FC2ブログ

「映画鑑賞会」からのレポート  

「グラン・トリノ」を見ました。
この映画でイーストウッドは、朝鮮戦争への出征経験のある元自動車修理工の頑固な老人ウォルトを演じています。移民を軽蔑していたウォルト・コワルスキー、しかしある事から隣家のアジア系の移民の青年タオと親しくなり次第に世代や人種を超えた父子、兄弟、友人のような存在になっていきます。

アメリカは銃が当たり前の社会。銃で始まり銃で終わるというイーストウッドのいつものアメリカ物語も結局は力だけが全てではないと語っているようです。今回は「東洋の美学」みたいな世界観を感じる印象深い映画でした。

イーストウッドは子供の頃からテレビで「ローハイド」のロディ役の頃からファンでしたので、この映画で観られるのが最後だと思うと少々寂しい感じもします。又素晴らしいエンディングは彼自身の最期を暗示しているようにも感じました。 「息子とどうやって付き合えば、良いのか判らなかった」と無宗教の男が懺悔で言っています。宗教のあり方を問うているようでもあり、この言葉も強く印象に残りました。
    F.N

グラントリノ
スポンサーサイト



ゴールデンウイークは神宮球場の「学生席」で応援しよう! 

春の東京六大学野球シリーズが開幕し、神宮球場で毎週熱戦が繰り広げられています。
船橋三田会では昨秋「慶應義塾を優勝させよう会」を発足させ、慶應義塾大学野球部を応援する会を実施いたしました。
今シーズンも、その第一弾として、5月3日(日)の慶應―東大戦の観戦応援会を開催いたします。
あの「学生席」に陣取り、久々に塾生気分に戻って大声で「若き血」を歌い、「陸の王者慶應」を応援しようではありませんか!
ご家族、ご友人お誘い合わせのうえ、奮ってご参加ください。
「慶応義塾を優勝させよう会」実行委員 佐藤修. 見崎一郎
「慶應義塾を聴く」 「東京六大学野球 公式サイト」
続きを読む

第78回慶早レガッタ応援記 

4月19日(日)、応援の甲斐有って見事栄冠に輝き、
悦びの余り祝杯を存分に重ねました(註1)。
“もう負けられない慶應”
之は軒昂たる意気込みを感じさせる、ケイスポのTop見出し。
応援に駆けつけた僕達4名(註2)は、学生応援団と共に気勢を上げて、時間が迫るに及び、桜橋は観衆が埋め尽くし、墨田の水は清く澄んで波高からず、熱気弥増す頃には風も下流側からの順風に変って勝利の予感。 S28経  宮崎 靖司

keioboat.jpg
続きを読む

ゴルフ同好会便り 

4月10日、親睦ゴルフ大会が開催されました。会場は名門『浜野ゴルフクラブ』。
当日は早朝から雲ひとつ無い青空、気温はこの時期としては高目の23度と初夏を
感じさせる日となりました。はやる気持ちを抑えるべく、先ずはモーニングコーヒー
でもと2階レストランに上がったところ雄大なコースのパノラマビュー。否が応でも
「今日こそ好スコアを・・」という気持ちにさせます。(文責 鈴置)
参加メンバー1
続きを読む

4/19(日)早慶レガッタ観戦応援会募集 

皆様
船橋三田会の「慶應義塾を優勝させよう会」の佐藤修です。
春の訪れとともに、また「若き血」が燃えるシーズンがやってまいりました。
その第一弾として、早慶レガッタ観戦応援会を企画いたしました。
春のうららの隅田川で行なわれる伝統の早慶対抗ボートレース!
今年で78回目を迎えます。慶早両校応援指導部の応援合戦が行われ、
大いに盛り上がります!
全力でオールをふるう慶應義塾の選手諸君を一緒に応援し、
肩を組んで「若き血」を歌いましょう!
佐藤 修 (「慶應義塾を優勝させよう会」)
早慶レガッタ1
続きを読む