FC2ブログ

5月のお薦め映画 

○『わが母の記』  (邦画・松竹) 118分

 土砂降りの雨の中、若き母と主人公(13歳)が道を隔てて対峙するシーンで映画は始まります。主人公は5歳から13歳まで親元を離れ、伊豆の山奥で祖母(戸籍上の祖母で実際は曾祖父の妾)に育てられた過去があり、自分はその時に母に捨てられていたという想いがあります。そんな母子のぎごちない関係と、主人公の心象風景が、絵画のようなワンショットで見事に表現されています。

 このように母に対して複雑な想いを持つ主人公が、成長して人気小説家(役所広司)となり、50歳を過ぎて父を看取った後、妹(南果歩・キムラ緑子)や家族とともに、痴呆が進む老母(樹木希林)を引き取り、看取るまでの24年間(1959年~1973年)を描いた作品です。

 原作の井上靖『わが母の記』は随筆のような自伝小説で、特別にドラマチックなストーリーはありませんが、この映画では、母子の葛藤という部分をドラマの軸にして、特に終盤には、原作にない映像的な見せ場を創造して、映画として感銘深いものにしています。

とはいえ、安易に感動を押し付ける(泣かせる)映画ではありません。基本的には、家族が織りなす日常スケッチを、美しい自然描写とともに淡々と描いた作品で、原作の雰囲気を壊す事なく、その風格と抒情性を上手に映像化した、とても繊細な文芸映画です。昭和30年代の生活描写も見どころのひとつです。

 大変上質な日本映画だと思います。樹木希林、役所広司、キムラ緑子、宮崎あおいが好演で、映像も大変美しい。特筆すべきは音楽で、大変ストイックでありながら効果的。バッハのヴァイオリン協奏曲を上手に使用しています。

 わかりやすい娯楽映画を好む方にはお薦めできませんが、味わい深い映画がお好きな方には絶対お薦めです。この作品は、映画館の暗闇で集中して見てこそ真価を発揮します。まさに「鑑賞」するという言葉がふさわしい映画だと思います。

 ※近日開催の映画鑑賞会の対象作品ですので、私の採点は控えさせていただきます。

                       H24.5.21 映画鑑賞会 上田則夫(記)
スポンサーサイト



「サイエンスカフェinふなばし」が、JSTのwebサイトのサイエンスカフェカレンダーにも掲載されました! 

JSTとは、独立行政法人科学技術振興機構の 略称で、「文部科学省傘下」の独立行政法人です。
(JSTのホームページで活動内容がご覧いただけます。)
↑クリックでHPへ


JSTのWEBサイトに、全国の「サイエンスカフェ」のカレンダー(月別)が掲載され、
7月版には、船橋三田会の企画が紹介されています。

サイエンスカフェ ←クリックすると開催予定が見られます。

JSTのWEBサイト(7月版)では・・・
◆カフェ名称・タイトル : 第5回サイエンスカフェ in ふなばし「ホタルはなぜ黄色く光るの?~不思議な自然現象の謎解きにチャレンジ!~」
◆主催者 : 船橋三田会  と紹介されています。

さらなる驚きは
①カフェ名称・タイトルの”記載文字(第5回サイエ・・・)”をクリックすると、船橋三田会ブログの『第5回サイエンスカフェinふなばし』の掲載記事ににつながります。
②主催者の”船橋三田会”をクリックすると、船橋三田会ブロへつながります。 

JSTのきめ細かな気配りが感じられます。
船橋からの発信メッセージ『ホタルの黄色い光』とともに、サイエンスの夢が一人でも多くの皆さまへ届きますように・・・。
       ☆      ☆      ☆      ☆      ☆

【JSTと船橋三田会の繋がり】

■「サイエンスカフェ in ふなばし」の企画は、平成20年から始まり、今年は第5回目の開催となります。
船橋三田会では過去2回、連続でJST公募プログラム「科学コミュニケーション連携推進事業、草の根プログラム」に採択されました。

□成果報告会で、船橋三田会の井上会長が発表された様子です。
船橋三田会のブログ記事≫ ←クリックするとブログが見られます。

尚、今年はJST『草の根プログラム』の企画が中止となり、公募はありません。

                          H24.5.13 船橋三田会 幹事(記)
続きを読む

福澤先生ウェーランド経済書講述記念講演会の開催ご案内 

慶應義塾では、『ウェーランド経済書講述記念日』にあたり標記記念講演会を下記の通り挙行いたしますので、ご案内申し上げます。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

                記

日 時:2012年5月15日(火)14:45~16:15(14:00開場)
会 場:三田演説館

講 師:米山光儀 (教職課程センター教授、福澤研究センター所長)
演 題:「修身要領」再考

入場無料:申込不要
 URL :http://www.keio.ac.jp/ja/event/201205/kr7a43000009sid4.html ←クリックでリンク

                 H24.5.8 ふなみた会報[6] 船橋三田会幹事(記)