FC2ブログ

<創立15周年>平成24年度 船橋三田会総会・落語会・懇親会のご案内 

船橋三田会は、今年で創立15周年を迎えました。
本年度は、総会終了後、初めての企画として「落語会」を行います。

1. 日時: 
平成24年10月20日(土)(受付開始 16:30)
   第一部 総会  (17:00~17:25)                           
   第二部 落語会 (17:30~18:25)                
       ~慶應義塾大学・落語研究会から男女3名が、生出演!!~             
                      ↑ クリックで落語研究会へ
   第三部 懇親会 (18:30~20:00)                
       ~”KEIO常識ABCクイズ”に挑戦!!~

2. 場所: クロス・ウェーブ船橋   
      住所 船橋市本町2-9-3 電話番号 (047)436-0111
   *)総会は2階の大研修室、
     落語会・懇親会は4階の大レストラン「デ・ボ・ジュール」で行ないます。

3. 会費: 8,000円

詳細は、近々に会員の皆様へ資料をご郵送致します。 
ご多忙中、大変恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますようお願い申し上げます。


                               H24.8.30 船橋三田会 幹事

   
スポンサーサイト



写好会のおもしろい企画ですね! 

写真展、大変おもしろい企画です。

◆来場者にどの作品が良かったか投票してもらう!
⇒見に行った人も写真展に一緒に参加した気分・・・・、 共に感動できそう!!

≪写好会(船橋三田会/写真同好会)の開催お知らせブログに、コメントが寄せられました。
この度、事務局からご紹介させていただきます。≫

◆写好会の開催は間もなくです。
 8月28日~9月2日まで
詳細は、こちらから。 ←クリックしてください

ご参考までに下記に「コメント」をご紹介します。
          H24.8.26 ふなみた会報【8】 船橋三田会幹事 井町(記)


【写好会 2012.08.16】
写好会の第3回写真展が月末に迫って、最終打ち合わせを行った。
直前にひとり休会したので4点の写真のスペースが空いた。
写好会メンバーの中で3人はベテランである。
その一人中川氏から金環日食の2Lの写真4点をワイド四つの3点にしたら、と薦められた。
一人4点のところ6点の出品になってしまい、おこがましいのでベテラン諸氏こそ増やすように、と辞退したが、ベテラン3氏が挙って薦めてくれたので甘んじて受けることにした。

続く飲み会で、昨年の来場者が600人余だったことから、今回は来場者にどの作品が良かったか投票してもらおうという提案が出された。
遊び半分でも面白いので採用することになった。
人気投票はひょっとして市民ギャラリーを会場とする作品展で流行るかもしれない。
今回の投票で最高得票を狙うには作品に自信が無いので、知り合いを動員してお願いしなければ、と選挙のような気分になる。
どの写真が得票を集めるか予想するのも観賞眼を増すことになるかもしれない。


    ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

「第5回サイエンスカフェ in ふなばし」当日配布資料のご紹介! 

◇西山繁教授(慶應義塾大学理工学部化学科)による自然現象の謎解きでした。
「ホタルはなぜ黄色く光るの?」
当日の講演内容を、振り返ってみましょう!
(平成24年7月14日開催)

■第1部
・まずはじめに、生物がつくる「化学物質」、なぜ生物は化学物質をつくったか?
・ホタルはなぜ光る ⇒ ホタルが光る理由として考えられていること
・発光反応、発光機構の概要。(少し専門的な内容でした・・・)
・ホタルの仲間もいました。
西山先生資料①  西山先生資料②

★さあ、実験です!
 部屋を暗くして、ホタルの黄色い光を再現しました。
 その様子は、「ここから←クリックでリンク

■第2部
・ホタル生物発光の応用
・黄色い光の原理から赤い光の活用へ。光の波長を長くし、医療に役立てます。
・電気分解で色をつくりました(第3部)
西山先生資料③  西山先生資料④ 

☆なんでも質問コーナーでは、小学生からあっと驚くような質問や、大先輩のはるか昔のホタル談話まで多くの方から様々な質問があり、西山講師は一つひとつ分かり易くご対応されました。

◇講師:西山繁研究室をご紹介します。
西山研究室では、天然物合成化学の研究をしています。
   ↑ クリックで研究室紹介へ
サイエンスカフェ当日、助手をして頂いた河 皓平さん、土屋 文香さんのお二人のほか12名の研究生がいます。
抗菌、抗がん、抗真菌あるいは酵素阻害活性などの重要な生物活性を持つにもかかわらず入手が困難な天然有機化合物を化学合成し、この研究をさらに展開してより強力かつ低毒性の人口活性物質を創製する。
また、電気エネルギーを活用した環境に優しく、通常の手法では不可能な反応を行う有機電解合成法を研究しています。
西山研究室①  西山研究室②

H24.8.11 船橋三田会幹事 井町(記)




「第5回サイエンスカフェ in ふなばし」 アンケート結果のご報告です! 

7月14日(土)に開催 クリックでその時の様子へ
テーマは、「ホタルはなぜ黄色く光るの?」

  ~不思議な自然現象の謎解きにチャレンジ~  
    〈講師:慶應義塾大学理工学部化学科 西山繁教授〉
・・・あの時の興奮が、思い出されます。


当日、多くの方にアンケートご協力を頂き、集計結果がでましたのでご紹介します。
【アンケートの内容】
・参加された方々の年令は?
・参加した理由は?
・「第5回サイエンスカフェ in ふなばし」をどこで知りましたか?
・ホタルはなぜ黄色く光るの?  なぞは解けましたか?
・実験はおもしろかったですか?
・次回、聞きたい話は?

