船橋稲門会 “稲門ウォーカーズ”29年度4月例会のご案内 

船橋三田会会員の皆様

このたび船橋稲門会様から “稲門ウォーカーズ”29年度4月例会のご案内をいただきましたので
お知らせいたします。
ぜひ奮ってご参加ください。
なお、当日自由参加(雨天中止)となっておりますので、事前の参加申し込み等は「不要」とのことです。

=====================================================================
4月例会は、歩きたくなるみち500選「市川の歴史と近代文学のみち」の一部である市川真間駅→弘法寺→下総国分寺→じゅん采池→里見公園を歩き、その後江戸川の堤防沿いを北へ進み、矢切の渡し(200円/人)で対岸に渡り、柴又帝釈天まで歩きます。桜花は散ってしまうと思いますが、春爛漫の中の気持ち良いウォークが期待できます。ご参加をお待ちしております(参加・不参加の連絡は不要、雨天の場合は中止)。

集 合:4月16日(日)京成線「市川真間駅」・改札口 10:00(時間厳守)

コース名 :市川市(弘法寺、下総国分寺、じゅん采池、里見公園)から柴又帝釈天へ
         コースマップは当日お渡しします。
  ショート :「市川真間駅」からじゅん采池まで約6kmを歩行
          じゅん采池停留所のバス時刻(JR市川駅行)
          12:19、39    13:08、39   14:04、19、39
   ロング :「市川真間駅」から柴又帝釈天まで約11kmを歩行

昼 食:ショート、ロングともに、じゅん采池で12時頃

持ち物:昼食、飲み物、雨具(天気予報確認要)

当日緊急連絡先:佐藤邦弘(携帯080-3010-2170)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                H29.4.12 船橋三田会事務局(記)



福澤精神研究会「第10回講演会」 参加者募集開始! 

船橋三田会会員の皆様へ

昨年ご好評を賜りました福澤精神研究会「講演会」を、本年度も都倉准教授を講師にお招きし、4月16日(日)開催することとなりました。
船橋三田会会員及び近隣三田会会員の方で、ご参加をご希望の方は、下記申し込み方法にてお申し込みください。
先着40名様です。
・場所:船橋市中央公民館4階、第2会議室
・時間:15時30分~17時30分(開場は15時10分)

◆演題 : ”福翁自伝”の読み方!
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年の演題であります“福翁自伝”は、『単純な自伝ではなく、ある意図をもって書いてある。』と、都倉講師のお言葉です。
さてある意図とはなんでしょうか? 
今回の福澤精神研究会はこの謎を解く貴重な講演会となります。 
“福翁自伝”は自伝文学の傑作として広く世に知られておりますが、我々塾員にとって福澤精神を福澤先生の実人生を通して学ぶことができる必読書と言われています。中国の台頭、米国の衰退、欧州の分裂など地殻変動を思わせる国際情勢の変化の中で、時代の変化に係らず我々の貴重な道標となるのは福澤精神ではないでしょうか。
今回の福澤精神研究会も我々に多くの重要なヒントを与えてくれるものと思われます。

   チラシ2クリックで拡大します  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、講演会後に「都倉講師の慰労会」&「懇親会」を設定させて頂きました。こちらは、先着27名に限定させて頂いております。ご参加をご希望される方は、講演会ご参加申し込みと同時にお願い致します。

■お申込方法
船橋三田会ホームページ「事務局」←クリックでアクセス)へアクセス。
 氏名、電話番号、所属、講演会参加又は講演会及び懇親会参加、他を記入申込。
②下記携帯電話へご連絡。
 船橋三田会講演会実行委員(井町携帯:090-8819-3705)

■詳細は、上記”チラシ”をご参照お願いします。

                  H29.2.18 講演会実行委員




詩吟教室(船橋愛吟会)のご案内 

船橋稲門会より「詩吟教室(船橋愛吟会)」のご紹介がありましたので、船橋三田会会員の皆様にご案内させて頂きます。

◆月2回 : 第2土曜日、第4土曜日  午前10時~12時
 
◆場 所 : 船橋北口みらい図書館

◆会 費 : 1,500円/月

◆流 派 : 日本詩吟学院(木村岳風が始めた会派)
  講 師 : 小俣 泰岳 (日本詩吟学院 準師範)

