10月のお薦め映画 

〇ハドソン川の奇跡(米)  1時間36分

クリント・イーストウッド監督の最新作。傑作だと思います。
2009年1月15日、USエアウェイズ1549便は、ニューヨーク・ラガーディア空港を離陸直後に、鳥の群れに遭遇して両エンジンを損傷。機長チェスリー“サリー”サレンバーガー(トムハンクスが好演)の判断で、極寒のハドソン川に不時着しますが、乗員乗客155名は全員生還。ハドソン川の奇跡として賞賛されました。

この実話を、機長サリーの視点で描いた作品です。ですから映画の原題は「SULLY」。とはいえ、単なる英雄譚(えいゆうたん)ではありません。機長の「苦悩」を描いた作品です。
実は、この機長は、事件後に国家安全委員会の調査官によって厳しく追求されます。本当は、空港に引き返して緊急着陸ができたのではないかと。もし引き返す事が可能であったならば、機長は糾弾され、場合によっては乗客を危険な状況に追い込んだとして、殺人未遂の罪にも問われる事になります。調査官は、コンピューターのシュミレーションデーターをもとに、引き返せたはずだと主張しますが…。

96分という短い作品ですが過不足なし。巧みな語り口、深い人間ドラマ、迫力ある航空機事故シーン、そして見事なエンディング。大人の映画です。久々に良い「映画」を見たという満足感を得られると思います。是非ご覧下さい。 
             (私の採点は☆☆☆☆★)

(昭和55年文学部卒 上田則夫)





第21回 映画鑑賞会の報告 

第21回 映画鑑賞会の報告 “シン・ゴジラ” 
        現代日本の危機を描く!
        「まずは 君が落ち着け」
  

      日時: 平成28年9月17日(土)午後2時20分上映
      参加者:7名
      場所: 市川コルトン・プラザ TOHOシネマズ
      作品: “シン・ゴジラ”(日本映画)
             主演:長谷川 博己、 竹野内 豊、 石原さとみ
             監督:庵野 秀明

参加した皆さんのコメント:
 ◆予想をくつがえされた映画です。(ゴジラが主役ではなく)
  面白かったです。国の危機管理がテーマで、非常にリアルで、楽しかった。


 💛見たい!と思っていた映画でした。
  日本をアピールする意味でも外国人にも紹介したいです。


 ♠ゴジラの造形が見事でした。

 🍀政府の対応など面白く、出演者も多種多彩で良かった。

 ●3。11.の被害を連想させる。(特に原子力発電所の放射能漏れ)
  もし、首都圏で起きたらという設定で対策に追われる政府、自衛隊の様子が、
  ニュースの裏側を見ているようで興味深かった。 


 ■自衛隊の全面協力を得て、非常時の想定が具体的にでき良かった。

 💛石原さとみが良かった。日本は捨てたものではない。

皆さんの採点は、86点でした。

映画1 映画2 映画3
映画4 映画5 映画6
 ↑写真クリックで拡大します
                      文責 小野民平(S47年商卒)





「船橋三田会 納涼会が開催されました」 

8月11日(木)船橋三田会納涼会が開催されました

「船橋から【船】に乗って夕日を見よう!」
                     (東京湾洋上)


今年も、船橋稲門会様にもご案内し、保坂 幹事長 西尾様 粟谷様 にご参加して頂きました。また、千葉・佐倉・八千代・四街道三田会様からもご参加頂き、総勢24名の参加者となりました。
今年初めての「山の日」の祝日に、「船橋」ならやはり「船(ふね)」でしょう!とばかりに、船橋港より「屋形船 乗船企画」を開催いたしました。
当日は、台風と台風の間隙を縫うように、絶好の屋形船日和の晴天に恵まれ、JR船橋駅集合し「屋形船 日の出屋」の用意した車とタクシーに分乗し「わくわく・どきどき感」満載で、船橋市ベイエリア(通称 日の出 船溜まり?)に到着いたしました。

乗船後、日の出屋のご主人:松本様の操船により出航し、マリンスタジアム周辺を目指しました。
「夕日をみよう」という企画でしたが、予想以上に夕日が高く、西日に照らされた船内とはなりましたが、海上の潮風は、やはり気持ち良いものでした。
船内にて、井上会長の挨拶・保坂幹事長の挨拶、佐藤幹事長の乾杯の音頭で納涼会を開始し、食事とアルコールを楽しみました。マリンスタジアム周辺に停泊しての花火見学は、残念ながら、打ち上げ時間の遅延があり遠花火になってしまいましたが、船内は、カラオケ(セリ付き・デュエットあり等)大変盛り上がりました。そして、洋上にて「紺碧の空」「若き血」の大合唱をもって終了いたしました。
最後に、ご多忙の中ご参加頂きました船橋稲門会の皆さま、各近隣三田会の皆さまに厚く御礼申し上げます。
納涼1 納涼2 納涼3
納涼4 納涼5 納涼6
納涼7 納涼8
 ↑写真クリックで拡大