尚、回答者数73名、有効回答率81%でした。
アンケート①500

◎アンケート結果はさらに続きます。
続きを読むへ進んでください

 ↓                  H24.8.11 船橋三田会幹事 井町(記)
 ↓
続きを読む

第3回写好会写真展のご案内 

3回写好会写真展のご案内

 

烈日巡る向日葵の花、麦藁帽子が仰ぎます

本格的な猛暑がやってまいりましたが、皆様ご健勝のことと存じます。

さて、船橋三田会の写真愛好家の同好会「写好会」も発足して早4年を迎えようとしております。おかげさまで、今年も下記のとおり、第3回目の写真展を開催する運びとなりました。

まだまだ、技術的には未熟ではございますが、会員は皆、自由に好きなものを撮って楽しんでおります。是非、ご来場を頂き、忌憚のないご意見、ご感想等をお聞かせ頂ければ、幸甚に存じます。

なお、写好会は、毎月第3木曜日 17:30より、船橋勤労市民センターにて例会を開催、写真撮影の基本を学びながら、会員作品について意見を出し合ったりして、切磋琢磨しつつ写真撮影の知識や技術の向上を図っております。初心者の方、或いは興味ある方は是非ご連絡下さい。

 

                船橋三田会 写好会

                代表 中川迪生

 

    会 期  平成24828日(火)~92日(日)
                  1018時(但し、最終日は17時まで)
 ※  場 所  船橋市民ギャラリー 3F  第3展示室

      本町2丁目スクエア21ビル3F

      電 話 047(420)2111

         JR船橋駅南口より徒歩約5分
                  (スクランブル交差点角)
 ※  出品者  会員11
    テーマ  自由課題   一人4点出品  

                    以上


                  

親子で学ぶ「オレオサイエンスフェア」のご紹介! 

-親子で学ぶオレオサイエンスの教育と展示の祭典-
美しく、健康で、清潔な生活のために

「日本油化学会」の創立60周年記念事業として、オレオサイエンスフェアが開催されます。
慶應義塾大学の日吉キャンパスで開催されますので、皆様へご紹介します。

◆日時:2012年8月3日(金)~4日(土) 9:00~16:30
(3日 8:40~9:00にオープニングセレモニー)

◆会場:慶應義塾大学 日吉キャンパス

遊び、実験、デモンストレーション、クイズや、シンポジウムなどを通して、私たちの日常生活とオレオサイエンスとの深い関わりをご認識いただく良い機会になると思います。

小中学生から大人まで楽しめます。
知る・見る・楽しむ「オレオサイエンス」をぜひ体験されてください。

・詳しくはオレオサイエンスフェアホームページ
       ↑クリックでHPへリンクします


◎7月14日に開催された「第5回サイエンスカフェ in ふなばし」(講師:慶應義塾大学理工学部西山繁教授)のホタルの黄色い光が思い出されます。
皆様、是非「オレオサイエンス」との出会いの機会をお楽しみください。


H24.8.1 ふなみた会報【7】 船橋三田会幹事 井町(記)

7月のお薦め映画 

◆お薦め作品がなく6月はお休みさせていただきました。
7月になって、期待の『アメージング・スパイダーマン』も70点の出来で、今月もお休みさせていただこうかと思っていたのですが、まったくノーマークだった低予算の小品が面白くってびっくり。
というわけで下記の2作品です。


〇『崖っぷちの男』(米) 104分
たまにはスカッとした娯楽映画を楽しみたいという方にお薦め。
B級サスペンス映画の快作です。
朝、ルーズヴェルトホテルの21階にチェックインした男(『アバター』のサム・ワーシントン)は、ルームサービスでシャンパンと朝食を注文。
食事を終えると、指紋を全て消し、窓を開け、窓枠を乗り越えて、ビルの狭い縁に立ちます。
下はニューヨークの雑踏。
飛び降り自殺をほのめかす男の出現に、街は騒然となり、ニューヨーク市警が駆け付けます。男の目的は何か。
話は1か月前にさかのぼります…。
これ以上の予備知識はなしでご覧下さい。
とはいえこれではどんな映画かわからないかもしれませんね。
ジャンルでいえば犯罪(クライム)映画です。
名優エド・ハリスが演じるすごい悪役が登場します。
ともかく脚本が巧みで1時間42分あきさせません。冷静に考えれば突っ込みどころ満載の粗いストーリーなのですが、よけいな事考えるひまを与えない展開で観客をひきずりまわします。
サービス精神満点の第一級のB級映画であります。
高所恐怖症の人には辛いかもしれませんが、ゾクッとして暑気払いに最適です。
(私の採点は80点)

〇『リンカーン弁護士』(米) 119分
面白いです。
リンカーンコンチネンタルを事務所代わりにする弁護士ミック・ハラー(マヒュー・マコニヒーが好演)を主人公にした法廷ドラマ。
80年代を思わせるソウルミュージックで小気味よく始まるオープニングはまさにB級映画テイスト。
主人公は、不真面目なチョイ悪弁護士?ですが、実は悪を憎む正義漢。
離婚した妻や娘にも愛されています。
そんな主人公の魅力がこの作品の面白さのひとつ。
そしてもうひとつの大事なポイントは、悪役の徹底的な極悪ぶり。
上記『崖っぷちの男』もそうですが、悪役が良い?と話が盛り上がります。
法廷ドラマですから内容をあまり語れませんが、大変良くできたストーリーだと思います。
お気軽にお楽しみください。           
(私の採点は78点)

                        H24.7.31 上田則夫 (記)