第24回 映画鑑賞会の報告 “関ケ原” 

    「愛」と「野望」、激突!   
      1600年9月15日 関ケ原。時代が、動き出す。

   日時: 平成29年9月10日(土)午後2時10分上映
   参加者:9名(うち映画は5名)
   場所: TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
   作品: “関ケ原”(日本映画)
   主演: 岡田准一(石田三成)、役所広司(徳川家康)、平 岳大(島 左近)
        有村架純(初芽)
   監督: 原田 真人

参加した皆さんのコメント:
 ◆映像のすばらしさに感動した。歴史好きの人にとっては最高に面白い映画です。(拍手)

 💛人間模様が良く描かれていた。家康が良かった。 
 
 ♠日本映画としてはスケールが大きく迫力のある戦場場面。 関ケ原の戦いの時代背景と戦国武将の駆け引きは良く理解できた。有名な歴史なので一層楽しく鑑賞しました。

 🍀雄大な映画です。ただ、人間関係が複雑で少し理解に苦しみました。

 ●テレビと違い、大画面による迫力があった。 

 ■主役の三成、家康、左近、初芽のそれぞれの“生きざま”を監督は見る人に伝えたかったのだと思う。

皆さんの採点は、75点でした!!

名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!!
酒もうまいです。
1 2 3
4 5 6
7 8←写真クリックで拡大

                      文責 小野民平(S47年商卒)





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する