FC2ブログ

東京六大学野球7季ぶりの優勝! 

慶應義塾大学体育会野球部は、東京六大学野球2017秋季リーグ戦慶早戦で早稲田大学に連勝し、2014年春以来7季ぶり35回目の優勝を果たしました。
今回は慶應義塾が1敗した瞬間、明治大学に優勝をさらわれるという大変なプレッシャーの中での2連勝。まさに最後の最後まで「優勝」の2文字を諦めない粘り強さが勝利をつかみ取ったものと言えましょう。
数日前からの台風の影響で悪天候が続きましたが、我々船橋三田会応援団は1回戦(10月28日)、2回戦(10月30日)とも14名の精鋭が内野席(旧称:学生内野)に陣取り、選手、塾生、塾員一丸となって終始声援を送り続け、得点のたびに全員肩を組んで「若き血」を歌いました。1回戦は2対1、2回戦は7対2で勝利し優勝を決めました。優勝が決まった瞬間は、慶應3塁側タンドから大歓声が上がりました。
振り返れば、今シーズンは初戦で東大に1敗するなど苦しい船出となりましたが、後半戦は強豪の明治、立教を打ち破り6連勝、その勢いで宿敵早稲田を打倒しました。
船橋三田会は2008年春以来、20季連続で慶早戦応援団を結成し、累計で約400名の応援団を動員してまいりました。今後も大応援団を神宮に送り込み、応援し続ける所存です。
会員の皆様は是非神宮球場に足を運んでいただき、慶應義塾大学体育会野球部を応援してくださいますようお願い申し上げます。
最後に、今回も慶應義塾大学應援指導部の塾生諸君には大変お世話になりました。紙面を借りて厚く御礼申し上げます。
1-1 1-2 1-3
1-4 1-5 1-6
↑写真クリックで拡大します
                     (船橋三田会慶早戦応援観戦会実行委員記)







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する