FC2ブログ

船橋三田会エコ・ツアー高瀬下水処理場見学、スケールの大きさに驚き! 

(1)日 時 : 2015年2月18日(水)午後2時~3時30分
(2)見学施設: 船橋市 高瀬下水処理場(千葉県船橋市高瀬町56)
(3)今回の参加者(8名): 敬称略。 ☆は見学会のみ参加。
渡辺勝範(昭45商)、山本光伸(昭47経)、小野民平(昭47商)、
井町臣男(昭48工)、武藤和行(昭50政)、篠田和男(昭60商)、
☆見崎 一郎(昭49政)、 ☆槻谷 岳大(平18文)

(4)見学の様子
 船橋三田会の第1回エコ・ツアー として、高瀬下水処理場を2月18日に参加者8名で見学してきました。当日はお忙しい中、職員3名の方がご説明及び施設案内をとてもご丁寧にして頂けました。
 まず始めに、1階玄関フロアーに掲示されている“船橋市の下水道全体計画”パネル前に集合。高瀬下水処理場の説明パンフレットを頂き、船橋市内の下水処理区について話されました。高瀬下水処理場は、区域7,110haの44%を占める船橋市最大の処理区です。下水道の排除方式は主に分流式で、雨水は別管で集め汚水のみを下水処理場へ送り、一部の地域を合流式(雨水と汚水は同じ管)で整備しています。一日の処理量は約30,000トンで24時間稼働です。
 次に、施設の全体模型図前に移動。汚水の流入から放流までの工程順 [沈砂池⇒最初沈殿池⇒反応槽⇒最終沈殿池⇒塩素混和池⇒放流] に説明を受けました。初めて聴くお話に皆さん興味津々。質問が次から次へと噴出、初めての下水処理場見学に少し興奮ぎみでした。
 エコ① エコ② エコ③ 
 ↑写真クリックで拡大します
 いよいよ施設の案内です。まずは事務所の屋上へ上がり、汚水入口から各施設を通って出口までを上から見学。馬込沢駅あたりから自然落下で集水するため、ここの汚水入口は地下30mぐらいにあるとのことです。
 次に建屋の中へ移動し、まずは分析室へ。そこでメスシリンダーに入った①汚水、②汚泥の空気ばっ気の様子、③処理汚泥を静置した様子、④処理水を観察し、その処理水のきれいさに驚きです。次に見たのは、顕微鏡とテレビ画面に映された微生物。浄化に活躍する微生物の口のような動きを見て皆さんスゴイの一言(感動)。処理汚泥はセメント原料などとして再利用されています。
 その次に、反応槽へ送る太い空気移送管、返送汚泥管などがある長い長い通路を通ってさらに階段を上がり、やっと反応槽の上部へ出る。その広さはなんと巨大なことか。スケールの大きさに一同驚き。さらに以外や悪臭がしないことにまたまた驚きです。最終沈殿池の処理水の分離される様子を見てから屋外へ。放流前の塩素混和池見学で終了。2時から始まった見学会は、あっという間に3時半過ぎ。集合写真を撮り解散となりました。
第1回エコ・ツアーは、下水処理の実態を自分の目と耳と鼻で体験、大成功だったと思います。最後に職員の皆様大変お世話になりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 エコ④ エコ⑤ エコ⑥
 エコ⑦ エコ⑧ エコ⑨

           H27.2.23 船橋三田会 エコ・ツアー実行委員(記)





スポンサーサイト



第15回 映画鑑賞会のご報告 

      甲子園に台湾代表が出場したことを知っていますか?
      開催日 2015年2月15日(日)
      作品: KANO 1931 海の向こうの甲子園(台湾映画)
      会場: ららぽーと船橋 TOHOシネマズ

 台湾は、明治28年~昭和20年の50年間、日本の統治下にありました。
 1931年(昭和6年)、全国中学野球大会(現在の高校野球)・甲子園に、台湾代表として、日本人、台湾人(漢人)、台湾原住民による嘉義農林学校野球部(KANO)が出場を果たした。決勝戦まで進んだKANOは、1球たりとも諦めない感動的なプレイで大観衆の心を掴む。

映画『KANO 1931 海の向こうの甲子園』の参加者7名の評価は、91点。(高得点)

