FC2ブログ

第8回「サイエンスカフェ in ふなばし」今年も大盛況でした! 

7月11日(土)「サイエンスカフェ in ふなばし」(於:船橋情報ビジネス専門学校)が開催されました。
このイベントも今回で8回目となり、船橋三田会の「地域社会への貢献」を目的とした定例事業として定着しました。

今回のテーマは「~紙センサーづくりを体験して未来の科学者を目指そう!~」でした。
初の外国人(スイス人)講師として自然科学博士 チッテリオ ダニエル教授(慶應義塾大学理工学部 応用化学科)をお招きし、お茶とお菓子を頂きながらリラックスした雰囲気の中で最先端の科学研究の成果を体感していただきました。

今回、地元小中学校の理科ご担当の先生への直接のご案内送付や、フリーペーパー「地域新聞」、「広報ふなばし」等の媒介を通して参加者を募集しましたが、小中学生を中心に多くの方にお申込みを頂き、キャンセル待ちも出るほどの盛況ぶりでした(参加者75名:小中高学生及び教員55名、一般20名)。

当日子供たちに体験してもらった実験は2種類。
①クレヨンを使った流路の作成 ②金属イオン紙センサーの印刷と使用
子供たちも思い思いに図を描いたり、今までに使ったことない実験器具に悪戦苦闘(?)しながら、科学実験を楽しんでいました。

過去にこのイベントに参加された学生が、実際に慶應義塾大学の理工学部に進学し、その当時のサイエンスカフェの講師役の先生と再会されたというエピソードもあり、今回の体験を通して子供たちの科学への関心を深めるきっかけになれば船橋三田会としても大変喜ばしいことと考えております。

最後に、ご多忙の中、今回のサイエンスカフェの企画立案、科学実験装置の準備、会場への搬入、子供達への実験指導など、ご尽力いただいたチッテリオ先生ならび同研究室の学生の皆様に厚く御礼申し上げます。

今回のサイエンスカフェを通じて、まさしく慶應義塾が標榜する「社中協力」と「半学半教」を実践できたと考えております。
 ↓写真クリックで拡大します。

サイエンスカフェ 集合② サイエンスカフェ① サイエンスカフェ② 
サイエンスカフェ③ サイエンスカフェ④ サイエンスカフェ⑤
                (船橋三田会「サイエンスカフェ in ふなばし」実行委員会)








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する