船橋三田会 納涼会実行委員会





船橋三田会20周年記念募金開始のお知らせ 

船橋三田会20周年記念募金開始のお知らせ

 

平素より大変お世話になっております。

さて船橋三田会ではご案内の通り、平成29年には創立20周年を迎えます。

このため記念事業の一環として、昨年の総会にてご承認賜りました慶應義塾への寄附金の募金を開始致しました。

 今月中旬に総会のご案内と共に、「船橋三田会20周年記念募金趣意書」をご送付させて頂きましたが、もうすでに寄附金申込書(はがき)をご返送戴いた会員の方もおられます。

 船橋三田会規約第3条(目的)にて「本会は会員相互の親睦を図り、地域社会に資すると共に、慶應義塾の発展に寄与することを目的とする。」と記されておりますが、今回の20周年記念募金はまさに慶應義塾の発展に寄与するものであると存じます。

何卒、ご趣旨をご理解賜りまして、積極的なご協力をお願い申し上げる次第です。

  

<募金概要>

募金名称:船橋三田会20周年記念募金

募金目的:慶應義塾に対して指定寄付を行い、船橋市在住の塾生で人物・学業成績ともに優秀で、かつ経済的に就学が困難な者を支援する奨学金(1回限り)と致します。本件の募金目的は、慶應義塾塾員センター及び基金室よりのアドバイスに基づくものです。

募金金額:一口5,000円から。できましたら二口以上のご協力をお願い致します。

免税措置:慶應義塾への寄附金として、税法上の優遇措置を受けることができます。

 

*詳細は、ご送付させて頂きました「船橋三田会20周年記念募金趣意書」をご参照ください。

 

平成288月吉日

船橋三田会 会長 井上 愼一










<2016年2回目の新人昼食会が開催されました> 

船橋三田会のメイン行事の一つになった「新人昼食会」が、3月に続き、7月24日(日)に、総会会場と同じ「クロス・ウェーブ船橋」で行われました。
今回は、船橋市民まつりと日程が重なり、新入会員参加は2名でしたが、各同好会(「ゴルフ会」、写真の「写好会」)からの代表者 の参加もあり、全体では、10名の出席でした。

この会は、新しく船橋三田会に入会された新入会員と役員との昼食を通じて、より理解と交流を深めようという趣旨から始まり、今回で、6回目になります。
参加者全員に自由にスピーチをしていただき、船橋三田会の行事予定の紹介、さらには、新入会員の方からも船橋三田会の活動等への熱い要望もあり、終始リラックスムードの楽しい昼食会でした。
最後は、「若き血」の合唱で、閉会しました。これは、今後も、継続していきたいと思います。

新人① 新人② 新人③
新人④ 新人⑤ 新人⑥
新人⑦
 ↑写真クリックで拡大します

H28.8.20 船橋三田会







2016年船橋三田会イベントご案内(更新) 

 

 

 

2016年船橋三田会イベント一覧  2016819日現在

開催

実施日時

イベント名

開催場所

2月

2月7日(日)

正午〜14:00

現役役員と相談役との懇親交流昼食会

東魁楼本店

2月19日(金)

第二回エコツアー

気象庁

3月

3月6日(日)

正午〜14:00

船橋三田会新入会員と役員との懇親会

クロス・ウエーブ船橋

4月

4月17日(日)

15:30〜17:30

福澤精神研究会「講演会」                 講師 慶應義塾福澤研究センター           都倉 武之 准教授

船橋市中央公民館      4階 第2集会室 

5月

5月28日(土)

 

春季・東京六大学野球「慶早戦」        応援観戦会

神宮球場

7月

 

 

 

7月9日(土)

14:00〜16:00

 

 

第9回・サイエンスカフェinふなばし          講師 慶應義塾大学理工学部電子工学科     青木義満准教授

「実践!体感!画像処理プログラミング」

船橋情報ビジネス  専門学校

7月24日(日)

正午〜14:00

船橋三田会新入会員と役員との昼食会

クロス・ウエーブ船橋

8月

8月11日(木)

16:30〜20:30

 

 

納涼会

「船橋から『船』に乗って夕日を見よう!」 東京湾上 屋形船

集合:16時半 JR船橋駅南口 交番裏手

幹事:つきたに岳大

電話:

090-4091-6582

会費:1万円

10月

10月2日(日)

16:30〜20:00

2016年度・船橋三田会

総会・講演会・懇親会

クロス・ウエーブ船橋

1F 大ホール

会費:8千円

10月16日(日)

