FC2ブログ

第37回 映画鑑賞会の報告 

      『カツベン』(邦画)
 時は大正時代、無声映画を活動弁士が盛りあげる。
    周防監督が贈るエンターテインメント


    日時: 令和元年12月15日(日)午後14時35分上映
    参加者:8名
    場所: TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
    作品: 『カツベン』(邦画)
    監督: 周防 正行
    主演: 成田 凌、 黒島 結菜、 永瀬 正敏、 高良 健吾、
        
参加した皆さんのコメント:
◆無声映画がトーキー映画に切り替わる時代の変化を背景に、全盛期の弁士の活躍やその周辺の人物達を描いた娯楽映画。周防監督の持ち味が濃厚な作品だが、主役を務めた新人俳優が魅力的である。

💛周防監督らしい凝りに凝った内容で観応えがありますが、ラスト30分に難あり。テーマの詰めが甘かったような気がします。

♠映画の歴史に触れて、改めて映画を楽しむ人々に心がワクワクしました。当時は娯楽が少なかったので、カツベンはスターだったんですね。心温まる娯楽映画だと感じました。

🍀『ニュー・シネマ・パラダイス』をパクったシーンが多く、オリジナリティがないのがとても気になった。

●映画を愛する人々にぜひ観ていただきたい作品です。

皆さんの採点は、67点でした。

名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!!
酒もうまいです。


202002091202002092202002093
202002094202002095202002096
202002097202002098202002099
20200209102020020911
 ↑写真クリックで拡大
                      文責 小野民平(S47年商卒)






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する