9月のお薦め映画 

〇関ヶ原 (邦画)  2時間29分

日本映画久々の超大作です。
司馬遼太郎原作の『関ヶ原』を映画化。主人公は、豊臣秀吉側近の石田三成(岡田准一)。徳川家康(役所広司が好演)との確執に焦点をあて、愚直なまでに「正義」を貫こうとする石田三成の生き様(いきざま)を、天下取りの野望に燃える徳川家康の「不義」と対比させて描いています。
見どころ満載です。まず、見どころ①は、東本願寺や姫路城など国宝級の歴史建造物でのロケーション。大河ドラマのセットとは、まるで重厚さが違います。
見どころ②は、これまでにない豊臣秀吉像、徳川家康像。特に役所広司演じる徳川家康が強烈な印象を残します。天下を取る人間の尋常ならざるキャラクターを見事に描いています。   
見どころ③は、なんといっても、後半の関ヶ原の合戦シーン。3千人のエキストラが投入されたそうですが、あちこちで局地戦が展開した合戦の模様をリアルに再現しています。

この映画は、脚本、映像、美術、音楽等々、大変丁寧に作られており、細部にまで心がいきとどいた、実に志(こころざし)の高い、内容の濃い作品だと思います。
ただし、映画として、映像表現を重視したためか、説明を極力排したドラマ構成で、関ヶ原の合戦の経緯となる諸々の事件や、あるいは各武将の動向等について、親切な説明はほとんどありません。周知の歴史的事実として話はどんどん進んでいきます。しかも登場人物のセリフのリアリティーを重視したせいか、早口だったり、あるいは方言だったりして、聞きにくい部分があります。
私は、もともと歴史的知識は乏しく、それでも、あえて予備知識なく鑑賞したのですが、背景の歴史的な事はよくわからなくても、人間ドラマとして充分に楽しめる内容になっており、全く退屈はしませんでした。このあたりについては賛否両論のようです。
しかし、できれば、豊臣秀吉の晩年あたりから関ヶ原の合戦までの経緯や、武将たちの相関図、また、関ヶ原の合戦における島津軍や毛利軍の動向、小早川秀秋の裏切り等については、概容を知っておいた方が、よりこの作品を楽しめるのではないかと思います。
映画好きの方には是非お薦めしたい作品です。尚、蛇足ですが、長尺ですので、トイレが近い方は気をつけて下さい。

[昭和55年文学部卒 上田則夫]





「第8回写真展」開催のご案内 

船橋三田会同好会「写好会」からのご案内です。
       ☆      ☆      ☆     ☆     ☆

                                    2017年8月吉日
船橋三田会 会員の皆様

                「第8回写真展」開催のご案内

残暑お見舞い申し上げます。雨交じりの曇天が続きスカっとした夏空を見ないままに8月も中旬になりましたがムシ暑さのピークもそろそろでしょうか。
さて、私共「写好会」は下記のスケジュールにて「第8回写真展」を開催いたします。

                   記

     会場:船橋市民ギャラリー 第2展示室
          (船橋スクエア21ビル3階)
     会期:8月29日(火)~9月3日(日)
     時間:10:00~17:00(最終日は16:00まで)
     出展者:9名
    
2009年1月に発足しました「写好会」もお陰さまにて8回目の写真展を開催する運びになりました。この間、高齢化の流れもあり会員は入れ替わっておりますが、これからも仲良く楽しく親睦を深めながら写真を通じてより充実した人生をエンジョーイしてまいりたいと思っております。 企画展の「世界三大瀑布」を訪れた記録写真(内田君作品)も合わせお楽しみください。
残暑厳しい折ですが是非お立ち寄りいただき忌憚のないご意見ご感想をお寄せいただけましたら幸甚に存じます。
 写真1 写真2
 ↑写真クリックで拡大

                         写真同好会「写好会」一同  
       ☆      ☆      ☆     ☆     ☆

H29.8.11 船橋三田会事務局





                  

第23回 映画鑑賞会の報告 

     “ハクソー・リッジ”   
      武器を拒み 救出に徹した兵士の感動の実話!

