年頭のご挨拶 

 新年明けましておめでとうございます。
 旧年中は船橋三田会の活動にご支援、ご協力を賜りまして誠に有難うございました。
 昨年も色々な事がございました。私は4月の熊本震災、8月~9月のリオ五輪・パラ五輪、10月のボブ・ディランのノーベル文学賞受賞が心に残りました。
 また大きな自然災害に襲われてしまった熊本の震災では、何回となく発生する余震に大変心が痛むとともに、いつか我々にも同じ災禍が訪れるのではないかと不安に思わずにはいられませんでした。普段からの備えと、万が一の時には隣人と助け合う気持ちが大事ではないでしょうか。
 リオ五輪では男子陸上400mリレーで日本チームが超人ボルト率いるジャマイカ・チームに肉迫して銀メダルを獲得したシーンに感動しました。第1走者の塾員・山縣選手の奮闘も素晴らしかったですが、何よりもチームワークが秀でていれば超人達とも互角に戦える事を世界に示した事が快挙だと思います。
 ボブ・ディランの唄う“時代は変わる(The Times They Are A Changing)”は50年近く前に聴いた時には感じなかったリアリティーを今は感じます。中国の台頭、米国の衰退、欧州の分裂などまるで地殻変動が起きているようで、時代が変わりつつある事を実感し、日本の行く先に不透明感と不安を覚えます。
 しかし変わり続ける時代にあって、我々には福澤精神という変わらない道標がある事をあらためて有難く思います。福澤先生の独立自尊の教えは、我々塾員に、時代に係らず、生涯に亘り歩むべき道を示しているものだと思います。
 本当に慶應義塾大学を卒業して良かったと思います。本年は船橋三田会も創立20周年を迎えますが、皆様にご協力賜りました「船橋三田会20周年記念奨学金募金」はおかげ様で目標額に到達し、昨年末に慶應義塾基金室に納付させて頂きました。あらためてご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。
 それでは最後に本年の会員の皆様と皆様のご家族の方々のご健勝とご多幸をお祈りして年頭のご挨拶とさせて頂きます。

                                平成29年元旦
                                 船橋三田会
                                 会長 井上 愼一






 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する