詳細は、下記チラシをご覧ください。
 詩吟
  ↑チラシクリックで拡大します

H29.1.26 船橋三田会事務局(記)









 






年頭のご挨拶 

 新年明けましておめでとうございます。
 旧年中は船橋三田会の活動にご支援、ご協力を賜りまして誠に有難うございました。
 昨年も色々な事がございました。私は4月の熊本震災、8月~9月のリオ五輪・パラ五輪、10月のボブ・ディランのノーベル文学賞受賞が心に残りました。
 また大きな自然災害に襲われてしまった熊本の震災では、何回となく発生する余震に大変心が痛むとともに、いつか我々にも同じ災禍が訪れるのではないかと不安に思わずにはいられませんでした。普段からの備えと、万が一の時には隣人と助け合う気持ちが大事ではないでしょうか。
 リオ五輪では男子陸上400mリレーで日本チームが超人ボルト率いるジャマイカ・チームに肉迫して銀メダルを獲得したシーンに感動しました。第1走者の塾員・山縣選手の奮闘も素晴らしかったですが、何よりもチームワークが秀でていれば超人達とも互角に戦える事を世界に示した事が快挙だと思います。
 ボブ・ディランの唄う“時代は変わる(The Times They Are A Changing)”は50年近く前に聴いた時には感じなかったリアリティーを今は感じます。中国の台頭、米国の衰退、欧州の分裂などまるで地殻変動が起きているようで、時代が変わりつつある事を実感し、日本の行く先に不透明感と不安を覚えます。
 しかし変わり続ける時代にあって、我々には福澤精神という変わらない道標がある事をあらためて有難く思います。福澤先生の独立自尊の教えは、我々塾員に、時代に係らず、生涯に亘り歩むべき道を示しているものだと思います。
 本当に慶應義塾大学を卒業して良かったと思います。本年は船橋三田会も創立20周年を迎えますが、皆様にご協力賜りました「船橋三田会20周年記念奨学金募金」はおかげ様で目標額に到達し、昨年末に慶應義塾基金室に納付させて頂きました。あらためてご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。
 それでは最後に本年の会員の皆様と皆様のご家族の方々のご健勝とご多幸をお祈りして年頭のご挨拶とさせて頂きます。

                                平成29年元旦
                                 船橋三田会
                                 会長 井上 愼一






 

船橋三田会20周年記念募金開始のお知らせ 

船橋三田会20周年記念募金開始のお知らせ

 

平素より大変お世話になっております。

さて船橋三田会ではご案内の通り、平成29年には創立20周年を迎えます。

このため記念事業の一環として、昨年の総会にてご承認賜りました慶應義塾への寄附金の募金を開始致しました。

 今月中旬に総会のご案内と共に、「船橋三田会20周年記念募金趣意書」をご送付させて頂きましたが、もうすでに寄附金申込書(はがき)をご返送戴いた会員の方もおられます。

 船橋三田会規約第3条(目的)にて「本会は会員相互の親睦を図り、地域社会に資すると共に、慶應義塾の発展に寄与することを目的とする。」と記されておりますが、今回の20周年記念募金はまさに慶應義塾の発展に寄与するものであると存じます。

何卒、ご趣旨をご理解賜りまして、積極的なご協力をお願い申し上げる次第です。

  

<募金概要>

募金名称:船橋三田会20周年記念募金

募金目的:慶應義塾に対して指定寄付を行い、船橋市在住の塾生で人物・学業成績ともに優秀で、かつ経済的に就学が困難な者を支援する奨学金(1回限り)と致します。本件の募金目的は、慶應義塾塾員センター及び基金室よりのアドバイスに基づくものです。

募金金額:一口5,000円から。できましたら二口以上のご協力をお願い致します。

免税措置:慶應義塾への寄附金として、税法上の優遇措置を受けることができます。

 

*詳細は、ご送付させて頂きました「船橋三田会20周年記念募金趣意書」をご参照ください。

 

平成288月吉日

船橋三田会 会長 井上 愼一