fc2ブログ

船橋三田会2023ハワイアン・サマーパーティー開催される 

■場所:  船橋市本町 東魁楼本館
■日時:  2023年8月19日(土)  12時半~14時半
■参加者: 34名
■内容:  食事を楽しみながらのハワイアンバンドの演奏鑑賞
■出演: バンド🌸アロハ・パラダイス 
     フラダンスグループ🌸ラウリーガールズ
     ウクレレ&ボーカル・グループ 🌸サクラニアン・ブリーズ

 四街道三田会・堀口俊一郎氏のご協力によりハワイアン・サマーパーティーを東魁楼本館にて開催しました。近隣三田会からは、葛飾、九十九里、四街道、城北の方々にもご参加頂きました。バンド演奏とフラダンスは、総勢10名の出演者をお迎えし、多いに盛り上がりました。

 当日は、慶応義塾高校の甲子園ベスト4進出という吉日でしたので、美酒に酔いしれ、佐藤会長、見崎副会長の美声に刺激された羽原氏の飛び入りの歌声も入り、参加者の多くが輪になってフラダンスを一緒に踊り、船橋三田会の盛り上がりを感じる事ができました。

 最後は、生演奏による「若き血」の大合唱と佐藤会長のエールによりお開きをなりました。エールの際は、慶応義塾高校の勝利にあやかり「勝ったぞ!勝ったぞ!慶應!」と叫びつつ以後の勝利を祈願しましたが、その後の結果は107年ぶりの慶応義塾高校の優勝という快挙となりました。参加者の皆様からも「ぜひ来年も参加したい」とのお言葉をいただきました。

                                     (2023ハワイアン・サマーパーティー実行委員会)
🚩 画面をクリックすると拡大画面になります

SMG_7072.jpg1693177758878.jpgSSIMG_7079.jpgSIMG_7095.jpgSIMG_7085.jpgSIMG_7074 - コピーSIMG_7080 - コピーSIMG_7068.jpgSIMG_7063.jpgSIMG_7051.jpgS.jpg1693178078122 - コピーSIMG_7093.jpg

慶應義塾高校の全国高等学校野球選手権大会優勝祝辞(慶應連合三田会長) 

船橋三田会会員 各位

 先日の慶應義塾高等学校野球部の嬉しいニュースを受け、慶應連合三田会長からのメッセージが届いておりますので、以下ご披露いたします。    事務局

🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎🥎


                                         2023年8⽉24⽇
三⽥会 各位
                                            慶應連合三⽥会
                                            会⻑ 菅沼安嬉⼦
拝啓
  猛暑続きの夏ですが、皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしのことと拝察申し上げます。
  慶應義塾⾼等学校野球部は、神奈川⼤会を勝ち進み、甲⼦園の全国⾼等学校野球選⼿権⼤会に出場を果たしました。
  甲⼦園に⾏くことだけでもすごい事とされているのに、順調に勝ち進み決勝まで⾏くという快挙を成し遂げました。素晴らしいプレーの数々。もしかして優勝まで?という思いは皆様の胸によぎったのではないでしょうか。その夢が叶いました。

  初戦から慶應の応援席は群を抜いて満員でその応援はメディアが取り上げるほどでしたが、決勝戦の応援のすごさは甲⼦園始まって以来ではないかと思います。
  森林貴彦監督はエンジョイベースボールという理念で選⼿達をのびのびとプレーさせ選⼿たちもそれに答え、⼤応援団の⼒をもらい、ついに107年ぶりの優勝を果たしました。甲⼦園で応援した⽅も、⾏かれなくてテレビやラジオ、携帯で⾒守っていた⽅々も全員の応援の思いの総⼒を結集した優勝だったと思います。本当にありがとうございました。

  伊藤公平塾⻑は⼀番激戦区の神奈川⼤会を勝ち抜いたのだから、優勝すると信じたおられたそうです。決勝の22⽇は予定を⼊れなかったのに、台⾵で⼀⽇延期されたので決勝戦を甲⼦園で応援できなかったそうですが、塾⻑の監督と選⼿やスタッフ達を信じる⼒はきっと伝わったことでしょう。

