FC2ブログ

第35回 映画鑑賞会の報告 

 『アルキメデスの大戦』  
    数学で戦争を止めようとした男の物語

     日時: 令和元年8月18日(日)午後14時50分上映
     参加者:8名
     場所: TOHOシネマズ 錦糸町 楽天地
     作品: 『アルキメデスの大戦』(邦画)
     監督: 山崎 貴
     主演: 菅田 将暉、 柄本 佑、 舘 ひろし、 田中 泯、
          圀村 隼、  橋爪 功  ほか

参加した皆さんのコメント:
◆史実に基づいたフィクション映画で面白かったです。軍隊だけではなく、人間の組織は自己中心の正義感と服従は、どんどん間違った方向に向かっても、止めることが出来なくなってしまう。いろいろ含みのある名画でした。 
💛原作の良さをよく引き出していたという評価。菅田将暉が適役かつ好演!映画を観て興味を持たれた方は、ぜひ原作コミックにあたってください。 
♠海軍内の戦艦派と空母派(航空機)の予算争いの中で、主人公の数学の天才が短期間に戦艦派のごまかしの建造価格を明らかにできるかが見せ場でしたが、最後に落ちもあって飽きさせないエンターテイメントな作品でした。
🍀数学が出来れば造船工学、物理学も精通しているというあり得ない仮想ケースを可能にしている面白さがあった。 
●原作者の発想が面白かった。娯楽大作という作品。
◇菅田将暉という役者はとても魅力的で、その演技に引き込まれた。

皆さんの採点は、78点でした。

名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!!
酒もうまいです。


201909211201909212201909213
201909214201909215201909216
201909217201909218201909219
201909211020190921112019092112
 ↑写真クリックで拡大
                      文責 小野民平(S47年商卒)











スポンサーサイト



第10回写好会・写真展のご案内 第二弾! 

船橋三田会 会員の皆様

この度、写好会より第10回写真展の「はがき」が届きましたのでご案内致します。
201908072

       会場:船橋市民ギャラリー 第2展示室
           (船橋スクエア21ビル 3階)
       会期:8月27日(火)~9月1日(日)
       時間:10時 ~ 17時(最終日は16時まで)

残暑厳しい頃合いですが是非お立ち寄りいただきたくお待ちいたしております。
                                   (写好会一同)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[船橋三田会事務局]







8月のお薦め映画 

アルキメデスの大戦 (邦画)  2時間10分

「戦艦大和」の建造をめぐる、海軍省における推進派と反対派の攻防を描いた作品です。原作が漫画ですので、少々漫画チックですが、娯楽映画として大変良く出来た作品です。

昭和8年、巨大戦艦(当時はまだ戦艦大和と命名されていません)に反対する山本五十六海軍少将(舘ひろし)は、これからの海戦は航空機の戦いで、「戦艦」よりも「空母」の建造をすべきだと訴えますが、巨大戦艦を作りたい推進派は、建造費に、空母より安い見積額を提示して対抗します。
追いつめられた山本五十六は、あまりに安い見積額に不正を感じ、帝国大学出身の天才数学者櫂直(菅田将暉が好演)を雇い、巨大戦艦の建造費用の再積算を命じます。タイムリミットは、決定会議までの2週間。しかし、戦艦の関連資料はすべて海軍の機密事項で閲覧できず、しかも彼は船舶の建造については全くの素人。はたして任務を遂行できるのか…。

この作品は戦争映画のように思われるかもしれませんが、戦闘シーンは、映画の冒頭で、戦艦大和が米軍の航空機に攻撃されて沈没していく場面だけで、後はほとんど室内劇です。クライマックスは決定会議での白熱した弁論戦。戦争映画というより、戦争を題材にしたサスペンス映画といったほうが良いかもしれません。
とはいえ、冒頭の、戦艦大和沈没シーンは大迫力です。最先端の特撮技術を駆使したこのシーンだけでも、この作品を見る価値があると思います。

出演は、菅田将暉 舘ひろし、國村準、橋爪功、田中泯、柄本佑、笑福亭鶴瓶、浜辺美波
監督、脚本は、特撮が得意の山崎貴(『ALWAYS三丁目の夕日』、『永遠のゼロ』)。

戦闘シーンが少ないので、戦争映画が苦手な人も大丈夫です。夏休み映画にふさわしい、老若男女が楽しめる好作品だと思います。
   
[昭和55年文学部卒 上田則夫]







写真同好会「写好会」第10回写真展のご案内 

                                   2019年7月吉日
 
船橋三田会 会員の皆様

    写真同好会「写好会」第10回写真展のご案内

                         写真同好会「写好会」一同

鬱陶しい“梅雨空”が長引いておりスカっとした夏空が待ち遠しい昨今ですが
皆様お変わり無く公私に亘りお元気にお過ごしのことと存じます。
さて、私ども写真同好会「写好会」は今年創立10周年の節目の年を迎えて
気持ちを新たに下記のスケジュールにて「第10回写真展」を開催いたします。

                記

       会場:船橋市民ギャラリー 第2展示室
           (船橋スクエア21ビル 3階)
       会期:8月27日(火)~9月1日(日)
       時間:10時 ~ 17時(最終日は16時まで)

残暑厳しい頃合いですが是非お立ち寄りいただきたくお待ちいたしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[船橋三田会事務局]






第34回 映画鑑賞会の報告 

        『八甲田山』
陸軍の寒冷地訓練、冬の八甲田山でのサバイバル巨編

   日時: 令和元年6月23日(日)午前10時上映
   参加者:9名
   場所: TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
   作品: 『八甲田山』(邦画)
   監督: 森谷 司郎
   主演: 高倉 健、北大路 欣也、三国 連太郎、加山 雄三、
        栗原 小巻、秋吉 久美子ほか

参加した皆さんのコメント:
◆豪華な配役がみんな若いので、応援する気持ちになって見てました。
 (「八甲田山」は1977年に大ヒットした映画。今回4Kデジタルリマスター版を鑑賞しました。)

💛高倉健、北大路欣也ら出演者の演技力に感動しました。また、このストーリーが実話に基づいていることからも、迫力を感じました。
♠42年前の映画とは思えない映像・カメラワークも素晴らしかった。
🍀秋吉久美子の案内人に高倉健の小隊が、感謝の敬礼をするところが、感動ものでした。この映画、多分 船橋三田会・映画鑑賞会に参加していなければ見ていませんでした。見ることができて、良かったです。
●これは日本映画の大作だと思いました。ぜひ、海外の人にも見てもらいたい作品です。
◇TOHOシネマズが特に素晴らしい傑作映画を選び、上映している「午前10時の映画祭」の作品の一つ、「八甲田山」を観ました。演技、カメラ、音楽、どれをとっても一流でした。
皆さんの採点は、91点! 高得点でした!

名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!!
酒もうまいです。


 1907011 1907012←写真クリックで拡大

                      文責 小野民平(S47年商卒)