FC2ブログ

船橋三田会「慶早戦応援観戦会」レポート 

2009年春の「慶早戦」に船橋三田会から22名の大応援団が集結!
<幹事よりの御礼>
平成21年度東京六大学野球春季リーグ戦の最後を飾る伝統の「慶早戦」
第一回戦が5月30日(土)午後1時から神宮球場で行なわれた。
船橋三田会「慶應義塾を優勝させよう会」は総勢22名の大応援団を結成、
この伝統の一戦に臨んだ。22名全員が慶應学生席(三塁側)の最前列に陣取り、
試合開始前から「若き血」を熱唱。「打倒 早稲田!」の思いを一つに、
最後の最後まで気合を入れて慶應義塾を応援し続けた。
平成21年度春季慶早戦 観戦応援会 幹事 佐藤 修(S51工卒)

▼▽写真をクリックすると画像が拡大します
k-1.jpg k-2.jpg
惜しくも第一回戦は早稲田に譲ったものの、早稲田のエース斎藤祐樹から
6安打を打ち放つなど、慶應義塾も大いに善戦した。
慶應義塾体育会野球部の選手諸君の健闘を心から讃えたい。
是非とも秋季のリーグ戦では、慶應義塾が優勝し、真の「陸の王者」として
復活することを祈念したい。
そして、神宮の杜で皆で肩を組んで、「おおわが慶應」を歌いたいものである。
♪♪
「おおわが慶應」
おおわが慶應 美わしき
三田の山なるわが母校
おおわが慶應 かぐわしき
若き血潮のふるさとよ 
               ♪♪
尚、今回も慶應義塾應援指導部および慶早戦支援委員会の皆様には大変にお世話になりました。
改めて厚く御礼申し上げます。

<観戦記>
5月30日(土)生憎の薄曇の中、神宮球場で行われた「慶早戦」に船橋三田会
大応援団の一員として、参加して参りました。
試合開始前、思い思いに昼食を食べ、応援指導部の元、声出しも準備万端、曇り空を
吹き飛ばすかのように慶應ナインが守りにつき、先攻早稲田で試合が始まる。
前半、慶應に優勢と思わせるほど、必ず塁には出るが得点に繋がらず。
チャンスを生かせず6回までゼロ行進。4回5回に5点入れられ早稲田のペースに。
後半、曇天に三色旗色のメガホンが映える程、慶應応援席に熱が入ったその時、
待望の1点が7回に入る!その日始めて「若き血」が神宮に響き渡り、一瞬、
早稲田の応援席も静まり返りました。その後は、宿敵、斎藤祐樹に最終回まで
抑えられ、もう一度「若き血」を歌うことは叶いませんでした。
しかし、試合中なぜか、神宮球場の慶應早稲田の両旗だけが、勢いよくはためいて
いたのが大変印象的でした。
試合後は、三田の「つるのや」で勝利の祝杯ならず残念会に。初めて参加して下さった、
千葉三田会の方々と次回の勝利を祈願して、大いに盛り上がりました。
大変お忙しい中、幹事をしてくださった佐藤修さんと役員の方々、当日写真を100枚
も撮っていらっしゃった中川さん、船橋三田会の結束の固さに感動致しました。
これからも、会の企画に参加をさせていただき、見識を深めていきたいと思います。

記 前原 地花(H21法 通信在学中)
k-6.jpg k-3.jpg k-4.jpg k-5.jpg
*掲載された写真は、写好会(船橋三田会写真同好会)事務局長の中川迪生さんが撮影されました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する