義な懇親会となりました。
是非、来年につなげていきたい1日でした。

201912271201912272201912273
201912274201912275201912276
201912277201912278201912279
↑写真クリックで拡大
             船橋三田会サマーパーティ担当幹事(記)











令和元年度 船橋三田会 総会・講演会・懇親会が、盛大に開催されました!!  

令和元年11月10日(日)、船橋三田会 総会・講演会・懇親会が、恒例の「クロスウェーブ船橋」にて100名近い塾員、塾生、ご来賓の方々が参加され、盛大に開催されました。

 第1部の総会では、会長挨拶、事業報告、会計報告、事業計画、予算案、新役員紹介が行なわれた他、規約の変更に会員のご意見をお受けした後、議案が満場一致で承認されました。

 第2部では、塾員の江上いずみ氏による講演。
JALにおける30年間のキャビンアテンダントのご経験も踏まえた、『グローバルマナーと’おもてなしの心’』というテーマで、2020年東京五輪に向けても弾みになるような、聴衆参加型のおもてなしについてのご講演を頂き、大変に盛り上がりました。

 第3部の懇親会では、恒例の現役塾生大学應援指導部からの派遣も頂き、クイズ大会なども盛り上がりました。
最後に全員で若き血を熱唱し、心を新たにしたところです。

今年も、慶應義塾のOBとOG、さらに現役塾生が一堂に会して、大変活気のあるイベントとなりました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 

201912242201912243201912244
201912245201912246201912247
2019122482019122712019122410
20191224112019122412201912261

↑写真クリックで拡大
                       (船橋三田会/担当)







第12回サイエンスカフェ in ふなばし アンケート結果のご報告! 

7月6日に開催されました慶應義塾大学理工学部教授・桂誠一郎講師による、「夢のある未来のロボット社会をデザインしよう」”サイエンスカフェ in ふなばし” アンケート結果のご報告です。

今回は、学生26名(中学生10名、小学生16名)、教員1名、一般3名、総勢30名のご参加があり、大変盛況なイベントとなりました。
小学3年生から75才のシニアまで幅広い年齢層に亘り、「ロボットのサイヤンスと未来」について、体感・デザインして頂きました。

201909181 201909182
 ↑画面をクリックすると拡大します

◆当日の様子は、http://funabashimitakai.blog41.fc2.com/blog-entry-653.html
 "「ここ」">をクリックするとご覧になれます。


         船橋三田会サイエンスカフェ実行委員アンケート集計担当(記)