  私はこの素晴らしい慶應義塾の、強い団結⼒を持つ絆を⼼から誇りに思います。慶應⾼校野球部は私達に⼤きな⼒をくれました。その⼒で慶應連合三⽥会も益々強固な絆で活動していきたいと思っております。今後とも皆様のご⽀援をよろしくお願い申し上げます。
                                                     敬具



慶應箱根駅伝プロジェクト クラウドファンディングご協力のお願い  

                                          2022年6月吉日
船橋三田会の皆様                               
                                          船橋三田会
                                          会長 佐藤 修
 
 日ごろは当会活動にご支援とご協力を賜り誠にありがとうございます。
毎日蒸し暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

 さて、皆様ご存知の通り毎年お正月に箱根駅伝大会が開催されます。慶應義塾体育会競走部では2017年より箱根出場をめざして慶應箱根駅伝プロジェクトを推進していらっしゃいます。昨年、同プロジェクトでは活動資金確保のため初めてクラウドファンディングによる寄付金募集にチャレンジされ、慶應義塾関係者の絶大なるご支援とご協力により見事目標金額を達成されました。

 このたび同プロジェクトから本年もクラウドファンディングによる寄付金募集に挑戦される旨のご連絡をいただきました。つきましては、下記依頼文をご一読の上、本活動の趣旨にご賛同いただける方はぜひとも寄付金募集にご応募下さいますようお願い申し上げます。
以下、依頼文転記
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

                                         令和5年6月吉日
船橋三田会御中
                                        慶應義塾体育会競走部
                                         監督 鹿又 理
         『慶應箱根駅伝クラウドファンディング』ご協力のお願い

 拝啓 夏至の候、船橋三田会の皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、慶應義塾体育会競走部は、創部100周年を迎えた2017年より慶應箱根駅伝プロジェクトを始動しました。これまで多くの方々のご支援のおかげで、充実した強化活動を積み重ねて参りましたが、足もとでは新規の寄付金が伸び悩んでおり、活動資金が十分に確保できていない状況となっております。 そこで、昨年度に引き続き、今年度も下記の通りクラウドファンディングによる寄付金募集に挑戦しております。
                      記
2023年度 慶應箱根駅伝クラウドファンディングの概要
募集開始: 6/27(火)20:00
募集終了: 7/17(月)23:00
目標金額: 第1目標 720万円 (選抜合宿費用の全額補助)
                 第2目標 + 230万円 (全員参加合宿の一部補助)
       = 累計 950万円       
寄付金額: 1口3,000円の「純粋応援コース」から 1口100万円の「ダイヤモンドサポーターコース」まで10種類のコースをご用意

 昨年度の箱根駅伝予選会は、1、2年生中心のメンバーで臨んだこともあり苦杯を喫することとなりましたが、その後に厳しいトレーニングを重ねてきたことで、今や主力選手たちは箱根駅伝出場校のメンバーとも遜色のない力をつけて参りました。今年の夏も皆様のご支援により避暑地で長期の合宿を実施することができれば、課題である5番手以降の選手たちの底上げによって、30年振りの箱根駅伝本選出場に大きく近づくことができるものと考えております。
 慶應箱根駅伝プロジェクトは、これまでも、そしてこれからも、塾員の皆様のご寄付で成り立っております。上記の募集ページをご高覧頂き、本件の趣旨にご賛同頂ける方々には、是非ともご支援と周囲へのお声掛けを頂きたく、お願い申し上げます。
                                                  敬具



慶應義塾大学體育會競走部 「箱根駅伝プロジェクト支援」講演会を開催 

 船橋三田会では、2023年6月24日(土)船橋情報ビジネス専門学校(鳥居高之学校長 S62理工卒)を会場に競走部の箱根駅伝出場を支援すべく「箱根駅伝プロジェクト支援」講演会を開催しました。今回地域三田会(順不同:・木更津三田会 ・四街道三田会、葛飾区三田会、渋谷三田会、佐倉三田会、千葉三田会、船橋三田会)より塾員及びそのご家族33名に参加頂きました。

