4月のお薦め映画 

〇『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』 (英) 125分 

第2次世界大戦初期の1940年5月10日、チャーチルは首相に任命されますが、その頃イギリスは、ヨーロッパ諸国を次々に併合するナチス・ドイツ軍によって存亡の危機にあり、徹底抗戦するか、あるいは屈して和平交渉をするか、首相としての決断を迫られます。この作品は、チャーチル首相が、その決断を下すまでの苦悩の20日間を描いています。

原題は「DARKEST HOUR」。暗闇の時間。その困難をチャーチルはいかに乗り越えたのか。それがこの作品のテーマで、チャーチルの伝記やイギリス近代史ではなく、あくまで人間ドラマとしてチャーチルを描いています。

とてもバランスの良い娯楽映画で、2時間、観客を飽きさせません。ストーリーは単純でわかりやすいし、映像は絵画のように重厚で美しく、音楽も巧みに盛り上げます。大変上質で、「映画」らしい「映画」だと思います。そして何よりも見どころは、ゲーリーオールドマン(アカデミー主演男優賞受賞)演じるチャーチルの造形。日本人で初めてのアカデミーメイクアップ賞受賞の快挙ですが、ゲーリーオールドマンを全く別人に変えてしまいました。これは見事です。

まさに快作です。この機会に是非映画館でご覧下さい。お薦めです。  
 (私の採点は85点)

[昭和55年文学部卒 上田則夫]






 「第11回 サイエンスカフェ in ふなばし」のご案内 

皆様

恒例となりました「サイエンスカフェin ふなばし」を7月14日(土)に開催いたします。
今回で11回目となります。

毎回、お茶とお菓子を頂きながらリラックスした雰囲気の中で最先端の科学研究の成果に触れていただいております。
新進気鋭の科学者を招き、最先端の科学技術に関する研究成果を、将来を担う小中高生に解かり易くお伝えすることで、更なる学びのきっかけにしていただければという趣旨でございます。
この活動は、船橋市教育委員会のご後援を受けて実施しております。

今回は 慶應義塾大学理工学部 機械工学科教授 工学博士 三木 則尚 先生 をお招きし、
最新のマイクロマシン(小さな機械)について勉強します。自然界に見られる「スケール効果」(サイズによる効果)について自分たちで考えたのち、グループごとに「マイクロ人口いくら」作りに挑戦します。

子供から大人までお楽しみいただけます。
是非、お子様やご友人をお誘い合わせの上、お申し込みください。

1.講演テーマ : 「もし人間が小さくなっちゃったら? ~マイクロマシンの世界~ 」
2.日 時 : 平成30年7月14日(土) 開場 13:30  講演 14:00~16:00
3.主 催 : 船橋三田会
4.協 賛 : 船橋情報ビジネス専門学校 
5.後 援 : 船橋市教育委員会
6.会 場 : 船橋情報ビジネス専門学校 
           http://www.chiba-fjb.ac.jp/www/ ←クリックでリンク
         船橋市本町7-12-16(JR船橋駅 北口 徒歩4分)
7.会費  : 学生及び教育関係者は無料(参加対象:小学4年生以上)、一般500円
8.申込方法: 事前申込みが必要です。定員60名になり次第締め切らせていただきます。
氏名、連絡先(電話番号もしくはe-mail アドレス)、学生は学校名・学年を下記までご連絡下さい。
船橋三田会 浅見(あさみ)携帯電話:090-3007-3785、 Fax:047-336-1353
         笠原(かさはら)携帯電話:090‐7764‐1062
船橋三田会ホームページ「事務局」からも申し込めます。
    http://funabashimitakai.blog41.fc2.com/ ⇒「事務局」へアクセス 
                               ↑
                            「事務局」クリックでリンクします

チラシ 改 ←チラシクリックで拡大します
        
(記)船橋三田会サイエンスカフェ実行委員




船橋稲門会 “稲門ウォーカーズ”4月例会(花見ウオーク)のご案内  

このたび船橋稲門会様から“稲門ウォーカーズ”4月例会のご案内をいただきましたのでお知らせいたします。
ぜひ奮ってご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<船橋稲門会様からのご案内文>
各位
稲門ウォーカーズの4月例会を下記の要領で実施いたします。
集合:3月31日(土) 東葉高速「村上駅」改札口 9:30(時間厳守)
歩行コース:「千葉の水回廊を巡るみち」

