FC2ブログ

第13回 映画鑑賞会のご報告 

 怪獣王“ゴジラ”が復活したハリウッドの超大作映画!

          開催日 2014年8月9日(土)
          作品: GODZILLA ゴジラ (米国映画)
          会場: ららぽーと船橋 TOHOシネマズ 

 今年はゴジラ生誕60周年!ゴジラ映画の第1作は1954年に東宝特撮怪獣映画の第1作として上映された。そしてこれまで29作(うちアメリカで1作)が製作された。今回のハリウッド作品は、日本の福島における原発事故が背景にある。現代的なテーマ性を持った映画になっている。
 渡辺 謙は、監督から、「GODZILLAは、“ガジラ”と米国風に発音してくれ。」と言われたが、「“ゴジラ”は、”ゴジラ“」と断固 自分の考えを貫いたという裏話があります。

映画『GODZILLA ゴジラ』の参加者11名の評価は、74.5点。

【参加者のコメント】
◆ゴジラの迫力に圧倒されました。音楽も緊迫感を盛り上げてくれる。 

◆前作(1998年)の時のハリウッド・ゴジラは、恐竜(爬虫類)そのもので、ジェラシックパークのようでしたが、今回は、丸みを帯びて神格化されたゴジラを立体的に観られたことが嬉しいです。

◆今回のプロデューサー、監督は、色々な面で、第1作目の「円谷ゴジラ」を深くリスペクトしている姿勢が見られ、ここ何回かのゴジラ作品よりも良かったですよ。

◆迫力満点で、さすがアメリカ映画!

◆特撮、CGは素晴らしいと思いました。しかし見終って、すぐに忘れてしまうような感じではないでしょうか。印象に残るようなシーンが無かったように思います。

◆ただただ迫力に圧倒されました。目が疲れました。

◆『ゴジラ』がいい!!

◆愉快な映画でした。ガォ~ッ!

◆アメリカ人の日本観が悲しい、富士山と怪しい中国語訛りの日本語。ゴジラはやはり正義の味方でした。

◆これほど凄い映画はありません。息つくヒマもないドキドキ連続の素晴らしい映画でした。

◆いろいろ映画は、大好きです。これからも参加します。

  今回の参加者 (11名): 敬称略。
 赤井 長久(昭42商)、 井上 愼一(昭48経)、 和田 英男(昭48商)
 丸尾 寿嗣(昭49商)、 見崎 一郎(昭49政)、 武藤 和行(昭50政)
 佐竹 洋一(昭54商)、 上田 則夫(昭55文)、 篠田 和男(昭60商)     
 中尾 圭威子(平18経)、 小野 民平(昭47商)
 
 新入会員の中尾さんが初参加してくれました。これからも初参加をお待ちしています。
 
↓写真クリックで拡大します
写真② 写真③ 写真④
写真①
              文責 小野 民平(船橋三田会・映画同好会)



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する