FC2ブログ

【耳寄り情報】 一般財団法人 吉澤野球博物館のご紹介 

この度船橋市に在勤の塾員から船橋三田会事務局へ「吉澤野球博物館」に関する耳より情報が届きましたので、会員の皆様にご紹介します。

             ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

「吉澤野球博物館」は、船橋市立西部公民館に隣接する博物館です。名前の通り第一展示室で“戦前の六大学野球をテーマにした史料の展示”、特に早慶戦を扱った展示を常時展示し、第二展示室では近代日本画中心の展示ギャラリーになっています。
当館は今春の3月30日をもちまして閉館となり、以後は理事長の意向により船橋市へ寄贈します。是非皆さんお尋ねください。

[会館のご案内]
場 所  : 船橋市本中山1-6-10 (地図は添付「リーフレット」ご参照)
開館時間: 午前10:30 ~ 午後4:00 (入館3:30まで)
開館日  : 火、水、土、日
入場料  : 大人500円  小人250円 (ギャラリートーク含む)
     *)中山おひなまつり参加期間中2/15(土)~3/3(月)までは、大人300円です。
     *)20名以上で団体割引となり500円⇒300円です。
  吉澤美術館チラシ表  吉澤美術館チラシ裏
  ↑クリックで拡大します
                            [船橋三田会幹事 広報担当]




スポンサーサイト



第10回 映画鑑賞会のご報告 

          第10回 映画鑑賞会のご報告
       「宇宙の旅」を体験できた「凄い!」と絶賛の作品
       開催日 2014年1月13日(祝・月)
       作品: ゼロ・グラビティー (米国映画)
       会場: ららぽーと船橋 TOHOシネマズ 


『ゼロ・グラビティー』は、宇宙と宇宙飛行士を描き、観客は「無重力の世界」を体験できる作品です。愛する人を失って心を閉ざして生きてきた女性が、絶望と恐怖を乗り越えて一筋の希望を見つけ出し、「再生」していく姿には感動しました。
映画『ゼロ・グラビティー』の参加者10名の評価は、90点。

【参加者のコメント】
◆映画館の広さと映画自体の迫力には絶大なる臨場感があり、感動的でした。 
 (今回は最新の大スクリーンと3次元音響の映画館で3Dでの鑑賞でした。)
◆宇宙開発先進国のアメリカでしか作成できない、アメリカらしい面白い映画。
◆これぞ3D映画!ぜひ多くの人に見てほしい。
◆素晴らしい映画で言葉も出ません。こういう映画を製作するハリウッドは凄いと思います。
◆「人間は一人では生きていけない。」
◆3D初めてでしたので・・・。皆さんに選んでもらわなければ、なかなか観ることのない作品かも・・・。
◆まさに「映画芸術」とは、こういう事だと思います。映像のダイナミズムと哀愁、そして「人間」というものを描く事。黒澤明が見たら絶賛したと思います。

今回の参加者 (10名): ☆印は映画のみ参加。敬称略。
 ☆赤井 長久(昭42商)、山本 光伸(昭47経)、井上 愼一(昭48経) 
  和田 英男(昭48商)、丸尾 寿嗣(昭49商)、見崎 一郎(昭49政)
  武藤 和行(昭50政)、佐竹 洋一(昭54商)、上田 則夫(昭55文) 
  小野 民平(昭47商)
    映画 ①    映画 ②
  ↑写真クリックで拡大します  
                     文責 小野 民平(船橋三田会・映画同好会)




佐藤拓磨さんの送別会開催 

佐藤拓磨さんの送別会を開催しました。
(1月11日土曜日 於 日本海庄屋(船橋FACEビル)
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いたします。

佐藤拓磨さん(法学部 准教授)
http://www.law.keio.ac.jp/staff/staff_jurisprudential/satou_takuma.html
以前船橋三田会役員として会の運営にご協力頂きましたが、今春3月よりドイツWürzburg (ヴュルツブルク)大学に在外研究に出られることになりました。
期間は2年間で、専門のみならず幅広く海外で研究をされてくるとのことです。

ヴュルツブルクはロマンチック街道に起点となり歴史的観光スポットも多いようですね。 佐藤さんからも「ヨーロッパ観光の際は是非お立寄り下さい」とのことです。

会のメンバーが海外で活躍されることは、大いなる刺激になります。
是非佐藤さんには海外からレポートお待ちしています。佐藤さんの更なるご活躍をお祈りしております! 
                                  (文責:浅見 H3経卒)

  佐藤拓磨さん 写真①  佐藤拓磨さん 写真②
   ↑写真クリックで拡大します




船橋三田会 井上会長 新年のご挨拶! 

新年明けましておめでとうございます。

 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
旧年中は船橋三田会の活動に多大なご支援、ご協力を賜りまして誠に有難うございました。
 昨年はアベノミクス効果が現れ、円安・株高が実現し、長年の課題でありましたデフレからの脱却も期待ができる状況になってきていると思われます。
 一方、隣国中国の経済力が巨大化する中で我が国との関係が悪化してしまい、米国のプレゼンスも低下する状況で、我が国を取り巻く地政学的環境がかなり不透明になっていると感じられるのではないでしょうか。
 このような混迷とも思われる時節においては、我々は福澤精神の原点に返るべきではと考え、本年春に慶應義塾福澤研究センターの新進気鋭の研究者を船橋にお迎えして“福澤精神研究会”を開催すべく準備を進めております。また時期がまいりましたら、ご案内を差し上げたいと存じます。
それでは本年も会員の皆様の交流の場として、地元船橋に密着した活動を続けてまいりたいと役員一同思っております。何卒、引き続きよろしくお願い申し上げます。
 皆様とご家族のご健勝を祈念して新年のご挨拶とさせて頂きます。

平成26年(2014年)元旦
船橋三田会会長 井上 愼一