FC2ブログ

「船橋三田会 第21回親睦ゴルフ大会」からのレポート 

春の天気は変わりやすいもの。其の変わり具合で泣き笑いいずれかとなりますが、さすがに船橋三田会は善行者の集まり! 数日前までの雨模様との予報が覆り、第21回大会はこれ以上は望めないようなゴルフ日和となりました。
桜はほころび木蓮や、こぶしその他の花も咲いて笑顔一色。 (I.N.記)

▼▽写真をクリックすると画像が拡大します
IMG_0596●
続きを読む
スポンサーサイト



会報「絆」への原稿を募集します 

船橋三田会では会報「絆」第2号を5月下旬発行を予定しています。
会員の皆様のご意見等をもとに編集したいと考えております。
奮ってご応募下さい。

原稿のあて先は以下のアドレス宛へお願い致します。
funabashimitakaijimukyoku@yahoo.co.jp

事務局のコメント欄へ

船橋三田会 会報「絆」編集委員

続きを読む

慶應三田会のこと・・ 

先日、当会幹事長 上野光一君よりお借りした本「慶應三田会-組織とその全貌」が
とてもおもしろい内容でしたので、一部抜粋してご紹介致します。 以下です。     幹事

なぜ慶應は結束力が強いのか
慶応義塾の同窓会がいつ始まったかは定かでない。
徳川幕府の時代の終末を象徴する上野彰義隊の戦いの当日も勉強を続けた塾生たちが、
十年後に再会するのを祝する福沢[諭吉]の書面や、神戸在住の塾生の集まりへの福澤の書簡が残されている。
これらを読むと、福沢が早くから、卒業生同士の交際や助け合いを、学校活動の本質的な
役割のひとつとして強く奨励していたことがわかる。
続きを読む

Pドラッカー読書会のご案内 

日本ドラッカリアンの会を中心的に運営している佐藤等さん(公認会計士、札幌在住)とのご縁でこの4月より(全10回)P.ドラッカー著書の読書会を開催することとなりました。
現在この読書会は、札幌、函館、帯広、旭川といった北海道の主要都市で定期的に開催されています。開催回数も100回を超え、累積受講者も千名に迫っていますが、本州上陸は今回初めてとなります。
この会では、全世界の経営者に広く読まれ、マネジメントを発明した人物として名なドラッカーの著作を佐藤氏と共に研究していきます。
また、途中ドラッカーの著書を数多く翻訳したことで知られる上田惇生先生(慶応経済学部卒)もゲストとして3回お招きする特別な読書会です。
ご関心のある方へ船橋三田会浅見宛にご連絡いただければ幸いです。

続きを読む