FC2ブログ

第42回船橋三田会親睦ゴルフ大会の報告 

船橋三田会ゴルフ会より同好会の活動報告が届きましたので掲載します。
毎回恒例として、第7位(ラッキーセブン賞)の方が原稿作成をご担当されています。

         ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

5月20日(金)、レイクウッド総成カントリークラブで開催されました。
今大会は当初9名3組の予定でしたが急遽8名2組となりスタートしました。少人数のコンペでしたがそれなりに和気あいあいの楽しいゴルフ会でした。   
予報では気温も高く暑い1日とのことでしたが、朝は肌寒く日 差しもそれほどではありませんでした。新緑の清々しい林間コースで気持ちよく回れました。

競技結果は、内田ゴルフ会長の同期、秋本栄治さんが優勝、準優勝は山本光伸さんでした。
秋本さんは久々のご参加とのことでしたが、見事栄冠を勝ち取りました。

次回43回大会は11月24日(木)開催予定(会場未定)です。
皆様ふるってのご参加をおまちしております。    (記)金定勝美

写真1 写真2-6 写真3
 ↑写真クリックで拡大
        ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

H28.5.25 船橋三田会幹事 ブログ担当




スポンサーサイト



都倉准教授による福澤精神研究会「講演会」が開催されました! 

4月17日(日)午後、船橋市中央公民館にて、船橋三田会会員、会員の知人及び近隣三田会会員など総勢33名のご参加者のもと、慶應義塾福澤研究センターの都倉武之(とくらたけゆき)准教授にご講演して頂きました。船橋三田会会長である井上さんから講演会開催のご挨拶と都倉講師のご紹介で始まりました。
・今回の演題は、“「多事争論」とは何か?”でした。
・当日配布されました資料 『学問に凝る勿れ』(福澤諭吉著作集、第5巻より)のお話から講演が始まり、「多事争論」についてパワーポイントによるスライド映像で多方面からひも解かれ、福澤先生の考え方がとても分かり易く、参加者の皆さんに伝わってきました。
・今回参加された方にアンケートのご協力を頂きましたが、皆さん本日の講演にご満足され且つ「多事争論」とは何かをご理解されたとのご回答を頂きました。
講演会についてのご感想、次回希望される演題など、暖かいお言葉を多数コメントして頂きましたので、来年度の開催に生かしたいと思います。
・最後に、佐藤幹事長より本日ご講演頂いた都倉講師及びご参加して頂いた皆様へのお礼の言葉で終演となりました。

 [井上会長のご挨拶]      [講演の様子①]        [講演の様子②]
写真1 写真2 写真3
↑写真クリックで拡大します
  [講演の様③]         [講演の様子④]        [佐藤幹事長閉会挨拶]  
写真4 写真5 写真6
  
・講演会終了後、都倉講師の慰労会&懇親会を行い21名の多くの方々がご参加されました。
井上会長の開会の辞でスタート。ご講演頂いた都倉講師から改めてご挨拶を賜り、そして乾杯。近隣三田会及び船橋三田会会員の方々から講演会のご感想や近況報告などを賜りました。
・今回は立食パーティ形式を採用したことで、都倉講師と多くの方々との会話が途切れることなく弾みました。初めてお会いした方々と共に、テーブルを囲んで和やかに歓談でき、最後に集合写真を撮り中締めとなりました。
写真7 写真8 写真9

・最後に、昨年に引き続き講師を引き受けて頂けました都倉准教授、及び本日の講演を開催するにあたり船橋三田会会員や近隣三田会の方々など多くの方からサポートして頂きました。この場をお借りしまして深くお礼申し上げます。
                   H28.5.9 船橋三田会 講演会実行委員(記)






第20回 映画鑑賞会の報告 

第20回 映画鑑賞会の報告 “スポットライト 世紀のスクープ”
      本年度アカデミー賞作品賞を受賞した作品!   

       日時:平成28年4月23日(土)午後3時10分上映
       場所:市川コルトン・プラザ TOHOシネマズ
       作品:“スポットライト 世紀のスクープ”(アメリカ映画)
            主演:ウォルター・ロビンソン、マイク・レゼンデス、
                 サーシャ・ファイファー、マット・キャロル
            監督:トム・マッカーシー

参加した皆さんのコメント:
◆新聞記者達は、罪を犯した神父の糾弾で終わらせず、カソリック教会という大きな“組織”(システム)を暴くことに集中した。新聞記者達の知性と意欲が、世紀の大スクープを掘り当てた。とても魅力的な作品です。
💛米国人の宗教観が興味深いです。
♠児童への性的虐待という、口にするのも嫌な問題をテーマにする勇気を感じる。日本では別の切り口になるなと思います。
🍀テーマは【深い】と思いますが、淡々とした展開だったなという印象でした。キリスト教文化がわかれば、もっと理解出来たのではと思います。
●(私は)カソリックではなく、浄土真宗なので、なかなか理解できなかった。
■世の中は「正義」と「悪」で、気持ちよく楽しめる映画もありますが、この映画は、そういう映画とは異なります。世の中の矛盾の中で「自分の信じることを精一杯やり抜く」ことを描いた奥の深い「映画」だと思った。

皆さんの採点は、80点でした。
写真1 写真2 写真3
写真4 写真5 写真6
 ↑写真クリックで拡大

                      文責 小野民平(S47年商卒)