     “稲門ウォーカーズ”4月例会のご案内

4月例会は、桜が見事な花見川沿いを歩きます。
今年は開花が例年より早まっていますので、4月例会を3.31に行うことにしました。このルートは、過去にも何回か歩いています。
2010.4.4の花見ウォークは大変評判がよかったのですが、2011.4.3(東北大震災3.11直後で開花前)、2013.4.6(中間地点で大雨暴風が予想され途中で打ち切り)は、楽しい花見ウォークができませんでした。
そこで、再び楽しい花見ウォークを期待して歩くことにしました。ご参加をお待ちしております(参加・不参加の連絡は不要、雨天の場合は中止)。

・集 合:3月31日(土)東葉高速「村上駅」改札口9:30(時間厳守)
・歩行コース:「千葉の水回廊を巡るみち」(歩きたくなるみち500選)
      ※歩行コース地図は当日配布します
  ショート:村上駅から花島公園まで約7km歩行、花島公園近くのバス停
       から八千代台駅行へ
  ロング :村上駅から、天戸大橋経由で新検見川駅まで約13km歩行
・昼 食:ショート、ロングともに、花島公園で11時半~12時15分の予定。
・持ち物:昼食、飲み物、雨具(天気予報確認要)

当日緊急連絡先:佐藤邦弘(携帯080-3010-2170)
                                    以上
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
H30.3.27 船橋三田会事務局 (記)








第26回 映画鑑賞会の報告 『空海・美しき王妃の謎』 

  楊貴妃の死の謎を追う、ファンタジー映画・・・・
   「空海」を期待してみると、失望します。

  日時: 平成30年2月25日(日)午後3時20分上映
  参加者:11名(うち映画は8名)
  場所: TOHOシネマズ 市川コルトンプラザ
  作品: “空海・美しき王妃の謎”(日本・中国合作)
      主演:染谷将太(空海)、ホアン・シュアン(白楽天)、チャン・ロンロン(楊貴妃)
      監督:チェン・カイコー

参加した皆さんのコメント:
◆巨匠チェン・カイコー監督の壮大で奇想天外なファンタジー映画。この作品の豊饒な内容は1回観たぐらいでは理解できないように思う。それにしても、あたかも空海を描いた映画に思わせてしまう邦題の付け方は、ひどい。(原題は『妖猫伝』)

💛時代背景に関する知識を持って鑑賞すると3時間半の長編映画も内容に厚みのあるものとして楽しむことが出来ました。中国映画特有の豪華絢爛な世界観を堪能しました。

♠空海と言うより、美しき王妃(楊貴妃)の謎のストーリーですね。

🍀空海が悟りを開くために苦難を乗り越えてゆく映画と勝手に想像していました。ちょっと裏切られた感じ。

●評判が分かれる映画でした。

■「空海」というタイトルがついていますが、映画のストーリーは全く違います。内容が全く理解できませんでした。

皆さんの採点は、56点でした!!

名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!! 酒もうまいです。

 1 2 3
 4 5 6
 7 8 9
                   ↑集合写真はクリックすると拡大します

                        文責 小野民平(S47年商卒)




2018年の新春落語会&新年会が開催されました 

例年、開催されていました、塾の落語研究会の部員を招いての落語忘年会が、今年は日程の都合で、2月3日(土)に装いも新たに「新春落語会&新年会」として開催されました。

場所は、船橋の老舗料亭「なべ三」。
今回は、他の三田会や稲門会の方々も参加され、21名が集まりました。
塾生たちも期末試験明けの為か、一層気合が入っていた感でした。
参加者全員も、新春の決意表明を行い、非常に和やかな雰囲気の内、無事終了しました。

次回は、新たな企画にて行いたいと思います。
今回、残念ながら欠席された方は、ぜひ、ご参加ください。

 らく1 らく2 らく3
 らく4 らく5 らく6
 らく7 らく8 らく9
 ↑写真クリックで拡大
                         (記)新春落語会&新年会担当幹事




第4回エコツアー、大満足にて終了しました! 