2016年・連合三田会大会

慶應義塾大学

日吉キャンパス

10月29日(土)

秋季・東京六大学野球「慶早戦」

応援観戦会

神宮球場

12月

12月10日(土)

年忘れ落語会&忘年会

なべ三

 

H28.8.19 船橋三田会






続きを読む

第7回 写好会・写真展のご案内 

この度、船橋三田会同好会の「写好会」から”第7回 写好会・写真展のご案内”が事務局に届きましたので、皆様にお知らせします。

        ☆       ☆       ☆

第7回 写好会・写真展 開催について

2009年1月に発足致しました写真同好会、「写好会」はお蔭さまで、この度第7回写真展を開催する運びとなりました。

会期は、8/30(火)~9/4(日)、会場は例年と同じ船橋市民ギャラリーです。
皆様のご来場をお待ちいたしております。
なお、詳細は、添付DMハガキをご覧ください。
                              写好会 会員一同
  写好会←写真クリックで拡大します
                  
                H28.8.7 船橋三田会 事務局




「第9回サイエンスカフェ in ふなばし」体感の興味深いアンケート結果です! 

■7月9日、青木講師による“実践!体感!画像処理プログラミング ~カメラとコンピュータを使って体感ゲームを作ろう!~” ・・・・・
予定者数を上回る62名と、多くの方にご参加頂きました。(学生:44名)
青木講師による、眼の人口知能「コンピュータ視覚」についての講演、「Scratch」で自分たちだけの体感ゲームを作って実践。小学生からご父兄まで、最先端の科学を体感したサイエンスカフェでした。

■参加された方々が本開催を知られたのは、
“広報ふなばし”、“ちいき新聞”、“マイフナ”、“FUNACO”、 “地域掲示板”、“学校関係”、“知人の紹介”、“船橋三田会ブログ”、などです。

■当日、参加された学生44名全員と一般の方を合わせ合計47名からアンケートのご協力を頂きました。アンケート解析は、項目毎にチェック数を加算してグラフ化しております。

1.アンケートご協力者は、小学5年生から中学生を中心に幅広い年齢層となっています。(全47名)
  サイエンス図1円グラフをクリックで拡大します

2.参加された理由をお尋ねました。
 お尋ねしたのは、次の7項目です。 (複数回答可)
□画像処理プログラミングに興味をもったから。
□コンピュータを使って、楽しい体感ゲームづくりを体験してみたかったから。
□画像処理プログラミングの技術や仕組みが知りたくて。
□おもしろそうだったから。
□サイエンスカフェに興味を持った。
□科学(理科)が好きなので。   □その他(     )

【アンケート結果】
参加した理由は、「おもしろそうだったから」と「科学(理科)が好きなので」が多数でした。
  ※回答数/全99回答数(全47名)
  サイエンス図2棒グラフをクリックで拡大します

3.実践!体感!画像処理プログラミング について、次の2点お尋ねしました。
  Q.実践!体感!画像処理プログラミングは楽しかったですか?
  Q.コンピュータを使ったプログラム作成の手順は、わかりましたか?

【アンケート結果】 
参加された皆さん、実体感に満喫かつよくご理解されました。
  サイエンス図3   サイエンス図4
    ↑円グラフをクリックで拡大します

4.おもしろかった体験と、むずかしかった体験をお尋ねしました。
  お尋ねしたのは、次の4項目です。 (複数回答可) 
□自分たちだけの体感ゲーム、   
□コンピュータを使ったプログラム作成
□プログラミング言語「Scratch」、  
□眼の人口知能「コンピュータ視覚」のお話

【アンケート結果】 
“自分たちだけの体感ゲーム”が、おもしろく、且つむずかしかったようです。
  ※回答数/全84回答数   ※回答数/全48回答数
  サイエンス図5   サイエンス図6
    ↑棒グラフクリックで拡大します
                                        
5.サイエンスカフェに参加したご感想は?
  お尋ねしたのは、次の6項目です。 (複数回答可)
□サイエンスカフェはおもしろい。
□画像処理プログラミングの技術が将来役に立つと思った。
□科学(理科)に興味を持ち、もっと勉強したいと思った。
□将来青木准教授のような科学者になりたいと思った。
□あまり良く理解できず、つまらなかった。  □その他

【アンケート結果】
“サイエンスカフェはおもしろい”が、多数回答でした。
  ※回答数/全86回答数(全47名)
  サイエンス図7棒グラフクリックで拡大します

6.次回のサイエンスカフェで聞きたいお話をお尋ねしました。
  お尋ねしたのは、次の6項目です。 (複数回答可)
□宇宙、□人体、□自然、□生き物、□植物、□ロボット、□コンピューター、□その他