 箱根駅伝については、1920年の第1回大会に出場した4校のうちの1校であり、出場30回、総合優勝1回という輝かしい伝統があります。1994年の第70回大会を最後に近年は予選会を突破できずにいますが、創部100周年を機に再び本格的な強化を開始しています。

 本講演ではこれまでの箱根駅伝と慶應の歩み、そして競⾛部が抱える課題やそれを克服すべく取組みについて駅伝チームのヘッドコーチ 保科光作様にお話頂きました。さらに現役の選手2名 田島 公太郎君(環3、ブロック長)、安田 陸人君(商2)そして活動を支える マネージャー 空岡 和さん(政4)からも出場にかける熱い思いについてお話頂きました。講演会の最後に活動支援のための船橋三田会からそして講演会参加費の全てを寄付金として贈呈し、募金箱での追加寄付の資金支援を実施いたしました。

 講演会終了後、さらに支援の気持ちを深めるべく立食での懇親会(15:30~ 会場:ぐらんあるぶる、カジュアルフレンチ)を開催しました。和やかな雰囲気の下、参加塾員や競走部メンバー同士のさらなる懇親が深まり、会の締めには佐藤会長の指揮の下、「若き血」の熱唱となりました。

 今後秋の箱根駅伝予選会(10月14日)に向けて合宿など厳しい練習の中、選手たちは日々努力をしていくこととなります。日々の努力が成果に繋がることを祈念しております。
以下 支援PJ クラウドファンディングHPです。

IMG_6805 - 縮小IMG_6815 小IMG_6893 - 小IMG_6820 -小IMG_6818 -小IMG_6822 - 小IMG_6823 - 小IMG_6832 -小IMG_6837 - 小IMG_6825 -小IMG_6866 - 小IMG_6865 - 小IMG_6855 -小IMG_6869 -小IMG_6872 - 小IMG_6876 - 小IMG_6862 -小IMG_6883 - 小IMG_6886 -小IMG_6903 - 小IMG_6898 - 小IMG_6918 -小IMG_6899 - 小IMG_6912 -小

福澤精神研究会第16回講演会 「福澤諭吉から慶應野球 Enjoy Baseball」を開催 

 2023年5月21日(日)午後、船橋市中央公民館にて慶應義塾福澤研究センターの都倉武之准教授による「福澤諭吉から慶應野球 Enjoy Baseball」という演題で講演会を開催しました。この講演会には毎回近隣三田会の皆さんにも出席して頂いていますが、今回も船橋稲門会、城北三田会、江戸川三田会、浦安三田会、市川三田会、佐倉三田会、八千代三田会、四街道三田会、木更津三田会、千葉三田会からの参加もあり、総勢30数名を数えました。また、講演会終了後には久しぶりに近くの居酒屋で都倉先生も囲みながら懇親会を行いました。

 今回の講演では、近代日本スポーツの特質=精神性を強調する傾向、特に野球に典型的に見られるに対し、他校の歴史と著しく異なる文化を形成している慶應野球部(Enjoy Baseball)を比較検討しています。なお、スポーツは体育よりも広い概念とされています(例:日本体育協会 → 2018年 日本スポーツ協会)。

 日本の伝統的なスポーツ観・野球観は、武術に由来する武道(求道・精神性重視)であり、早稲田大学の「一球入魂」などにその表れを見ることができます。また、気合と根性、しごきなど合理性や科学性を疎んじ、過度な規律や集団主義(共同責任)の中、技術をさげすみ、遊戯性を否定し、競技は神聖なものとしています。そこから「楽しい」のは真剣味が足りないのであり、学業軽視(除籍中退当たり前)で全てをかけるのが良しとされ、勝利が全てという見方につながっています。この考えは、一高野球部の「野球年報」1903年や学生野球の父と言われる飛田穂洲早大監督の「中等野球読本」に表現されています。

