FC2ブログ

第3回エコツアー ㈱ハイパーサイクルシステムズ社工場見学レポート 

2月17日(金)12時30分JR西船橋駅集合、総勢11名、天気は晴れ。寒くなく絶好の工場見学日和でした。
予定通り13時に㈱ハイパーサイクルシステム社に到着。総務部ご担当の方がお迎えされ、早速工場見学説明会場へご案内して頂きました。

まず始めに会社概要の紹介がビデオ放映され、そして嘉山課長から本日の工場見学についての流れがお話されました。
見学コースは、①出入り口の計量(台貫)、②フロンの回収(ボンベ)、③エアコン解体ライン、④冷蔵庫解体ライン、⑤洗濯機解体ライン、⑥基板破砕ライン、⑦冷蔵庫破砕ライン、⑧製品の選別・梱包・出荷、です。

解体ラインでは、作業員の方がとても手際よく手作業で各部品を取り外していました。一般の人でも1ヶ月間作業すればできるようになると説明されましたが、とても私には短時間で解体できない気がします。
分別されたプラスチック類や各種金属類が分かり易くサンプルとして展示されています。工場内もきれいに整備され、換気にも配慮。作業環境にご留意されていることが良くうかがえます。
参加された皆さんも、家電製品の解体リサイクル現場を実際に見ることができ大変ご満足されていました。家電製品が解体、選別、再原料へと再利用されていく。都市鉱山の有効利用は素晴らしい技術です。
今回ご親切ご丁寧に工場内をご案内して頂きました総務部嘉山課長及び工場見学ご担当の大石様にこの場をお借りして深く感謝申し上げます。
 エコ1 エコ2 エコ3
 エコ4 エコ5←写真クリックで拡大

H29.2.21 実行委員:井町(記)



スポンサーサイト



福澤精神研究会「第10回講演会」 参加者募集開始! 

船橋三田会会員の皆様へ

昨年ご好評を賜りました福澤精神研究会「講演会」を、本年度も都倉准教授を講師にお招きし、4月16日(日)開催することとなりました。
船橋三田会会員及び近隣三田会会員の方で、ご参加をご希望の方は、下記申し込み方法にてお申し込みください。
先着40名様です。
・場所:船橋市中央公民館4階、第2会議室
・時間:15時30分~17時30分(開場は15時10分)

◆演題 : ”福翁自伝”の読み方!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年の演題であります“福翁自伝”は、『単純な自伝ではなく、ある意図をもって書いてある。』と、都倉講師のお言葉です。
さてある意図とはなんでしょうか? 
今回の福澤精神研究会はこの謎を解く貴重な講演会となります。 
“福翁自伝”は自伝文学の傑作として広く世に知られておりますが、我々塾員にとって福澤精神を福澤先生の実人生を通して学ぶことができる必読書と言われています。中国の台頭、米国の衰退、欧州の分裂など地殻変動を思わせる国際情勢の変化の中で、時代の変化に係らず我々の貴重な道標となるのは福澤精神ではないでしょうか。
今回の福澤精神研究会も我々に多くの重要なヒントを与えてくれるものと思われます。

   チラシ2クリックで拡大します  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、講演会後に「都倉講師の慰労会」&「懇親会」を設定させて頂きました。こちらは、先着27名に限定させて頂いております。ご参加をご希望される方は、講演会ご参加申し込みと同時にお願い致します。

■お申込方法
船橋三田会ホームページ「事務局」←クリックでアクセス)へアクセス。
 氏名、電話番号、所属、講演会参加又は講演会及び懇親会参加、他を記入申込。
②下記携帯電話へご連絡。
 船橋三田会講演会実行委員(井町携帯:090-8819-3705)

■詳細は、上記”チラシ”をご参照お願いします。

                  H29.2.18 講演会実行委員