FC2ブログ

7月のお薦め映画 

◆お薦め作品がなく6月はお休みさせていただきました。
7月になって、期待の『アメージング・スパイダーマン』も70点の出来で、今月もお休みさせていただこうかと思っていたのですが、まったくノーマークだった低予算の小品が面白くってびっくり。
というわけで下記の2作品です。


〇『崖っぷちの男』(米) 104分
たまにはスカッとした娯楽映画を楽しみたいという方にお薦め。
B級サスペンス映画の快作です。
朝、ルーズヴェルトホテルの21階にチェックインした男(『アバター』のサム・ワーシントン)は、ルームサービスでシャンパンと朝食を注文。
食事を終えると、指紋を全て消し、窓を開け、窓枠を乗り越えて、ビルの狭い縁に立ちます。
下はニューヨークの雑踏。
飛び降り自殺をほのめかす男の出現に、街は騒然となり、ニューヨーク市警が駆け付けます。男の目的は何か。
話は1か月前にさかのぼります…。
これ以上の予備知識はなしでご覧下さい。
とはいえこれではどんな映画かわからないかもしれませんね。
ジャンルでいえば犯罪(クライム)映画です。
名優エド・ハリスが演じるすごい悪役が登場します。
ともかく脚本が巧みで1時間42分あきさせません。冷静に考えれば突っ込みどころ満載の粗いストーリーなのですが、よけいな事考えるひまを与えない展開で観客をひきずりまわします。
サービス精神満点の第一級のB級映画であります。
高所恐怖症の人には辛いかもしれませんが、ゾクッとして暑気払いに最適です。
(私の採点は80点)

〇『リンカーン弁護士』(米) 119分
面白いです。
リンカーンコンチネンタルを事務所代わりにする弁護士ミック・ハラー(マヒュー・マコニヒーが好演)を主人公にした法廷ドラマ。
80年代を思わせるソウルミュージックで小気味よく始まるオープニングはまさにB級映画テイスト。
主人公は、不真面目なチョイ悪弁護士?ですが、実は悪を憎む正義漢。
離婚した妻や娘にも愛されています。
そんな主人公の魅力がこの作品の面白さのひとつ。
そしてもうひとつの大事なポイントは、悪役の徹底的な極悪ぶり。
上記『崖っぷちの男』もそうですが、悪役が良い?と話が盛り上がります。
法廷ドラマですから内容をあまり語れませんが、大変良くできたストーリーだと思います。
お気軽にお楽しみください。           
(私の採点は78点)

                        H24.7.31 上田則夫 (記)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する