FC2ブログ

第19回 映画鑑賞会の報告 “ブリッジ・オブ・スパイ” 

    全員☆☆☆☆☆ 五つ星で、最高の満点!

      日時:平成28年1月17日(日)午後3時上映
      場所:船橋ららぽーと、TOHOシネマズ
      作品:“ブリッジ・オブ・スパイ”(アメリカ映画)
             主演:トム・ハンクス  助演:マーク・ライランス
             監督:スティーヴン・スピルバーグ

参加した皆さんのコメント:
◆志の高い立派な作品であり、また大変優れた「映画」だと思います。感銘いたしました。一人でも多くの人に観ていただきたいと思います。 

💛この映画を2回鑑賞しました。満足のいく2時間20分です。事実に即した物語なので、緊迫感あふれ、観客に様々なメッセージを送ってくれます。 

♠「これこそ!映画」と思わず、唸りました。舞台は1961年 東西冷戦の中、東西を分ける『ベルリンの壁』が築づかれて、市民生活は暗黒化していく様子など、時代考証がしっかりしており、とても重厚な作品です。この映画を観た人は、ヒューマニズムに思わず涙するはずです。

🍀主人公のアメリカの弁護士は、自分の信念で動く、見事な(不屈な)男です。また、ソ連のスパイの男も、多くを語らないが 祖国への忠誠心と愛を持った人格者だった。

皆さんの採点は、全員☆☆☆☆☆ 五つ星、満点でした。

今回の参加者数は、第18回のあと、3週間しか経っていない、いわば緊急の開催だったためか、5名でした。
↓写真クリックで拡大します
映画1 映画2 映画3
映画4 映画5 映画6

                      文責 小野民平(S47年商卒)



スポンサーサイト



1月のお薦め映画 

○『ブリッジ・オブ・スパイ』 (米) 2時間22分

1960年代緊迫する米ソ冷戦のさなか、ひとりのごく普通の弁護士が、不屈の信念で、人道的な「米国とソ連のスパイ交換」を、厳戒体制の東ベルリンで成し遂げるまでをスリリングに描いた作品です。
史実の映画化ですが、サスペンスドラマとして、人間ドラマとしても見応え充分。最近少々低調だったスピルバーグ監督としては久々のホームランだと思います。
『プライベートライアン』ではノルマンディー上陸作戦を、そして『シンドラーのリスト』ではホロコーストの恐怖を見事に描いておりましたが、今作も、米ソ冷戦当時のアメリカの緊迫した空気や、そしてベルリンの壁が築かれ困惑する東西ベルリン住民の混乱と恐怖を、実にリアルに描いております。

とはいえ、リアリズムに徹した硬質な作品ではなく、主人公の家庭を描いたユーモラスで、ホームドラマ的な部分もあり、妻の立場もきちんと描いておりますので、女性にも楽しめる作品だと思います。
もし時間があれば、「米ソ冷戦」や「ベルリンの壁」について、簡単に復習してからご覧になると良いかもしれません。大変良く出来た娯楽映画です。是非ご覧下さい。

(昭和55年文学部卒 上田則夫)




第2回エコツアー 気象庁見学会のご案内! 

◆天気予報を作成する部屋(予報総合現業室)
◆地震火山を監視する部屋(地震火山現業室) を見学します。

ここを見学できるのは、団体予約のみです。
船橋三田会、エコツアーの企画として団体申し込みしました。
当日、気象庁の広報室職員の方が説明されます。

開催日は、2月19日(金)。14時集合です。
船橋三田会会員、近隣三田会の方及び会員の知人が対象です。
参加ご希望の方は、船橋三田会「事務局」(←クリックでリンク)へ、
①お名前、②所属三田会名、③卒業年度、④連絡先、⑤気象庁見学会参加、
をご記入し、お申込みお願いします。
または幹事の井町まで直接ご連絡いただいてもご対応します。

先着15名様まで。
詳細は下記チラシをご参照してください。
 ↓クリックで拡大
エコツアー
H28.1.8 第2回エコツアー幹事 井町(記)




<新年ご挨拶> 船橋三田会 井上会長 

 新年明けましておめでとうございます。

 さて、地球温暖化の流れはまだ解消の糸口が見えないように見受けられ、本年も異常気象が続くことが懸念されます。安寧を心から願うものの、大型台風、大雨、洪水などの自然災害が、大地震の発生とともに大変心配されるところです。
首都圏はこれまで比較的自然災害の被害は少なかったとはいえ、異常気象の激化に伴い、一人一人が自らの身を守る術と、隣人などと助け合う精神が必要になるのではないでしょうか。
 ところで、NHKの朝の連ドラで主人公の“あさ”が事業の困難な局面で、『学問のすすめ』を熟読する場面を見て感動しましたが、その後、福澤先生ご自身がドラマに登場されて驚きました。
 封建時代から、世の中が民主化へと大きく変わる時代に、「個人の独立が一国の独立につながる」とする福澤先生の啓蒙が果たした役割の大きさを想うとともに、「独立自尊」の精神の普遍性をあらためて感じました。
 我々は本当に素晴らしい大学を卒業したものです。このせっかくの塾員としての絆を大切にすべく、船橋三田会の一層の発展を心掛けたいと思います。
 また、本年は平成29年の船橋三田会設立20周年に向けて、記念事業の準備期間として活動を行いたいと思います。役員一同、一層の努力を果たす所存ですので、会員の皆様のご協力、ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。
 最後になりましたが、会員の皆様とご家族のご繁栄とご健勝を心よりお祈りいたしまして、新年のご挨拶とさせて頂きます。

平成28年元旦
船橋三田会 
会長 井上 愼一