 しかし福澤諭吉の考えは違いました。彼は適塾での医学修得から科学的・合理的な健康管理の意識がありましたから日本で初めて学校教育に体育を導入(1868年)し、「慶應義塾の記」(1868年)でジムナスチック、運動場で楽しみながら身体を動かす時間を設けるよう主張しています。また1893年3月「時事新報」社説「体育の目的を忘るゝ勿れ」(後に塾生副読本「修行立志編」「福澤文選」に収録)では、体育を口実に「遊戯に耽り、学業を怠り」「不養生」「不品行」は「言語道断」と断じ、慶應のスポーツのあり方を長く方向付けた一文を残しています。学生スポーツとしての節度を守れと言うことでしょう。

 その後の小泉信三、鷲沢与四二、三宅大輔、越本寿、平沼亮三、前田祐吉監督らの慶應人脈においてスポーツの教育的意義や学生スポーツのあるべき姿が論じられ現在に至っているが、その結果出来上がった慶應野球部の文化は次のようなもので、更に野球から社会を変える!との思想も生んでいると言いいます。
 ・学生の本分は学業(授業出席を前提に練習を組む)
 ・アメリカ的な野球(Enjoy)の追求
   積極的・闘争的プレー、相手へのリスペクト、知略的でスリリングなゲーム(試合
   巧者慶應)、科学性・合理性の重視、個の尊重、緩やかな上下関係
   
 最後に都倉講師は次のように結ばれました。
結局慶應義塾における学生スポーツは、福澤諭吉を原点に、学問が主、スポーツはそれを高めるものという点で一貫した思想を形成してきたものと言えよう(小泉信三だけではない)。それは、「学生スポーツ」とは何かという問いと向き合い、若者を育てることに真摯に取り組んだ傑出した歴史を有することは誇りとされて良いものと考えると。
                                                 以上
P.S. 我が母校は、今やスポーツ推薦が無いに等しい数少ない大学と言われています。
                                             文責:戸田裕二


IMG_6581 -小IMG_6576 -小IMG_6585 - 小IMG_6575 -小IMG_6588 -小
IMG_6599 - 小

第41回 映画鑑賞会の報告 『オットーという男』(アメリカ映画) 

我々の人生の空白を埋めてくれるのは、
お互い、つまり自分たちであり、隣人たちです。

日時: 令和5年3月19日(日)午後13時35分上映
参加者:8名
場所: TOHOシネマズ 日本橋
    監督: マーク・フォースター
    主演: トム・ハンクス  マリアナ・トレビー二ョ
        
参加した皆さんのコメント:
 ◆「孤独では人間は生きられない」ことを教えてくれる ユーモアで楽しい映画
 💛北欧で大ヒットした映画のリメイクとのこと。原作を見て、見比べてみたい。
 ♤良作で、楽しめるが、人間ドラマとしては物足りない。死にざまをきちんと見せてほしかった。名作「グラン・トリノ」と比較するのは酷か。
 🍀次回は、砕けた感じの娯楽映画(「リーアム・ニーソン主演のサスペンス映画」のような作品)も検討してください。
 ◎歳を取った時に、どういう人生の送り方をすべきか、を考えさせてくれる良い作品だった、
 ▲メキシコ人の奥さんが最高によかったです。
 
皆さんの採点は、73点でした。
名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!!
酒もうまいです。
                               文責 小野民平(S47年商卒)
640_2023050119435682b.jpg640 (8)640 (7)640 (5)640 (4)640 (3)640 (1)640 (2)

