<新年ご挨拶> 船橋三田会 井上会長 

 新年明けましておめでとうございます。

 さて、地球温暖化の流れはまだ解消の糸口が見えないように見受けられ、本年も異常気象が続くことが懸念されます。安寧を心から願うものの、大型台風、大雨、洪水などの自然災害が、大地震の発生とともに大変心配されるところです。
首都圏はこれまで比較的自然災害の被害は少なかったとはいえ、異常気象の激化に伴い、一人一人が自らの身を守る術と、隣人などと助け合う精神が必要になるのではないでしょうか。
 ところで、NHKの朝の連ドラで主人公の“あさ”が事業の困難な局面で、『学問のすすめ』を熟読する場面を見て感動しましたが、その後、福澤先生ご自身がドラマに登場されて驚きました。
 封建時代から、世の中が民主化へと大きく変わる時代に、「個人の独立が一国の独立につながる」とする福澤先生の啓蒙が果たした役割の大きさを想うとともに、「独立自尊」の精神の普遍性をあらためて感じました。
 我々は本当に素晴らしい大学を卒業したものです。このせっかくの塾員としての絆を大切にすべく、船橋三田会の一層の発展を心掛けたいと思います。
 また、本年は平成29年の船橋三田会設立20周年に向けて、記念事業の準備期間として活動を行いたいと思います。役員一同、一層の努力を果たす所存ですので、会員の皆様のご協力、ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。
 最後になりましたが、会員の皆様とご家族のご繁栄とご健勝を心よりお祈りいたしまして、新年のご挨拶とさせて頂きます。

平成28年元旦
船橋三田会 
会長 井上 愼一



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する