FC2ブログ

船橋三田会・映画鑑賞会 2012年ランキング発表! 

今年も残すところ4日となりました。船橋三田会会員の皆様にとっては、どのような1年でしたでしょうか?
今年からスタートした映画鑑賞会は、映画好きの楽しい憩いの時間として、参加者に楽しんでいただいております。

参加者による“2012年ランキング”を発表します。


1位 :アルゴ (ベン・アフレック監督・主演)<11月鑑賞>       92点
2位 :わが母の記 (主演:役所広司、樹木希林、宮崎あおい)<5月>   84点
3位 :ALWAYS 三丁目の夕日‘64 <1月>                  83点
3位 :戦火の馬 (スピルバーグ監督)<3月>                  83点
5位 :天地明察 (監督:滝田 洋二郎、主演:岡田准一)<9月>      82点


1位に選ばれた『アルゴ』は、全世界を震撼させた、在イラン米国大使館占拠事件をテーマにしたスリル溢れる作品。緊迫感とスピード感は見事としか言いようがありません。

2位の『わが母の記』は、昭和の文豪・井上靖の自伝的小説の親子の絆の物語。音楽はバッハのヴァイオリン協奏曲が使われて、美しい風景とともに、心にしみました。

3位は、東京オリンピックの開かれた昭和39年、1964年を舞台にした東京の下町の人情溢れる『ALWAYS三丁目の夕日‘64』と、第1次世界大戦当時の一頭の美しい馬と少年とのかけがえのない絆を描いた『戦火の馬』が同点でした。

5位の『天地明察』は、ベストセラー小説の映画化。江戸時代、日本初の暦づくりに挑戦した男を描く勇気に満ちた物語でした。

明年も、「船橋三田会映画鑑賞会」をどうぞよろしくお願いいたします。
いつでも気軽にご参加いただけますから、初参加大歓迎です。
皆様、良いお年をお迎え下さい。
   2012年12月28日
                 船橋三田会 映画同好会 小野 民平 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する