FC2ブログ

第22回 映画鑑賞会の報告 

第22回 映画鑑賞会の報告 “ラ・ラ・ランド”
      思わず一緒にリズムをとって体を動かし、歌を口ずさみたくなる。
      映画史に残る おすすめミュージカル映画! 

日時: 平成29年3月11日(土)午後3時30分上映
参加者:7名(うち映画は6名)
場所: 市川コルトン・プラザ TOHOシネマズ
作品: “ラ・ラ・ランド”(米映画)
          主演:エマ・ストーン(アカデミー賞主演女優賞)、
             ライアン・ゴズリング
          監督:ディミアン・チャゼル

参加した皆さんのコメント:
◆映像、音楽、ストーリー、すべてに感動しました。この映画が「名画」として
  歴史に残る作品だと思います。今日で2回目ですが、益々好きになりました。
  ラストシーンは最高です!


💛胸キュン恋愛映画の大傑作!! 映画ファンは必見だと思います。 

♠すばらしい映画でした。もう一度、見たいと思います。
 
🍀夢を追う若い二人は、お互いの夢を応援し合う。
  美しい音楽と 楽しいダンスに 観ている観客は引き込まれてしまう。
  そして、二人の結末・・・・。
  私の「好きな映画」が、また一つ増えました。


●丁寧な作品つくりのお蔭で、季節が変わるごとに二人の恋する気持ちの変化が
  伝わってきた。 

■とても良い映画でした。ラストシーンは、引き込まれました。

皆さんの採点は、満点でした!!

写真1 写真2 写真3
写真4 写真5
 ↑写真クリックで拡大

                      文責 小野民平(S47年商卒)





スポンサーサイト



3月のお薦め映画 

〇ラ・ラ・ランド (米)  2時間8分

前作『セッション』で注目を集めた若干32歳の若き監督が、今度は、大好きなミュージカル映画への敬意を込めて、ミュージカル仕立ての恋愛映画を作りました。
シネマスコープの画面、テクニカラーの極彩色の衣装といった往年のハリウッドミュージカル映画や、『シェルブールの雨傘』などのフレンチミュージカルの雰囲気を基調にしながら、ジャズや現代的なポップスも取り入れ、映像も自由自在。どこか懐かしく、それでいて新しい、不思議な映像空間を作り出しています。
LALALANDとは、LAすなわちロサンゼルスをさしているらしいですが、この映画は、ロサンゼルスで夢を追う若者のお話です。
女優を夢見てコーヒーショップで働く女性ミオ(エマ・ストーン)と、ジャズバー経営を夢見るピアニストの男性セブ(ライアン・ゴズリング)の恋物語。2人が出会い、恋に落ち、共に暮らす幸せな日々、そして別れ。それだけの単純なストーリーですが、恋のせつなさと喜び、夢を追う事の光と影を、抜群の映画センスで、情感豊かに描いています。
ロマンチックな胸キュン恋愛映画の名作として、後世に語り継がれていく作品だと思います。映画ファンは必見。是非映画館でご覧下さい。
           (私の採点は、ほぼ満点の ☆☆☆☆★★)

[昭和55年文学部卒 上田則夫]