FC2ブログ

第39回 映画鑑賞会の報告  『罪の声』(邦画) 

脅迫テープに残された子どもの声 「俺の声だー」

日時: 令和2年10月30日 封切り
参加者:アンケート回答 5名
場所: コロナ禍の為、集合はせず各自が自主的に映画館で鑑賞して
    鑑賞後の意見をアンケート回答しました。
作品: 『罪の声』(邦画)
    監督: 土井 裕泰
    主演: 事件の真実を追い求める新聞記者役(小栗 旬)
        幼少の自分の真実を知ってしまう男役(星野 源)
        
参加した皆さんのコメント:
 ◆脚本が巧みで、最後まで飽きさせずに見せます。ただ、映画としては、何か物足りなさを感じました。テレビドラマ出身の監督のせいかな。
  梶芽衣子のキャスティングは面白いです。それと、成人した「弟」が良かったです。
  あの俳優、NHKの朝ドラ「エール」で、音(主人公の妻)の小学校の先生役で出ていました。
 💛ぐいぐいと新しい展開に引きずり込まれました。
  「罪の声」の題名にすべてがこめられていて、最後は少し安堵できたので、ほっとしました。
 ♠数多くのテーマが織り込まれていて、いろいろ考えさせられました。今年初めての映画で十分楽しめた。
 🍀事件は正義と不正だけで片付けられない複雑な背景がある。最後は、前を向いて歩き出す人々を応援してくれる映画。
 ●女房と映画館で観ました。この原作のモデルになった事件のころの自分(学生時代)を思い出しました。とても興味深く見ました。

皆さんの採点は、84点でした。
名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!! 酒もうまいです。
文責 小野民平(S47年商卒)

                 

368008_001[1] 368008_002[1] 368008_003[1] 368008[1] 368008_008[1] 368008_009[1] 368008_011[1] 368008_012[1] 368008_018[1] 368008_019[1]




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する