FC2ブログ

「慶應義塾を優勝させよう会」慶應義塾対東大戦 応援記 

10月5日(日)、船橋三田会主催による「慶應義塾を優勝させよう会」は明治神宮球場にて
東京六大学野球の慶應対東大戦第二回戦の応援を行なった。
(文責 佐藤修 ‘76年 工学部卒)
▼▽写真をクリックすると画像が拡大します
1005-2.jpg1005-4.jpg

前日、不覚にも東大に2対1で敗れた慶應義塾。応援指導部の「奇跡は2度と起こさせぬぞ!」という檄に全員「そうだ!」と呼応。東大戦には珍しく(?)学生応援席には緊張感が漂う雰囲気の中、「プレーボール」となった。我が慶應義塾はエース相沢投手が登板。慶應義塾は初回から毎回連続安打で出塁しながらも3塁残塁多く、4回までは無得点が続いた。前半は両チーム無得点のまま、やや単調な試合運びであったが、中盤の5回表になって慶應打線が猛打炸裂。一挙に3点を獲得。ここでようやく慶應義塾学生席も全員肩を組んで「若き血」の熱唱で大いに盛り上がり、その勢いで7回表に3点、更に9回表にも1点を追加、そのまま東大を無得点に抑え込み、7対0の大差で快勝した。
今回の「慶應義塾を優勝させよう会」による応援会は、総勢5名の「少数精鋭」の陣容で臨んだ。全員、初回から最後まで「飲食も忘れて」大声で応援に参加した。秋空のもと、久々に塾生気分に戻った「青春のひと時」であった。試合後は球場近くの中華料理店でささやかに祝杯をあげ、慶早戦必勝を誓い合った。是非この勢いで我が慶應義塾が「陸の王者」に相応しい実力をいかんなく発揮し、優勝の栄冠を勝ち取って欲しいものである。
「慶應義塾を優勝させよう会」は目標を達成するまで、最後まで応援し続ける覚悟である。
会員諸氏のご参加を切望しつつ。
1005-1.jpg1005-3.jpg1005-5.jpg


スポンサーサイト