FC2ブログ

第12回「サイエンスカフェ in ふなばし」を開催しました! 

7月6日(土) 13:00 「サイエンスカフェ in ふなばし」(於 船橋情報ビジネス専門学校)が開催されました。
このイベントも今年で12回目を迎え、慶應義塾大学の新進気鋭の科学者を招き、お茶とお菓子を頂きながらリラックスした雰囲気の中で最先端の科学研究の成果に触れて頂きました。

募集においては、船橋市教育委員会のご後援をいただき、市内の公立小中学校の理科担当の先生へのご案内や「広報ふなばし」、タウン情報誌(「ちいき新聞」、「My Funa」等)での開催案内など地道な活動を通して、今回30名のうち学生26名(中学生10名、小学生16名) 教員1名、一般3名の参加があり、大変盛況なイベントとなりました。
小学3年生から75才のシニアまで、子供から大人まで幅広い年齢層に亘り、「ロボットのサイヤンスと未来」について「自分の頭で考える」機会を提供することができたものと存じます。

また、慶應義塾塾員センターからは慶應義塾大学の案内パンフレットと慶應のロゴ入りメモパッドをご提供賜わり、参加者や付き添いの方々にお持ち帰りいただきました。

今回の講師   桂 誠一郎 教授
(慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科)
テーマ 
     「夢のある未来のロボット社会をデザインしよう!」

桂教授は「力の加減」や「触覚」などを伝達する最先端ロボットの研究・開発で世界的に注目されている研究者です。

最初に桂教授より、プロジェクターを用いて、日々研究されていることや科学研究を志す大切さを小中学生にも分かり易くご説明された後、参加者は4つのテーブルに分かれて桂研究室の学生の皆さんのサポートのもと、「倒立振子の制御」機器を実際に操作することで、機器で棒を立たせ維持する仕組みを学びました。
その後、今後のロボット社会についてグループで話し合い、発表した後には、桂教授より「未来博士号」が全員に授与されました。

学校の授業では経験できない大学の「最先端研究」を実際に子供たちに直接触れて頂く、体感型の学びの場を実現することができました。
慶應義塾を越えて、地域社会への貢献をテーマにこの「サイエンスカフェin ふなばし」というイベントはスタートしましたが、「サイエンス」を伝えるという意味で船橋の一般の皆様への貢献を具現化することが出来たものと確信しています。

当日はJ:COM社のTV取材を受け、7月9日のデーリーニュースで放送されました。

最後に、このイベントの準備段階から熱心にお取り組みいただいた桂先生、そして実験やグループディスカションをお手伝いいただいた桂研究室の学生の皆さん、多大なるご協力を頂き感謝申し上げます。

201907301 201907302 201907303
201907304 201907305 201907306
201907307 201907308 201907309
2019073010 2019073011 2019073012
↑写真クリックで拡大
         (船橋三田会 「サイエンスカフェ in ふなばし」 実行委員会記 )










スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する