        日時: 平成29年7月2日(土)午後2時45分上映
        参加者:6名(うち映画は4名)
        場所: TOHOシネマズ 八千代 緑が丘
        作品: “ハクソー・リッジ”(米映画)
               主演:アンドリュー・ガーフィールド
                   テリーサ・パーマー
               監督:メル・ギブソン

参加した皆さんのコメント:
 ◆銃を持たずに衛生兵として多くの兵士の救出にあたった行動で、良心的兵役拒否者として初めての名誉勲章を得た人物の実話に基づいていると聞き、驚きを禁じえなかった。

 💛沖縄での戦闘シーンは、日本軍が悪者に描かれていたのは、観ていて辛かった。

 ♠倒れても、まだ息をしている負傷兵を「オレが故郷に帰してやる!」と声をかけ、救出する勇気ある行動に心を打たれた。
 
 🍀戦闘シーンは壮絶ですが、基本的には繊細な戦争映画でした。

 ●これが実話ということにびっくりです。日本軍では到底認められないでしょう。
  アメリカの民主主義に脱帽しました。戦争は絶対やってはならない。 

 ■沖縄戦を映画で観るには、まだ70年で、私には早すぎた。

皆さんの採点は、76.7点でした!!

名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!!
酒もうまいです。

1 2 3
4 5 6
7 8←写真クリックで拡大します

                      文責 小野民平(S47年商卒)



第22回 映画鑑賞会の報告 

第22回 映画鑑賞会の報告 “ラ・ラ・ランド”
      思わず一緒にリズムをとって体を動かし、歌を口ずさみたくなる。
      映画史に残る おすすめミュージカル映画! 

日時: 平成29年3月11日(土)午後3時30分上映
参加者:7名(うち映画は6名)
場所: 市川コルトン・プラザ TOHOシネマズ
作品: “ラ・ラ・ランド”(米映画)
          主演:エマ・ストーン(アカデミー賞主演女優賞)、
             ライアン・ゴズリング
          監督:ディミアン・チャゼル

参加した皆さんのコメント:
◆映像、音楽、ストーリー、すべてに感動しました。この映画が「名画」として
  歴史に残る作品だと思います。今日で2回目ですが、益々好きになりました。
  ラストシーンは最高です!


💛胸キュン恋愛映画の大傑作!! 映画ファンは必見だと思います。 

♠すばらしい映画でした。もう一度、見たいと思います。
 
🍀夢を追う若い二人は、お互いの夢を応援し合う。
  美しい音楽と 楽しいダンスに 観ている観客は引き込まれてしまう。
  そして、二人の結末・・・・。
  私の「好きな映画」が、また一つ増えました。


●丁寧な作品つくりのお蔭で、季節が変わるごとに二人の恋する気持ちの変化が
  伝わってきた。 

■とても良い映画でした。ラストシーンは、引き込まれました。

皆さんの採点は、満点でした!!

写真1 写真2 写真3
写真4 写真5
 ↑写真クリックで拡大

                      文責 小野民平(S47年商卒)





3月のお薦め映画 

〇ラ・ラ・ランド (米)  2時間8分

前作『セッション』で注目を集めた若干32歳の若き監督が、今度は、大好きなミュージカル映画への敬意を込めて、ミュージカル仕立ての恋愛映画を作りました。
シネマスコープの画面、テクニカラーの極彩色の衣装といった往年のハリウッドミュージカル映画や、『シェルブールの雨傘』などのフレンチミュージカルの雰囲気を基調にしながら、ジャズや現代的なポップスも取り入れ、映像も自由自在。どこか懐かしく、それでいて新しい、不思議な映像空間を作り出しています。
LALALANDとは、LAすなわちロサンゼルスをさしているらしいですが、この映画は、ロサンゼルスで夢を追う若者のお話です。
女優を夢見てコーヒーショップで働く女性ミオ(エマ・ストーン)と、ジャズバー経営を夢見るピアニストの男性セブ(ライアン・ゴズリング)の恋物語。2人が出会い、恋に落ち、共に暮らす幸せな日々、そして別れ。それだけの単純なストーリーですが、恋のせつなさと喜び、夢を追う事の光と影を、抜群の映画センスで、情感豊かに描いています。
ロマンチックな胸キュン恋愛映画の名作として、後世に語り継がれていく作品だと思います。映画ファンは必見。是非映画館でご覧下さい。
           (私の採点は、ほぼ満点の ☆☆☆☆★★)

[昭和55年文学部卒 上田則夫]