陸の王者 箱根路へ!慶應義塾體育會競走部 「箱根駅伝プロジェクト」支援講演会のご案内… 船橋三田会主催 

 慶應義塾は1920年の箱根駅伝第1回大会に出場した4校のうちの1校であり、出場30回、総合優勝1回という輝かしい伝統があります。慶應義塾體育會競走部は、学業だけではなく、またスポーツだけでもなく、文武両道という学生スポーツの本来のあり方を希求しながら箱根駅伝本戦への復帰を目指しています。
 講演ではこれまでの箱根駅伝と慶應の歩み、そして競走部が抱える課題やそれを克服すべく注力している取組みについて、駅伝チームのヘッドコーチからお話し頂きます。
                        記
<講演概要>
日  時: 2023年6月24日(土) 13:30~15:00 開場 13:00
講  師:保科光作(ほしなこうさく) 様 慶應義塾大学体育会體育會競走部ヘッドコーチ
会  場:船橋情報ビジネス専門学校(本館)
     (住所)船橋市船橋市本町7-12-16  ※JR船橋駅から徒歩5分
            (アクセスマップ) 船橋情報ビジネス専門学校  ← クリックしてください
参加対象:船橋三田会会員、近隣三田会員、及び会員のご家族・ご友人
定  員:40名 (事前予約制、定員に達ししだい締め切ります)
参 加 費 :1,000円(全額競走部の支援に寄付させて頂きます)

<懇親会 >
 講演会終了後、希望者と懇親会を行います(事前予約制)
日  時:同日、15:30より開催予定
場  所:ぐらんあるぶる(カジュアルフレンチ)
        千葉県船橋市本町7-4-23 矢作ビル 2F
内  容:軽い食事、ワイン、ビール、ソフトドリンク
会  費:3,000円 
申込方法:下記のいずれかの方法でお申し込みください。
 ①担当(船橋三田会 浅見孝)まで メール(t.asami1966@gmal.com)、
  または携帯ショートメール 携帯090-3007-3785
 ②船橋三田会ホームページ http://funabashimitakai.blog41.fc2.com/  
  ブログに投稿するかたちで申し込む。但し、そのままだとブログで公開されてしまうので、携帯番号やアドレスを公開
  したくない方は、管理人のみに公開とするにチェック(✔)してください。 

 申込内容:①講演会、懇親会 参加の有無、②氏名、③卒年・学部、④所属三田会等、
      ⑤連絡先:携帯番号 及び メールアドレス
【講師略歴】
2003年 日本体育大学入学。2003年の出雲駅伝で大学駅伝デビューし、3区の区間賞を獲得。卒業まで日本体育大学のメンバーとして大学三大駅伝で活躍する。大学1年生で出場した仙台国際ハーフマラソンで優勝。大学卒業後、日清食品グループに入社。
2010年、2012年のニューイヤー駅伝の優勝メンバー。
2016年 日清食品グループ陸上部コーチ
2017年 慶應義塾体育会競争部 長距離コーチ



講演 「福澤諭吉から慶應野球 Enjoy Baseballへ」のご案内  

船橋三田会 会員及び関係者の皆様

 桜の開花と共に春の訪れを実感する今日この頃ですが、会員及び関係者の皆様にはご健勝にお過ごしでしょうか?

 さて、毎年の恒例となり当会の人気イベントである福澤精神研究会の講演会を下記要領で開催します。今回の演題は「福澤諭吉から慶應野球 Enjoy Baseballへ」です。

 今まさに「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)」や春の選抜高校野球が開催中で、応援に手を汗を握る野球フアンの方も多いと思いますが、一度ここで日本における野球というスポーツのパイオニアの一員である慶應義塾の野球に対する関わり方「Enjoy Baseball」を振り返ってみたいと思います。そして、それを通じて福澤諭吉がどのような人材を育てようとしていたのかを考察します。

 また、久し振りに講演会後の懇親会を開催しますので、参加者の皆様が飲食を共にしながら講演内容や近況について語り合う機会として楽しんでいただければ幸いです。
                        記
<講演会>
日時:2023年5月21日(日)
     開場 15:10 
     講演 15:30~17:30(予定)
会場:船橋中央公民館 4階 第2集会室
    (住所)船橋市本町2-2-5 (電話)047-434-5551
    (最寄り駅)JRまたは京成船橋駅から徒歩5分
参加対象:船橋三田会会員、近隣三田会・稲門会会員、及び会員のご家族・ご友人
定員:40名(予約が必要です)  ※定員に達し次第締め切りますので、お早くどうぞ!
参加費:1,000円

<懇親会>
日時:講演会終了後
会場:日本海庄や 船橋南口店
    (住所) 船橋市本町1丁目3-1 船橋Faceビル地下1階
    (電話) 047-421-4201
会費:5,000円 (税込)/飲み放題付き

