fc2ブログ

43回 映画鑑賞会の報告  『BAD LANDS』(日本映画) 姉弟が向かう先は“天国”か”地獄“か 

日時: 令和5年10月9日(月・祝)午後13時30分上映
参加者:12名
場所: TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
    監督: 原田 眞人
    主演: 安藤サクラ、山田涼介、生瀬勝久、宇崎竜童、江口のりこ
        
参加した皆さんのコメント:

 ◆安藤サクラが凄い!

 💛前半の特殊詐欺グループの集団での犯行未遂のシーンが圧倒的に素晴らしい。安藤サクラは、好演。生瀬勝久もあくの強さが良く出ていた。IT長者社長絡みのシーンが全体にリアリティがなく残念。特に終盤の山田涼介がIT長者を殺しに行くところは、いくら何でもチョットという感じで、傑作とは評価できませんでした。でも秀作です。

 ♠ラストシーンは一体 何を言いたかったのか、疑問を持ちながらでしたが、皆さんの感想をお聞きし「なるほど」と納得したような始末でした。早口の大阪弁についてゆけないところもあった。安藤サクラの演技は大したものだった。

 🍀題名は不毛地帯、荒れ地という意味だったが、物語(ストーリー)とすぐ結びつくかと言えば難しい。作品の舞台である大阪(西成区あたり)を指しているのか、主人公たちの心のありようを指しているのか、あるいは両方か?特殊詐欺グループの犯罪活動とそれを追う警察活動を軸に、安藤サクラ演じる主人公とその弟の行動が絡む。安藤の演技力は光るが、共演者にも演技力ある役者が多く楽しめるエンタメ作品。

 ●面白い娯楽映画とは思いますが、筋が混乱していて、今一すっきりしない後味でした。これは、2回観ないと理解できないかと思います。
 
皆さんの採点は、78点でした。
                      文責 小野民平(S47年商卒)


640 (2)640 (1)640_2024011201484415c.jpg640 (13)640 (10)640 (9)640 (8)640 (7)640 (5)640 (6)640 (4)

スポンサーサイト