FC2ブログ

江藤省三氏(塾野球部元監督)昼食講演会のお知らせ 

船橋三田会会員の皆様へ

この度、千葉三田会から講演会のご案内が、船橋三田会事務局に届きましたので、会員の皆様にお知らせいたします。

     ☆      ☆      ☆      ☆      ☆

        江藤省三氏(塾野球部元監督)昼食講演会のお知らせ

                            平成27年11月吉日
                        千葉三田会会長 櫛方 絢子

 拝啓、深秋の候、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、千葉三田会では、今般塾野球部元監督の江藤省三氏をお招きし、下記の要領で、講演会を開催することとなりました。
江藤元監督はプロ野球経験者として初の大学野球部監督となり、就任早々宿敵早稲田を下して、塾に久々の六大学優勝をもたらすなど、そのご活躍は皆様ご承知の通りです。
 今回の講演では、「勝負と育成」と題して、指導者としてのご苦労話、秘話等を中心にお話いただきます。年末のお忙しい時期になり大変恐縮ですが、是非皆様のご参加の程、よろしくお願い申し上げます。  
      敬具                                                                          
                  記

1.日 時   平成27年12月13日(日)  10時半より受付開始
            11時~12時半 江藤省三講演会  「勝負と育成」
            12時半~14時 昼食会
2.会 場   京成ホテルミラマーレ TEL043-222-2111
         JR千葉駅東口徒歩8分 京成線千葉中央駅隣
3.会 費   8千円(昼食代含む) 
4.申込み方法  船橋三田会 武藤宛てメールまたは電話でご連絡下さい。
        
         船橋三田会 副会長 武藤和行 (携帯) 090-6935-3003
         メール:kaz_muto1950@yahoo.co.jp;
5.申込み締切: 平成27年11月25日(水)午前12時まで

<江藤省三氏プロフィール>
1942年熊本県生。中京商卒。塾野球部を経て、プロ野球選手、コーチ(巨人・中日等)として活躍。2009年塾野球部監督に就任、在任中3度のリーグ優勝。
現在は、日経新聞コラム執筆、千葉県立泉高校特別コーチ等、野球指導者として様々な分野で活動中。

     ☆      ☆      ☆      ☆      ☆

                     H27.11.12 船橋三田会事務局
       


スポンサーサイト



第16回 慶應科学技術展 KEIO TECHNO-MALL 2015開催のお知らせ 

船橋三田会会員の皆様
だいぶ秋も深まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

さて、慶應義塾大学理工学部は毎年12月に「慶應科学技術展」(通称:慶應テクノモール)を東京・有楽町で開催しております。 ↑クリックでリンクします
会場では、実物展示やデモンストレーションを中心としたブース展示とパネル展示にて研究成果や技術がご紹介され、最先端技術やアイディアの宝庫である理工学研究をご体験いただけます。

船橋三田会主催の「サイエンスカフェinふなばし」でレクチャーいただいた白鳥先生、奥田先生も出展されます。
「船橋三田会の会員です」とお気軽にお声をおかけいただければと存じます。

なお、今年のゲストスピーカーは慶應義塾の大先輩でいらっしゃる甘利経済再生担当大臣です。

■実施概要
1.開催日時: 12月4日(金)10:00〜18:00
2.場所   : 有楽町 「東京国際フォーラム」(地下2階)
3.プログラム: 上記の「慶應科学技術展」をクリックし、ホームページをご参照ください。
4.予約   : 不要
5.入場料  : 無料 

年末のお忙しい中、最先端の科学技術に触れてはいかがでしょうか?

船橋三田会 幹事




華の慶早戦・応援観戦会を開催しました。 

 10月31日(土),船橋三田会主催による恒例の「慶早戦応援観戦会」を開催しました。
このイベントは2008年から毎年春、秋1回ずつ継続して実施してまいりましたので今回で16回目となりました。

 慶應義塾が早稲田に2連勝すれば明治と優勝決定戦にもつれ込むという大変スリリングな状況のもと、船橋三田会応援団の精鋭16名が神宮球場3塁側11番ゲート前に集結。
 全員揃ったところで、井上会長から「我々の応援で早稲田を打倒しましょう!」とご挨拶をいただいたのち、応援指導部塾生の誘導により団体応援席(旧称:学生内野席)に勇躍乗り込みました。
 試合開始前には、慶早両校合同で全員が肩を組んで「華の早慶戦」を大合唱、伝統の慶早戦ならではのセレモニーが行われ、試合開始となりました。

 我が慶應義塾は三宮投手が先発。5回裏まで双方0対0の均衡状態が続きましたが、6回表に早稲田が2点先取。
慶應義塾は9回裏1死後、代打岩見選手が左翼席にソロホームランを放ち1点差に猛追。慶應スタンドは「若き血」の大合唱で大いに盛り上がりました。ついで、慶應義塾のキャプテン・横尾選手が登場。最後に一発ホームランを期待して全員立ち上がって「ホームラン!ホームラン!ヨコオー!」の大連呼。結局三塁ゴロとなりゲームセット。
慶應義塾は健闘むなしく2対1で惜敗しました。

 試合は残念な結果となりましたが、我が慶應義塾は応援指導部のリードのもと、グランドで戦う選手諸君とスタンドの塾員、塾生、慶應ファンとが一体となって最後の最後まで全力で戦いぬきました。まさに「社中協力」の精神を発揮した素晴らしい応援でした。

 大変なプレッシャーの中でチームワークよく戦いぬいた慶應義塾大学体育会野球部の監督はじめ選手諸君の健闘を心から称えたいと思います。
 最後に、今回も慶應義塾大学應援指導部の塾生諸君にも大変お世話になりました。改めて厚く御礼申し上げます。
来季こそは天皇杯を三田の山に持ち返り、勝利の美酒に酔うことを願いつつ、フレー!フレー!陸の王者 慶應!

野球① 野球② 野球③
野球④ 野球⑤ 野球⑥
 ↑写真クリックで拡大します
                       船橋三田会主催 
                       慶早戦応援観戦会実行委員会




三田ジャーナルにサイエンスカフェの記事が掲載!! 

この度、本年7月11日に船橋三田会主催(後援:船橋市教育委員会)で開催しました「第8回サイエンスカフェinふなばし」の記事が、三田ジャーナルの10月号に掲載されましたので、ご案内申し上げます。

[三田ジャーナルp.9より抜粋]
三田ジャーナル
 ↑写真クリックで拡大します

◆第8回サイエンスカフェinふなばし」の当日の様子は、「ここ」をクリックすると見られます。

             (船橋三田会会長 井上 愼一)