FC2ブログ

母校の「創立150年記念式典」に参列して 

昨11月8日、小雨そぼ降る中を、希望通り、日吉会場に参列の栄に浴し、言い得ぬ感動を胸に抱いて日吉を後にしました。
吾が三田会からの同行者は僅か一名で、同期の田中昭浩君のみ、思えば大変寂しくなったものです。 ( 昭28年経 宮崎靖司 )

img281.jpg
同君とも久し振りの事で、上野駅付近の’マトリョーシカ’と言う、気の置けないレストランで、ボルシチとBeefのワイン煮込みを肴に、グルジア産赤ワインを愉しみながら話し込み、時を忘れました。
同レストランは、’ロシア 欧風 チーズ料理”とあって、味覚に五月蝿い二人には恰好の店でした。
偶の事で談論風発、語りは尽きぬ秋の夜の一時を語る裡に、此の由緒ある慶賀の記念式典を、各メディアは、如何報ずるのか、或いは、報じないのか意見を交換致しました。
今朝起き抜けに、Lawsonまで趣き、スタンドに並んだ有りっ丈の新聞を購入、眼を皿にして、記事探しに没頭しました処、朝日、日経、東京 その他スポーツ新聞にも、揃いも揃って、たったの一行も見当たらず、嬉しかったのは、産経新聞のみで、抜粋は添付の通りです。
偶々参列の機会が無かった諸兄姉には参考になるものと存ぜられましたので、
三田会のHomePageを借りたく思いつきました。
陛下、塾長の御祝辞には、強い感動を覚え、感謝の念と共に、塾に学んだ悦びに堪え難く、思わず感涙に咽んだものです。
在世中に150年の記念すべき日に巡り合わせた歓び、此れ以上、恥ずかしながら言葉になりません。   以上
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する