【参加者のコメント】
◆久しく忘れていた感動を何回も揺さぶられました。感動、感激、この点においては最高の作品ではないでしょうか。 

◆3時間の映画でしたが、あっという間に過ぎました。若者の甲子園をめざすというなかに、戦争の時代、台湾と日本の関係、その時代の人々の生き方と感じるものが多くあり、つい涙しました。この映画は実話を基にしています。ぜひ、皆さんに見てもらいたい作品です。

◆野球部の近藤監督(永瀬正敏)と選手たちの信頼関係に心を打たれました。厳しいが愛情を持った監督の熱血指導と、頑張って練習に励む生徒たち。そして半年、1年後…、弱小チームがたくましく成長していった。この映画が素晴らしいのは 単にスポーツドラマだけでなく、もう一方で当時の時代背景や台湾の農民の生活ぶり、日本人と台湾人のつながりなど見事に描かれている点です。音楽も映像も美しく、格調の高い作品になっています。

◆BGMが良かった。(野球の試合シーンを盛り上げていた。)

◆つくづく良い映画だと思います。製作者の「心の豊かさ」と「健全な精神」を感じます。

◆映画の題名がわかりにくかった。八田さん(大沢たかお)の功績と嘉農野球チームとの重なりの部分が印象深くならないのは、八田さんの事業の取り扱いが浅かったのではないでしょうか。

◆私は、いつも船橋三田会の映画鑑賞会で選ぶ作品を楽しみにしています。

今回の参加者 (11名): 敬称略。 ☆は懇親会のみ参加。
宮崎靖司(昭28経)、赤井長久(昭42商)、渡辺勝範(昭45商)
小野民平(昭47商)、丸尾寿嗣(昭49商)、武藤和行(昭50政)
上田則夫(昭55文)、☆和田英男(昭48商)、☆見崎一郎(昭49政) 
☆篠田和男(昭60商)、☆槻谷岳大(平18文)
↓写真クリックで拡大します
映画② 映画③ 映画④
映画⑤ 映画① 集合

              文責 小野 民平(船橋三田会・映画同好会)




福澤精神研究会「講演会」のお知らせ 

4月18日(土)、昨年ご好評を賜りました福澤精神研究会「講演会」を、本年度も都倉准教授を講師にお招きし開催することとなりました。

また本年度は、講演会後に「都倉講師の慰労会」&「懇親会」を設定させて頂きました。こちらは、先着27名に限定させて頂いております。ご参加をご希望される方は、講演会ご参加申し込みと同時にお願い致します。

■お申込方法
船橋三田会ホームページ「事務局」←クリックでアクセス)へアクセス。
 氏名、電話番号、所属、講演会参加又は講演会及び懇親会参加、他を記入申込。
②下記携帯電話へご連絡。
 船橋三田会講演会実行委員(井町携帯:090-8819-3705)

■詳細は、下記”チラシ”をご参照お願いします。          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

480縮小版チラシ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年開催した『講演会の様子』←クリックで見られます

H27.2.15 船橋三田会 講演会実行委員



2月のお薦め映画 

KANO 1931海の向こうの甲子園(台湾映画) 3時間5分 

日本人俳優が多数出演していますが台湾映画です。台湾では記録的な大ヒットだったそうですが、確かに大変良く出来た娯楽映画です。
1931年、日本統治下の台湾から、甲子園に出場した嘉義農林学校(通称KANO)野球部(日本人、漢人、台湾原住民の混在チーム)の話です。
1度も試合に勝った事のなかった弱小野球部が、元松山商業野球部監督の近藤兵太郎(永瀬正敏が好演)の指導により、たった1年で台湾大会を制覇し、甲子園の決勝戦にまで進むという、信じがたいサクセスストーリーですが、実話だそうで、映画のラストには、近藤監督や選手たちの、その後の人生が写真入りで紹介されます。
3時間5分の上映時間は大変長いですが、けっして退屈させません。前半は、台湾の代表校になるまでをテンポよく描き、後半は甲子園での試合となりますが、これが圧巻で、手に汗を握る対戦が展開します。甲子園でこんな試合が実際にあったのかと驚かされます。
この作品は、いわばスポーツ根性物語ですが、映像が大変美しく、ひたむきな若者たちの青春や台湾の市井の人々を繊細に描いて、叙事詩的な風格すらあります。そして日本統治下の台湾について、台湾の方々にとってプラスマイナスでいえば、プラスだった面をきちんと描いており、日本人には大変興味深いですし、また、人種問題や、後の第二次世界大戦も視野に入れて、内容的にも大変奥行きの深い作品となっています。
鑑賞の注意点としては、映像で語るタイプの映画ですので、説明不足で少々わかりにくいところがあるかもしれません。ある程度「映画の読解力」が必要です。また、上映時間が長いですのでトイレが近い方はお気を付け下さい。

