FC2ブログ

「写好会」写真展からのレポート 

船橋三田会写好会の会員13人(11+2)による写真展が9月7日から、
「スクエア21」3Fの市民ギャラリーで始まりました。
手作りの写真入りハガキ案内状が送られたこともあり多くの観覧者がありました。
会場には動物、人物、風景、花の写真など約50点が展示されています。   幹事
▼▽写真をクリックすると画像が拡大します
A0-IMG_0214.jpg A1-IMG_0085.jpg A2-IMG_0217.jpg A3-IMG_0235.jpg
どの作品も自分が見たものを素直に表現しているな、と感じました。
「思い」や「経験」を見る人に語りかけているようで、
撮る人の優しい人柄がにじみ出ていますね。こんな「写真展」って、素敵ですね!
いつもは静かで無口な人がこんなにも鮮やかな色で私達に語りかけています。
目を皿のようにして作品に近付いてみると、それまで見えなかったとても小さな物が見えて
くるようです。また離れて見てみると、画面が一瞬にして変化するのも不思議です。
ある作品は水墨画のようで見る人を幻想的な世界にいざないます。
印象派のような作品では光や水、空気はみずみずしく見え、私のような素人でも
「お見事!」と思わず声が飛び出すくらいです。
外国の風景写真では水平線の彼方に異国の鼓動が聞こえ、
太陽は一日の終りの影を長々と横たえ、赤く染めてやがて闇を迎える・・・
この一瞬を捕らえ、シャターを切られた感動を自分一人だけで終わらせないのも、
これらの「写真たち」です。
C1-IMG_0227.jpg C2-IMG_0098.jpg C3-IMG_0114.jpg C4-IMG_0095.jpg
D1-IMG_0134.jpg D2-IMG_0141.jpg D3-IMG_0142.jpg D4-IMG_0137.jpg
作品はその時々の記念として長く残っていく、言わば「宝物」です。
そういう意味ではカメラはある種の「ロマン」だと私には思えるのです。
全体の展示構成もアットホームな雰囲気ですっきりしていて、とても素晴らしいですね。
E1-IMG_0152.jpg E2-IMG_0159.jpg E3-IMG_0161.jpg E4-IMG_0162.jpg
F1-IMG_0164.jpg F2-IMG_0193.jpg F3-IMG_0205.jpg F4-IMG_0223.jpg
今回、参加出来なかった人も次回には出展して、感動を見に来た人にも
是非、味わせてあげて欲しいものです。
このような写真展を企画された事務局の中川様に心より感謝申し上げます。
大変ありがとうございます。
B1-IMG_0103.jpg B2-IMG_0124.jpg B3-IMG_0156.jpg B4-IMG_0229.jpg
G1-IMG_0228.jpg G2-IMG_0230.jpg G3-IMG_0236.jpg X1-IMG_0212.jpg

X2-IMG_0213.jpg X3-IMG_0165.jpg X4-IMG_0224.jpg G4-IMG_0117.jpg
スポンサーサイト



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://funabashimitakai.blog41.fc2.com/tb.php/233-6a3ce333