FC2ブログ

「映画鑑賞会」からのレポート  

「グラン・トリノ」を見ました。
この映画でイーストウッドは、朝鮮戦争への出征経験のある元自動車修理工の頑固な老人ウォルトを演じています。移民を軽蔑していたウォルト・コワルスキー、しかしある事から隣家のアジア系の移民の青年タオと親しくなり次第に世代や人種を超えた父子、兄弟、友人のような存在になっていきます。

アメリカは銃が当たり前の社会。銃で始まり銃で終わるというイーストウッドのいつものアメリカ物語も結局は力だけが全てではないと語っているようです。今回は「東洋の美学」みたいな世界観を感じる印象深い映画でした。

イーストウッドは子供の頃からテレビで「ローハイド」のロディ役の頃からファンでしたので、この映画で観られるのが最後だと思うと少々寂しい感じもします。又素晴らしいエンディングは彼自身の最期を暗示しているようにも感じました。 「息子とどうやって付き合えば、良いのか判らなかった」と無宗教の男が懺悔で言っています。宗教のあり方を問うているようでもあり、この言葉も強く印象に残りました。
    F.N

グラントリノ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する