FC2ブログ

12月のお薦め映画② 

〇キャプテン・フィリプス(米) 2時間14分

 面白いです。サスペンス映画の傑作だと思います。
 ソマリア湾で米国籍コンテナ船が海賊に襲われ、船長が人質になるがアメリカ海軍特殊部隊によって4日後に救出されたという、2009年に実際にあった事件を、ドキュメンタリータッチで描いた作品です。
 最後に船長が生還できる事はわかっているのですが、とにかくソマリア人の海賊が、ハイテンションで怖いですし、臨場感たっぷりの映像に、ハラハラドキドキ、胸が痛くなりそうな緊張感がラストまで続きます。その強烈なサスペンスは『アルゴ』に負けていません。
 とはいえ単なるサスペンス映画ではありません。船長を演じたトム・ハンクスの演技が素晴らしく、また海賊のリーダーを演じた若者(無名のアメリカ系ソマリア人)の演技も大変良くて、この二人の対決が、この作品を人間ドラマとしても奥深いものにしています。
 今年度のアカデミー賞で、作品、監督、脚色、そして主演男優賞の最有力候補になる事は間違いないと思います。是非ご覧下さい。     (私の採点は92点)
                                                                                 
〇ゼロ・グラビティー(米)1時間30分

 秀作だと思います。遊泳中のトラブルで宇宙に放り出された宇宙飛行士のサバイバルを描いた映画です。
 上映時間は大変短く90分。出演者も、ジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロックの2人だけ。しかもほとんどがサンドラ・ブロックの一人芝居です(その演技はさすがの貫禄で、アカデミー主演女優賞候補は間違いないでしょう)。
 この作品の何が凄いかといえば、宇宙空間を描いた特殊撮影です。私は、船橋ららぽーとに新しくできた、最新式の大画面(なんと縦10m×横18m。70ミリ映画を近くで見る感覚です)、大音響の劇場(スクリーン4)にて3Dで鑑賞しましたが、『アバター』以来の衝撃体験でした。映画史に残る映像だと思います。
 といっても単なる宇宙体験のアトラクション映画ではありません。シンプルなストーリーですが、人間の「生と死」を考えさせるような深い内容を持った作品です。
 「グラビティー」とは重力という意味だそうですが、ラストにその題名の意味が分かります。この作品も、上記の『キャプテン・フィリプス』同様、今年のアカデミー賞で大きな話題になると思います。
 できるだけ大画面で、そして必ず3Dでご覧下さい。  (私の採点は90点)

(上田則夫 昭和55年卒)





スポンサーサイト



12月のお薦め映画① 

『永遠のゼロ』(邦画)

この映画は、私の「今年一番の秀作」といえる作品です。

 終戦から60余年たった日に、健太郎(三浦春馬)は死んだ祖父の生涯を調べていた。祖父の宮部久蔵(岡田准一)は海軍の航空兵で、最後は特攻隊員としてゼロ戦に乗り戦死した。
いったい、祖父はどういう人だったのか、生存している祖父の戦友を訪問して、その話を聞いた。
 ある戦友は、「宮部は海軍一の臆病者だった。」と吐き捨てた。
 また他の戦友は、「宮部さんは天才的な操縦士だった。」と。
宮部久蔵は、「内地に残した娘に会うまでは死ねない、妻(井上真央)との約束を守るために。」そう言い続けた。それなのになぜ自らゼロ戦に乗り命を落としたのか。健太郎にとって疑問が残った。やがて、明らかになる真実とは。
主人公の宮部久蔵は、あの時代には珍しく自分の妻や子どもへの愛情をはっきり言葉に表す人だった。そんな彼も戦争という時代に呑み込まれ、悩み、苦しみことになる。
 戦時中のことは、戦後生まれの私には直ぐに理解するのは難しい。それでもお金を出せば何でも手に入る現代に生きていても、一番大切にしなければいけない『こと』とは何なのかをこの映画は教えてくれる。
 山崎 貴監督は、『ALWAYS三丁目の夕日』で評判の監督だ。今回の『永遠のゼロ』(百田尚樹著)は、300万部のベストセラーの映画化だが、原作の感動を余すところなく映像に映し出すのに、みごとに成功している。
 戦争、軍隊の生活も正確に描かれていて好感が持てた。
このお正月にご家族で、ぜひ映画館で観ていただきたい作品です。

              ( 文責:小野 民平・昭47商卒)

第37回船橋三田会、ゴルフコンペ報告 

第37回船橋三田会ゴルフコンペが素晴らしい青空の下、12月12日(木)レイクウッド総成カントリークラブで開催されました。
19番ホールの懇親会(&忘年会)は、地元に移動し「なべ三」にて行いました。
今回、船橋三田会ゴルフ会ルールで栄えある7位のブログ掲載原稿担当者は永井廉様です。
届きました原稿を下記掲載します。

         ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

 30年ほど前の話です。アメリカ本土の流通業界をレンタカーで視察途中にひょいとゴルフ場に入りプレイをする事がありました。テキサス州ダラスでハンサムプロゴルファーのファジー-ゼラーに似た中年男性と一緒に回りました。プレイが終わっての別れぎわに彼は「君はすばらしい素質の持ち主である。それを開花させるには、3つのことを意識しなきゃいけないよ。リラックス、モアスロウリー、クールヘッドだ。今日のところは残念である。」

 船橋三田会のゴルフ会に参加させていただいてかれこれ7年くらいになります。私の観察する船橋のゴルファーの皆さんは12月12日の成績表にも記されていますが大波関係者の多い会です。過去のデータを見ると過去対現在も大波の方がどなたかよくわかります。コンペにはつきものの大波賞小波賞が船橋にはありません。どうしてないのかな。あれば大波賞は前後9差の方(山本さん)のものでした。
 大波の片割れハーフはゼラー氏の3つの意識を忘れているのだとは誰でも終了後に気づくこと。問題なのは素質の片鱗の見えるもうハーフでしょう。ナイスショットが2回続いていとも簡単にパーが取れたりすると己の実力はこちらなのだと思いたくなるのが大波一族のメンタリティです。一族に共通するのは「練習しない。してもプレイ当日スタート前」です。「フェアウェイが練習場だ」と言う人もいます。
 親睦ゴルフで大切なことは一にマナー、二に笑えることです。スコアはもちろん重要事項ですが興味深いのはその数字へ至る苦難の物語です。そこに共感が生じゴルフ絆が結ばれます。船橋のゴルフ会は宮崎会長の基本コンセプトを今回も守り19番ホール「なべ三」でも会長を囲み和気あいあいでした。来年は会長80歳の大台の年です。ますますお元気で楽しいゴルフの蘊蓄をご披露いただきたいと思います。
                                     千葉三田会 永井廉
            ★        ★        ★
◆当日の様子です。
 ↓写真クリックで拡大します。

 H25 12 12 ゴルフ① H25 12 12 ゴルフ② H25 12 12 ゴルフ③
 H25 12 12 ゴルフ④ H25 12 12 ゴルフ⑤ H25 12 12 ゴルフ⑥
 ①集合写真/②スタート前のミーティング/③初参加者お二人のご紹介
 ④宮崎会長のご挨拶/⑤乾杯/⑥優勝された中嶋一郎さん


◆今回優勝された中嶋さんは、OUT:45、IN:40のGROSS:85。べスグロでもあり素晴らしいスコアでの優勝でした。

                             船橋三田会幹事 ブログ担当