FC2ブログ

船橋市中央卸売市場・見学会のご報告 

 11月16日(土)、船橋市中央卸売市場の見学を行いました。参加者16名、うち会員外3名で、会員のご家族も参加されました。
個人ではなかなか訪れにくい市場の見学ということで、皆さんはとても興味を持って、朝8時45分に集合しました。
 まず、解説員(船橋市役所の職員)の説明を伺いながら、青果市場(野菜、果物)を見学しました。
 取引のロットの大きさに驚き、みかんの格付けの説明に感心したり、今まで知らなかったことを色々と学ぶことが出来ました。参加者からは質問が活発に出て、とても充実した時間となりました。
 続いて、水産物市場(魚、貝)です。マグロなどのセリは毎日午前5時から行われるそうです。参加者一同は、マグロのセリの場所に並んで記念撮影をしました。
セリで落とされた大きな一本のマグロは、解体されて市場内の仲買人の店舗に並べられ、小売店、寿司屋などがそれらを仕入れるそうです。マグロ、ブリ、タコなどのお刺身や海老、カキなどが並んでいる店先を見て回り、次に4階建ての大冷蔵庫棟の内部を見学しました。魚の鮮度を保つためにマイナス50度になっていて、まるで北極にいるようで早々に外に出ました。
 青果物加工センターはスーパーマーケットの要望に応えて、みかんやリンゴ等をすぐ売り場に並べられるように袋に詰めて出荷しています。
 また、市場内には、市場で働く人、仕入れに来た人の利便を考え、食堂、食器・雑貨店、床屋などの店舗群も充実しています。
 約1時間の見学後、市場内の食堂で「出来立ての海老フライ」等を食べて、解散となりました。

【参加者のアンケート結果】
◆解説員の説明がわかりやすかった。(回答者 15名 全員)
◆見学会の全体的な評価は、「良かった。」(回答者 15名 全員)

○市場の仕組みがよく理解できた。
○とても楽しく、また勉強になりました。
○仲買人のブース、冷蔵庫の内部など色々な場所が見れて良かった。
○ふだん一人ではなかなか来れない場所で、今回の見学会は好企画でした。
○今度は、お刺身を買いに来たいです。

[今回の参加者 16名] (敬称略。☆印は2名で参加。) 
                    
古井丸 雄彦(昭31文)、中川 迪生(昭32法)、☆上東野 幸男(昭36経)
内田 俊介(昭38商)、 野口 耕助(昭45商)、☆渡辺 勝範(昭45商)、
☆井上 愼一(昭48経)、井町 臣男(昭48工)、 見崎 一郎(昭49政)、
佐藤 愛 (平9文)、  関 隆彦 (平11法)、 篠田 和男(昭60商)
小野 民平(昭47商)、 

今回の企画は、船橋三田会会員の篠田 和男さん(船福 常務取締役、卸売市場 理事)のご発案で、また実施に当たり大変ご尽力いただきました。
最後に、船橋市の職員の方には、大変お世話になりました。改めて、御礼申し上げます。

市場1 市場2 市場3
市場4 市場5 市場6
市場7 市場8 市場9
市場10
 ↑写真クリックで拡大します

                  文責:小野 民平(昭47商卒)
                  
スポンサーサイト



第9回 映画鑑賞会のご報告 

誰が観ても理屈抜きで、楽しい映画です!
開催日 2013年11月10日(日)
作品: 清須会議 (日本映画)
会場: 市川コルトンプラザ TOHOシネマズ 

今回の『清須会議』は、コメディー作品で有名な三谷幸喜が時代劇に初めて取り組んだ話題映画として、公開前からTV等で盛んに取り上げられました。

映画『清須会議』の参加者6名の評価は、73点。

【参加者のコメント】
◆まさに三谷ワールドです。映画として面白かったです。この映画は名古屋弁が沢山でてきます。私は名古屋出身なので、全く問題ありませんでしたが、観客が全部理解できるのか、ちょっと気になりました。(陰の声:大丈夫。理解できました。
◆コメディー的であって、しかし歴史の事実を押さえるところは押さえている、楽しい映画でした。人間の欲と権力は、いつの時代も同じだと感じました。
◆秀吉の人物を面白く表現されていて、面白かった。
◆「笑い」は真面目さが基本。この映画は、やや軽過ぎることで、面白さが半減。
◆時代劇としては、とてもユーモアがあり楽しかった。
◆従来の三谷幸喜の映画は、おふざけが多かったが、『清須会議』は、そうでもない。
しっかり時代劇として制作されて、時折ユーモアを入れていて、歴史ファンも、そうでない人も楽しめる「面白い映画」でした。


 今回の参加者 (6名): ☆印は初参加。
   ☆渡辺 勝範さん(昭45商)、 和田 英男さん(昭48商)、 
    見崎 一郎さん(昭49政)、 丸尾 寿嗣さん(昭49商)
    佐竹 洋一さん(昭54商)、 小野 民平 (昭47商) 

  映画①  映画②
   ↑写真クリックで拡大します

                 文責 小野 民平(船橋三田会・映画同好会)

神宮・慶早戦応援観戦会のご報告 

11月2日(土)神宮球場にて船橋三田会恒例の「慶早戦応援観戦会」を行いました。
朝10時30分、総勢10名の精鋭が3塁側11番ゲート前に集結。
「打倒早稲田!」を合言葉に内野応援席に乗り込みました。
慶應はエース白村、早稲田もエース有原が登板。伝統の一戦はエース対決で熱戦の火蓋が切られました。
途中で雨が降ってきましたが、試合は淡々と進み結局2対0で慶應が惨敗いたしました。
残念ながら慶應の打撃は今ひとつ振るわず盛り上がりにかける試合運びとなってしまいましたが、慶應の3塁側スタンドからは最初から最後まで大きな声援が送られました。

試合のあとは場所を三田に移して「つるのや」で2次会を行いました。
皆、塾生気分に戻って大いに盛り上がり、親睦を深めることができました。
「来春こそは慶應義塾を優勝させよう!」と意気をあげ、散会いたしました。

最後に、今シーズンの慶早戦でも慶應義塾大学応援指導部の塾生諸君には大変お世話になりました。改めて御礼申し上げます。

船橋三田会 慶早戦応援観戦会実行委員会記


↓写真クリックで拡大します
慶早戦① 慶早戦② 慶早戦③
慶早戦④ 慶早戦⑤ 慶早戦⑥

        ☆      ☆      ☆      ☆      ☆