【アンケート結果】
聞きたいお話は、「コンピュータ」及び「ロボット」が同数で一番でした。
  ※回答数/全77回答数(全47名)
  サイエンス図8棒グラフクリックで拡大します
                       
■当日の様子は「ここ」をクリックして下さい。ブログへご案内します。

    H28.8.5 船橋三田会「サイエンスカフェ in ふなばし」実行委員会





2016年船橋三田会イベントご案内 

 

 

 

2016年船橋三田会イベント一覧  2016724日現在

開催

実施日時

イベント名

開催場所

2月

2月7日(日)

正午〜14:00

現役役員と相談役との懇親交流昼食会

東魁楼本店

2月19日(金)

第二回エコツアー

気象庁

3月

3月6日(日)

正午〜14:00

船橋三田会新入会員と役員との懇親会

クロスウエーブ船橋

4月

4月17日(日)

15:30〜17:30

福澤精神研究会「講演会」                 講師 慶應義塾福澤研究センター           都倉 武之 准教授

船橋市中央公民館      4階 第2集会室 

5月

5月28日(土)

 

春季・東京六大学野球「慶早戦」        応援観戦会

神宮球場

7月

 

 

 

7月9日(土)

14:00〜16:00

 

 

第9回・サイエンスカフェinふなばし          講師 慶應義塾大学理工学部電子工学科     青木義満准教授

「実践!体感!画像処理プログラミング」

船橋情報ビジネス  専門学校

7月24日(日)

正午〜14:00

船橋三田会新入会員と役員との昼食会

クロスウエーブ船橋

8月

8月11日(木)

16:30〜20:30

【募集中】(若干名)

 

納涼会

「船橋から『船』に乗って夕日を見よう!」 東京湾上 屋形船

集合:16時半 JR船橋駅南口 交番裏手

幹事:つきたに岳大

電話:

090-4091-6582

会費:1万円

10月

10月2日(日)

16:30〜20:00

2016年度・船橋三田会 総会・懇親会

クロスウエーブ船橋

10月16日(日)

2016年・連合三田会大会

慶應義塾大学

日吉キャンパス

10月29日(土)

     (予想)

秋季・東京六大学野球「慶早戦」

応援観戦会

神宮球場

12月

12月10日(土)

年忘れ落語会&忘年会

 

なべ三

 
H28.7.25 船橋三田会



今年のサイエンスカフェも大盛況でした! 

7月9日(土) 14:00 「サイエンスカフェ in ふなばし」(於 船橋情報ビジネス専門学校)が開催されました。
このイベントも今年で9回目を迎え、慶應義塾大学の新進気鋭の科学者を招き、お茶とお菓子を頂きながらリラックスした雰囲気の中で最先端の科学研究の成果に触れて頂きました。

募集においては、船橋市教育委員会のご後援をいただき、市内の公立小中学校の理科担当の先生へのご案内や「広報ふなばし」、タウン情報誌(「地域新聞」「MyFuna」等)での開催案内など地道な活動を通して、定員40名を越える学生43名(高校生 2名、中学生16名、小学生25名、教員、見学の父兄を加えると60名以上)の参加があり、大変盛況なイベントとなりました。

今回の講師 理工学部 電子工学科 准教授 工学博士 青木義満 先生
テーマ「実践 ! 実感 ! 画像処理プログラミング」~ カメラとコンピュータを使って楽しい体感ゲームを作ろう! 

6つのテーブルに分れ、青木先生の講義の後、青木研究室の学生のみなさんの指導の下、
米国MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した子供向けコンピュータ・プログラミング環境「Scratch」を用い、カメラで取り込んだライブ映像を使って体感型ゲームを作成し、その成果を各テーブルで発表してもらいました。まさに体感型のイベントに子供達も目を輝かせながら、プログラミングに取り組んでしました。

今回子供さんに科学の体験もしてもらいましたが、さらに敢えて学年・学校・友人関係をバラバラにすることで、「初めてのメンバーと一つのプロジェクトに取り組んでもらい、その場で知らない人と協力して作り上げる」という体験もしてもらいました。科学を通じて異なるバックグラウンドの人と瞬時に繋がる「21世型」の体験となったと思います。

慶應義塾を越えて、地域社会への貢献をテーマにこの「サイエンスカフェ」というイベントはスタートしましたが、「サイエンス」を伝えるという意味で船橋の一般の皆さんへの貢献を具現化することが出来たかと確信しています。このイベントは他の三田会では真似のできない船橋三田会独自の見えざる「資産」となっています。

このイベントの準備段階から熱心にお取り組みいただいた青木先生ならびに青木研究室の学生の皆様方に厚く御礼申し上げます。
写真2 写真3 写真4
写真5 写真6 写真7
① ② ③
④ ⑤ ⑥
shuugou1
         船橋三田会 「サイエンスカフェ in ふなばし」 実行委員会