3月16日(金)、12時45分~14時30分、総勢14名にて“新聞作り現場”を見学! 
(朝日新聞東京本社)
あっという間の90分間でした。

見学コース
①会社案内DVDの視聴
②報道・編集局見学 (新聞記者の現場を見学)
③印刷工場 (大迫力の輪転機見学などオフセット印刷を体感)
④発送室 (自動こん包、新聞を運ぶ装置などの見学)  

報道・編集局見学時に案内ご担当の方から、昔は伝書鳩を使って現場から記事を本社へ送っていた。
成功率は約90%と聞いて驚きました。今では携帯電話やパソコン等により素早く原稿を送信できるとのことです。
印刷工場内はとてもキレイで、高速オフセット輪転印刷機が超高速で「夕刊」を印刷していました。
※印刷スピードは時速49キロ。1秒で新聞25部、1時間に9万部印刷します。
オフセット印刷の仕組みもその場で実験し、とても分かり易く説明して頂きました。
印刷後の自動梱包、配送なども自動化が進み、作業している方はとても少なかったです。
見学が終わって、参加された皆さんは、「新聞作りの仕組みが良く理解できた。」と大満足でした。
記念写真が掲載された新聞をお土産に頂き解散となりました。

写真1 写真2 写真3
 ↑写真クリックで拡大

(記)第4回エコツアー担当幹事




応募締切のご案内! (福澤精神研究会「第11回講演会」) 

船橋三田会、近隣三田会の皆様

本日(4月8日)、本「講演会」の募集を締め切りました。
多数のお申し込みを頂きまして、誠にありがとうございました。

H30.4.8 船橋三田会講演会事務局(記)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都倉准教授による
“福澤諭吉と慶應スポーツ!”
 ~緒方洪庵から Enjoy Baseball まで~

■昨年秋、慶應義塾体育会及び慶應義塾福澤研究センター主催で、“慶應義塾体育会創立125年記念特別展「近代日本と慶應スポーツ」“の展示会が開催されました。
本講演では、“福澤諭吉と慶應スポーツ”にまつわるお話となります。
福澤諭吉は、「身体健康精神活発」という書を残しているように、活発な知的活動の前提として、肉体を健康に保つことの重要性を強調しました。
2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。
福澤先生のスポーツへの思いに触れ、過去から現在、そして未来まで通じる「慶應スポーツの原点」を探索してみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・講師  : 慶應義塾 福澤研究センター
          都倉 武之(とくら たけゆき)准教授
・講演内容: 福澤諭吉と慶應スポーツ
・開催日時: 平成30年4月15日(日)15:30~17:30(開場15:10)
・会場  : 船橋市中央公民館 5階 第4集会室
      住所 船橋市本町2-2-5 電話(047)434-5551
      http://www.city.funabashi.chiba.jp/k-chuo *)JR船橋駅南口から徒歩5分
・参加対象: 船橋三田会会員、近隣三田会会員、及び会員のご家族、ご友人
・定員  : 40名 事前に予約が必要です(定員になり次第締切)
・参加費 : 1,000円
  ・申込方法: 船橋三田会ホームページ「事務局」へ氏名、電話番号、所属他を記入申込。
         http://funabashimitakai.blog41.fc2.com/ ⇒「事務局」へアクセス
又は下記携帯電話へご連絡ください。
         船橋三田会講演会実行委員(井町携帯:090-8819-3705)
・主催者 : 船橋三田会
※)懇親会:講演会終了後、「源ちゃん(フェイス地下1階)」にて懇親会を行います。
※JR船橋駅南口より徒歩約3分、TEL(047)409-0969
参加ご希望の方は、講演会と同時にお申込みお願い致します。
(定員:先着23名、会費4,000円、尚4/11以降のキャンセルは会費ご負担)

【都倉准教授のプロフィール】
 2002年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
 2004年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。
 2006年 武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部専任講師
 2007年 慶應義塾福澤研究センター専任講師
 2011年 慶應義塾福澤研究センター准教授
 専門分野 近代日本政治史・政治思想史、メディア史

【福澤精神研究会とは・・】
船橋三田会会員で活動しています同好会の中の一つです。
 「独立自尊」をはじめ福澤精神は永久不滅です。
勉強会や講演会の開催を通して福澤精神の研究を行い、会員間の絆を深めております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆多数の方々のご参加お申し込みをお待ちしております。

2018.2.11船橋三田会講演会事務局(記)






続きを読む

第4回エコツアー開催のご案内! 

“お陰様で定員になりました。募集を終了します。”(2/23)

今回は、新聞を作成している現場を見学します。
現在、新聞や本・雑誌などデジタル化が進んでいます。
しかしながら、印刷物としての需要はまだまだ続くものと思います。

◆第4回エコツアーでは、印刷工場の作業環境や省エネ対策に着目してみたいと思います。
◆たくさんのニュースや情報を毎日満載してお届けしている朝日新聞の裏舞台が見学できます。
◆世界中のニュースが集まる新聞社の心臓部、東京本社 報道・編成局。
超高速の輪転機がフル回転する印刷工場。そんな現場へ実際に入って、新聞作りの現場を間近にご覧いただくミニツアーです。

