FC2ブログ

「福澤精神研究会」からのレポート  

去る9月19日(土)、「福澤精神研究会」が船橋市勤労市民センターで開催されました。
参加者は33名。テーマは「福沢諭吉と朝鮮問題『脱亜論』をめぐって」でした。  幹事
▼▽写真をクリックすると画像が拡大します
1-IMG_2503.jpg 2-IMG_2497.jpg
今回も福澤センターの都倉講師に感銘深い講演をして戴きました。
福澤諭吉の膨大な著作の中で『脱亜論』が異色の著作になります。
これは、表面的な理解だと、著者の真意が誤解されるとの事です。
現に、専門家の中でもそのまま受け取ってアジアの同朋への差別的
発言と理解している人もいるそうで、これは文脈で捉えないと、間違えます。
福澤は朝鮮を文明国にするよう大きな期待をしていましたが、反日派勢力に潰され
朝鮮改造論も放棄せざるを得なかったのです。
受け入れた百人もの留学生を先方の都合で費用も払わず一方的に契約を破棄されてしまいますが、志ある留学生を暖かく迎えた事等、義理人情の厚い人物だったと聴き、慶應に学んだ我々の誇りがさらに大きくなりました。

また、司会者の上野さんからは福澤は明治14年に今日の二大政党制を考えていた事。福澤が作った横濱正金銀行の資本金を増資して存続していればあの大恐慌にも軍事的膨張政策を取らずに済んだかも知れない事。慶應義塾を通じて教えた自由平等と独立自尊の精神を正しく国民が理解していれば大東亜戦争も避けられたかもしれない事など・・・。
その意味で福澤は百年以上前に多くの事を既に啓示していたようだと述べられました。
福澤先生の著作はいつ読み直しても新しい発見がある事が本当によく分かりました。

今回は船橋をはじめ県下の千葉、八千代 市川、鎌ヶ谷三田会の多くの塾員の皆様のご参加がありました。ご協力に大変感謝致します。 
3-IMG_2493.jpg 4-IMG_2488.jpg 5-IMG_2491.jpg 6-IMG_2492.jpg
7-IMG_2495.jpg 8-IMG_2496.jpg 9-IMG_2500.jpg 10-IMG_2501.jpg
11-IMG_2507.jpg 12-IMG_2508.jpg 13-IMG_2512.jpg 14-IMG_2515.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する