FC2ブログ

「映画鑑賞会」からのレポート  

映画「ハゲタカ」
経済小説が原作だけに専門用語が頻繁に出てくる本格的な金融映画です。
テレビドラマを見ていないと、理解しにくい場面があるかも知れません。
それにしても中国系ファンドのマネジャー、リュウ・イーファはカッコいいですね。
対する鷲津ファンド代表の鷲津も意味深な言葉を放ちます。
「人生の悲劇は二つ。一つは金のない悲劇。そして、もう一つは金のある悲劇」
これもカッコいいですね。
誠実で技術さえあれば「金は汚いもの」とその価値を無視する日本人、他国の投資ファンドに翻弄されるのがよく分かりました。
サブプライムローン、派遣切り問題なども出てきて、今の時代を如実に表現してるようです。
最初と最後に登場した中国の田舎道にアカマ自動車が疾走するところはとても印象的でした。 F.N
ハゲタカ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する