この作品、知名度は低いと思いますが、私は、一昨年船橋三田会の映画鑑賞会で大好評だった『アルゴ』以来の掘り出し物だと思っています。老若男女、誰にでもお薦めできる映画です。是非ご覧下さい。見応え充分です。  
    (私の採点は86点)

[昭和55年文学部卒 上田則夫]





船橋三田会 平成27年度 年間イベントのお知らせ 

船橋三田会会員の皆様、平成27年度の年間イベントをお知らせいたします。
今年も盛りだくさんのイベントを開催してまいります。
ぜひ皆様お誘いあわせの上ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。
なお、個々のイベントの詳細につきましては、その都度お知らせしてまいります。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

                     船橋三田会 役員一同

【船橋三田会 平成27年度 年間イベント一覧】

・2月18日(水) エコツアー 高瀬下水処理場見学会         
・3月14日(土)  船橋三田会 新入会員懇親会 東魁楼本店    
・4月18日(土)  福澤精神研究会「講演会」  船橋市中央公民館   
・5月末      春季 華の慶早戦応援観戦会 神宮球場     
・7月11日(土)  サイエンスカフェinふなばし 船橋情報ビジネス専門学校
・8月 2日(日) 納涼会           サッポロビール 千葉ビール園     
・9月       年金セミナー                    
・10月4日(日) 船橋三田会総会・懇親会   クロス・ウェーブ船橋
・10月中旬    慶應連合三田会       日吉キャンパス    
・10月末     秋季 華の慶早戦応援観戦会 神宮球場     
・12月12日(土) 年忘れ落語会&忘年会    料亭「なべ三」      



船橋三田会 エコ・ツアー 高瀬下水処理場 見学会のお知らせ 

船橋三田会の会員の皆様へ

***************************
船橋三田会 エコ・ツアー 高瀬下水処理場 見学会のお知らせ
***************************

エコ・ツアー 『高瀬下水処理場 見学会』の参加者募集のお知らせです。
今回は船橋市内の一般家庭の台所、風呂場や工場から排出された下水を処理して海に流す施設を見学します。
みなさまのお申込みをお待ちしています。
(会員のご家族からのお申込みもお待ち致します)

1.見学する施設:
船橋市 高瀬下水処理場
(千葉県船橋市高瀬町56) TEL:047(432)9040

2.日時:
2015年2月18日(水)午後2時~3時30分 (約1時間半)

3.集合:
午後1時40分迄にJR船橋駅 改札口 集合。 小雨決行。

4.費用:
見学は無料。交通費は実費負担。

5.当日の予定:
■JR船橋駅前からタクシー相乗りで、下水処理場へ。(約15分、約1800円)
■見学時間は約1時間半 (午後2時~3時半)
■終了後は、下水処理場からタクシー相乗りで、JR船橋駅へ。その後、解散。
■希望者のみ、解散後 JR船橋駅周辺で懇親会を行います。

6.申込方法と申込期限:
(A) Eメール(theonos43@yahoo.co.jp  小野民平あて)で、お申込みください。
(B)その際は下記のうちどれを選択されるかも合わせご連絡下さい。
    ①施設の見学のみ、参加希望します。
    ②施設の見学および懇親会に参加希望します。
(C)申し込み期限は2月7日(土)です。

今回も愉しい見学会にしたいと思います。
多数の皆様のお申込みをお待ちしています。

幹事/小野 民平(携帯 090-3905-9873)

H27.2.1 船橋三田会 エコツアー実行委員(記)