FC2ブログ

安西塾長OB招待会に参列して 

例年同期の仲間と誘い合って、欠かさずに参加しておりますが、
本年は母校創立以来150年の由緒ある記念の年に当たり、全国から1300名も、
集まった由で、会場は所狭しとOBの人波で溢れ、歓喜に埋まり返つて、此の機会に居合わせ、感極まるを覚えました。
宮崎 靖司 (昭和28年、経済学部卒)

▼▽写真をクリックすると画像が拡大します
5-11-3.jpg
開会宣言に続いては塾歌斉唱、塾に学び得た幸せを更めて実感、就中、続く塾長挨拶の中で、”世界の慶應義塾”と高らかに話されたこと極めて印象的で、我が過ぎし日の記憶を辿りつゝ、胸が張り裂けんばかりの感激を新たに致しました。
船橋三田会の諸兄姉と同席出来ずに残念でしたが、白寿に手の届く大先輩達に伍しての参加にて、我が身を高齢と思わず、先行き何年にも亘って、大いに頑張るべきと思った次第です。
自分の年齢と妥協しては、全てが衰退する由で、左様な心算は毛頭無く、”世界へ羽ばたく慶應義塾”の理念に合わせて、尽くすべきを尽くす方向で行動せんとの決意新たに、
今回は特に好個の機会に恵まれた事、洵に大きな歓びに耐えません。
吾々は社中の一人として、貯えた知識と体得した経験を、社会に注入する義務有りとも考えております。
塾歌に在る”徽章の誉れ世に布かん”を、更に推進致しましょう。  草々
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する