日時・場所: 平成30年3月16日(金) 
 ①12時45分集合 朝日新聞東京本社 ※詳細場所は後日ご連絡)
             (住所) 東京都中央区築地5-3-2 
 ②13時~14時30分:見学
 【見学コース】 ・読者ホールで受付⇒会社案内DVDの視聴⇒報道・編成局見学
(新聞記者の現場を見学)⇒印刷工場(大迫力の輪転機見学などオフセット印刷
を体感)⇒発送室(自動こん包、新聞を運ぶ装置などの見学)⇒解散(読者ホール)
※大きなニュースが入った場合など、都合によりコースが変更される場合あり。

参加費 : 無料、現地までの交通費は各自負担となります。
募集人数: 15名、申込み先着順。
申込方法: 船橋三田会ブログ「事務局」(http://form1.fc2.com/form/?id=696053)
     又は、エコツアー担当幹事:井町、携帯電話(090-8819-3705)まで。
     ※お申し込み時:①氏名、②団体名、③卒年、④連絡方法、をご連絡下さい。
申込締切: 平成30年2月25日(日) 
        尚、定員になり次第締め切りとなります。
対象者 : 船橋三田会会員、近隣三田会、会員の知人
 エコツアー←クリックで拡大
                       船橋三田会エコツアー事務局







平成30年新年のご挨拶 

         平成30年新年のご挨拶

                       船橋三田会 会長 井上 愼一

皆様
明けましておめでとうございます。
謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 昨年は船橋三田会も設立20周年を迎え、11月19日に無事に設立20周年記念の総会・式典・懇親会を開催することができました。これも会員の皆様の平素よりのご支援、ご協力の賜物と厚く感謝申し上げます。
 記念事業の一環として慶應義塾への寄附金の募金を行いましたが、本年は「船橋三田会設立20周年記念奨学金」として奨学金を授与される塾生が選定される予定です。

 さて地球温暖化の影響かと思われる台風、大雨など自然災害の激化が本年も心配されますが、我々に必要な事は、万が一の時に備える用心深さと、いざという時に隣人、知人、あるいは未知の人とも協力、相互扶助ができて窮地を切り抜けられるような柔軟性ではないでしょうか。
 また福澤精神の根本とも言える“独立自尊”の教えは、時代を超える普遍性があると感じられますが、我々塾員にとって、激しい変化が予想されるこれからの時代においても、変わることのない人生の指針になると思います。本年も福澤精神研究会を開催して、より深く福澤精神を学ぶ機会を設けたいと思います。
 さらに会員数や行事参加者数の増大を目指して、Facebookの活用に向けて準備を進めたいと思います。
 最後になりますが、会員の皆様、ご家族の皆様のご健勝と一層のご活躍を祈念して新年のご挨拶とさせて頂きます。
                                          平成30年元旦




第25回 映画鑑賞会の報告 “オリエント急行殺人事件” 

  ミステリー作家、アガサ・クリスティーの名作を映画化

      日  時: 平成29年12月17日(日)午後2時20分上映
      参加者: 7名(うち映画は4名)
      場  所: TOHOシネマズ日本橋
      作  品: “オリエント急行殺人事件”(アメリカ映画)
             主演:ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー他
             監督:ケネス・ブラナー

参加した皆さんのコメント:
◆年末年始にふさわしいゴージャスな映画。名優ぞろいの豪華キャストに、スぺクタルやアクションシーンも盛り込み、映像も凝っているが、尺を2時間に収める為か、肝心な事件の全容や謎解きの部分があまりにも説明不足でした。 
💛個性的なスター達が見事に“その役”を演じていた。映像や音楽も素晴らしい。
♠原作を読んでいなかったので、(結末を知らなかったので)、展開を楽しめた。
🍀謎解きより、犯罪被害者と冤罪について考えさせる映画でした。
ジョニー・デップの冷徹な悪役の佇まい、ブラック・スキャンダルを思い出した。
 
●ストーリーを知っていただけに、ミステリー映画としては最後の決着はどうするのかな と思って観ました。
■発想は、面白いと思った。 
△映画の前半は、内容が理解できず、眠くなった。ただし後半から、探偵ポアロの推理の鋭さを感じ、楽しめた。

皆さんの採点は、69点でした!!

名画や話題作を観た後で、自分の感想を話したり議論することを通じ、お互いに楽しい時間を共有できるので、「映画鑑賞会」は楽しいです!!
酒もうまいです。

1 2 3
4 5←写真クリックで拡大
                    
                           文責 小野民平(S47年商卒)