FC2ブログ

船橋稲門会“稲門ウォーカーズ”31年度4月例会のご案内 

このたび船橋稲門会様から“稲門ウォーカーズ”4月例会のご案内をいただきましたのでお知らせいたします。
ぜひ奮ってご参加ください。

<船橋稲門会様からのご案内文>

      “稲門ウォーカーズ”4月例会のご案内

今回の花見ウォークは、下記の通り実施いたします。
歩行ルートは、京成線の市川真間駅から、桜土手公園→弘法寺→じゅん采池→里見公園を経て、その後江戸川の堤防沿いを北へ進み、矢切の渡し(200円/人)で対岸に渡り、柴又帝釈天までの歩行を予定しています。桜土手公園は「いちかわ文学の道」としても有名ですが、見事な桜並木が期待できます。弘法寺はしだれ桜が有名で、里見公園は例年大勢の花見客が訪れることで有名です。また江戸川堤防沿いでは、春爛漫の気持ち良いウォークが期待できます。
                                     世話人 佐藤邦弘
                    記

集 合 : 3月30日(土)京成線「市川真間駅」・改札口 10:00(時間厳守)

コース名 :市川市(弘法寺、下総国分寺、じゅん采池、里見公園)から柴又帝釈天へ
         コースマップは当日お渡しします。
  ショート :「市川真間駅」からじゅん采池まで約6kmを歩行
          じゅん采池停留所のバス時刻(JR市川駅行)
          11:38、59   12:19、41   13:00、27   14:04、19、39
   ロング :「市川真間駅」から柴又帝釈天まで約11kmを歩行

昼 食:ショート、ロングともに、じゅん采池で12時頃

持ち物:昼食、飲み物、雨具(天気予報確認要)

   ☆     ☆     ☆     ☆      ☆

(記)船橋三田会事務局












スポンサーサイト



<2019年・新入会員と役員の昼食会> 

3月9日(土)12時から、「2019年・新入会員と役員の昼食会」が、船橋「クロス・ウェーブ船橋」で行われました。
昼食会参加の新入会員はお二人。
まずは佐藤会長の挨拶、井町副会長の乾杯、歓談に引き続き自己紹介として、塾生時代の思い出や、お仕事・趣味などをお話しいただきました。
お二人からユーモアを交えながら、ユニークな経歴をご披露していただきました。特にスポーツに関する思い出や、競技実績には、参加者全員が思わず身を乗り出して聞き惚れる一幕もありました。
その後、役員全員からの自己紹介、ならびに現在4つある同好会(ゴルフ同好会・写好会・麻雀愛好会・映画観賞会)の案内や、船橋三田会主催のイベントの紹介を行い、2時間余りの賑やかで楽しい昼食会となりました。
最後は、篠田幹事長の閉会挨拶、全員で「若き血」の斉唱でお開きとなりました。

船橋近郊にお住いの塾員の皆様、船橋三田会がご加入をお待ちしております。楽しいイベントに是非ご参加ください。

190309119030921903093
190309419030961903097
190309519030991903098
↑写真クリックで拡大
                                 担当幹事 小林(記)









2019新春落語会&新年会が今年も大盛り上がり!! 

2月2日(土)、新春恒例の落語会&新年会が、船橋「なべ三」で行なわれました。
今年も慶應落語研究会の精鋭3名が出演。落研が船橋に来るのは、総会、納涼会、忘年会、新年会と続いて、今年で遂に7回目。
落研部員の中には3年連続出演という船橋ファンもいて、会場は終始大爆笑の渦に包まれました。「初めてナマの落語を観ました!」と大感激した女性もいらっしゃいました。

落語会に引き続き、新年会では全員がスピーチを行い、慶應グッズを目指しての抽選会もあり、皆、大満足の3時間でした。
今回も、船橋稲門会、八千代三田会、四街道三田会、浦安三田会、鎌ヶ谷三田会からもご参加いただきました。
来年、又、お会いできることを期待しております。

190202219020231902024
190202119020251902026
19020271902028←写真クリックで拡大
                                    (担当幹事)







第32回 映画鑑賞会の報告  

   『THE GUILTY ギルティ』
   新感覚サスペンス映画です!


    日時: 平成31年2月24日(日)午後4時20分上映
    参加者:5名
    場所: TOHOシネマズ 八千代緑が丘
    作品: 『THE GUILTY ギルティ』(デンマーク映画)
    監督: グスタフ・モーラー
    主演: ヤコブ・セーダーグレン

参加した皆さんのコメント:

◆電話の声だけで、状況を想像させ、一人だけで演じていく映画は初めて観ました。
最初は少しかったるいですが、中ごろから緊張感と思いもかけない事実に驚かされました。鑑賞後の懇親会で、この映画のいろいろな評価ができて、良かったです。


💛結構 重い映画でしたが、感動しました。まるで推理小説の様に観客に場面、場面を想像させ、強く引き付けるところがありました。 

♠警察の緊急連絡室(日本の110番か)の警察官がほぼ一人芝居で出ずっぱりなので、視覚的な面白みには欠ける。しかし電話のやりとりから類推される展開について、我々の想像力を刺激される、いわば実験作。

🍀観ていてハラハラして、思わず前のめりになった。こんな映画を企画して、作品にする監督と俳優はすごい!

●超低予算でも、アイデア次第で、こんな凄い映画ができるのです。あっぱれ!

皆さんの採点は、76点でした!

名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!!
酒もうまいです。


1903144⑤
⑥⑦←写真クリックで拡大

                      文責 小野民平(S47年商卒)