<申込方法>
下記のどれかにより「氏名、電話番号、所属団体(○○三田会、○○稲門会等)、懇親会参加の有無」を記入してお申し込み下さい。

(1)この記事の下部コメント欄に上記項目を記入し、投稿する。
           なお、その際は必ず「管理者にだけ表示を許可する」にチェックしてください。
(2)次の携帯電話に上記項目を記入したショートメッセージ(SM)を送信する。
   講演会実行委員(戸田)宛  090-5777-2245

 *********************************************
  福澤精神研究会 実行委員 戸田裕二
  **********************************************
第16回福澤精神研究会講演会

令和5年 新年のご挨拶    会長 佐藤 修 

 船橋三田会会員の皆様

 新年あけましておめでとうございます。
 会員の皆様におかれましては、健やかな新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
昨年も新型コロナウイルスの数次にわたる感染拡大により、不自由な日常生活を強いられた一年でした。さらに、ロシアのウクライナ侵攻による世界的な政情不安、原油価格・物価の高騰など激動の一年でした。
 
 このような中ではありますが、11月13日には十分なコロナ感染対策を講じた上で、3年ぶりに対面での総会・懇親会を開催することができました。久しぶりに実際に人と人がお会いし、直に語り合える楽しさ,有難さを改めて実感することができました。ご参加いただいた会員の皆様に心から御礼申し上げます。また、12月には慶應義塾への貢献の一環として「ウクライナ避難学生学びの継続支援特別プログラム」に対し船橋三田会として30,000円の寄付金を申し込ませていただいたことをご報告申し上げます。

 さて、本年もコロナ感染の先行きは依然として不透明な状況となっており決して油断はできませんが、それと同時に当会の活動の灯は灯し続けなければなりません。いかにコロナ対策と当会活動の継続・活性化を両立させてゆくか、これが本年の課題です。当会といたしましては、柔軟にコロナとの「共生」を図りつつ、会員の皆様の交流、親睦の輪を広げられるよう準備を進めてまいります。また、慶應義塾への貢献、近隣三田会との連携など対外的な活動にも状況が許す限り取り組んでまいる所存です。

 本年も「社中協力」のもと役員一同一丸となって当会活動を着実に推進してまいりますので、皆様の一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。
 
   令和5年  元旦
                                          船橋三田会
                                          会長 佐藤 修 

令和3年度定時総会及び懇親会を開催しました 


 令和4年11月13日(日)に、当会の令和3年度定時総会を船橋中央公民館で開催しました。2年振りに会員の皆さんに集まって頂くリアルな総会としたところ、会場出席者は全部で34名でした。議案は全て、満場一致(郵便投票分も含む)で承認されました。議案の内容は、総会時に配布又はその後お送りしましたお手許の資料をご覧願います。

 また、近年コロナ禍において人との接触を伴う活動が制限されたため、会費の一部還元及び当会への参加意識を高めて頂く趣旨で、慶應のロゴ及び船橋市の景観を入れた特製クオカードを作製し会員の皆様に配布しました(総会参加者には会場で配布、それ以外の会員には資料と共に郵送しています)。

 総会後、ホテルフローラ船橋(旧船橋グランドホテルが経営も変わり、内部もリニューアルされて9月に新規開業)に移動し、会員有志による懇親会を開催しました。まだ新型コロナの感染が続いていることを配慮し、近隣三田会や稲門会へのご案内は見送り当会員だけの懇親会としましたが、29名の会員の参加を得て楽しく賑やかなひと時を過ごすことが出来ました。                                    幹事長 戸田裕二

314652967_191060800150965_8561145577710593448_n.jpg2022年総会(幹事長)2022年総会(会計)2022年総会(司会)2022-11-13 懇親会 (1)懇親会(会長) 懇親会(乾杯)
上段左から 佐藤会長挨拶、井町幹事長報告、浅見副会長(会計担当)報告、
中段左から 司会(戸田副幹事長)、懇親会集合写真、会長挨拶 
下段    会員の皆さん 
※写真をクリックすると画面が大きくなるものもあります